漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ【第213話】ヴィジョンのネタバレ!青道が逆転!

2020年5月27日発売、週刊少年マガジン26号のダイヤのA actⅡ【第213話】ヴィジョンのネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

西東京大会準々決勝、対創聖戦。

青道は1点をリードする6回に、創聖にノーアウト一・三塁のチャンスを作られピンチに。

しかし1点は失ったものの、小湊の超ファインプレーにより、柳楽をダブルプレーに仕留めて逆転を防ぎました。

そして次の回、先頭の倉持は俊足を生かして出塁するのでした。

ダイヤのA actⅡ【第213話】ヴィジョンのネタバレ

小湊がバッターボックスで構える中、一塁から柳楽の様子をうかがい次の塁を狙う倉持。

そして柳楽が投げた瞬間、倉持はスチールを仕掛けました。

すると小湊は右方向にヒッティングし、誰もいない一・二塁間へ打球が転がっていきます。

セカンドの奈良は必死に打球を追いかけますが、わずかにグラブは届かず、ボールは外野へと抜けていきました。

その間、一塁ランナーの倉持は一気に三塁に進みます。

電光石火のエンドランでノーアウトランナー一・三塁に。

二塁のカバーはショートに任せて、一・二塁間を閉じていたにもかかわらず打球が抜けていったため、青道打線は確実に柳楽を捉え始めていました。

その時、小泉監督がベンチから野手にサインを送り、ショートとセカンドを前進させました。

条件は6回表と同じノーアウト一・三塁。

1点は構わないとセカンドとショートを下げた青道に対し、創聖は1点も許さないという構えです。

 

そして次にバッターボックスに立ったのは3番ライトの白州。

小泉監督はここからクリーンナップだと怯えています。

一方小湊は外野の守備位置を確認し、倉持はどのように走塁するか模索していました。

そんな中、次の打順の御幸は、ゴロを打たせたいから徹底して低め、アウトコース中心だろうと創聖の出方を読んでいました。

向こうの狙いが分かり切った上で、どういった攻撃ができるかと考える御幸。

そして打席でバットを構える白州は、アドバンテージがあるとすれば、青道のリードオフマンが三塁にいることだと考えていました。

一方三塁手は倉持のリードがそんなに大きくないことを確認します。

しかし柳楽が投球モーションに入ったところで倉持はじわじわと横にステップしてリードを大きくしていき、白州がゴロを打った瞬間、ホーム目掛けて突っ込んでいきました。

打球はセカンドの奈良が捕球し、素早くバックホームしますが間に合わず、倉持は見事にホームインしました。

青道高校は1点を勝ち越し、沢村はベンチからガッツポーズして喜びます。

球団関係者や他のチームの選手たちは、外の難しい球を右方向に打った白州のバッティングの上手さや、第二リードをシャッフル(小さく跳ねるようなサイドステップ)で大きくとって、バットが当たる瞬間にゴロと判断してスタートした倉持の天性の脚力と走塁技術の高さに驚いていました。

そして倉持を三塁に置いた時点で1点は覚悟しておいた方がいいと感じます。

そんな中、小泉監督はあんなに苦労して取った1点をあっさり返されたことに、悶々としていました。

 

なおも続くノーアウト一・二塁のチャンスで、打席には主砲の御幸が入ります。

創聖高校としてはまずアウト一つ欲しいところ。

しかし御幸の1打席目はストレートを右中間に二塁打、2打席目はツーシームを打たせてショートゴロでしたが、鋭い当たりでした。

そのため高めは禁物なので、コーナーを広く使って厳しく攻めることを考える柳楽。

そして柳楽は初球ツーシームを投げました。

しかし外に外れたツーシームに、御幸は全く反応せずボールに。

御幸には外一辺倒では通用しないため、内角に投げて揺さぶりをかけようと考える柳楽。

その瞬間、柳楽は御幸のあまりの威圧感に、御幸がインコースを捉える姿が頭に浮かんでしまい、激しく動揺するのでした。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第213話】ヴィジョンの感想

6回表の創聖と全く同じシチュエーションでしたが、青道の格の違いを見せつける結果になりましたね。

やはり上位打線は頼もしいですし、倉持が塁に出たときは安心して見ることが出来ました。

そしてこのチャンスで御幸が登場しましたが、とても期待してしまいますし、ワクワクしますね。

どんな結果になるのか、とても楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第213話】が掲載される週刊少年マガジン27号は6月3日に発売されます。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍