漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ【第214話】集大成の のネタバレ!前園が意地の一打!

2020年6月3日発売、週刊少年マガジン27号のダイヤのA actⅡ【第214話】集大成の のネタバレや感想をまとめました。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

西東京大会、創聖戦。6回表、降谷はこの試合一番の危機を迎えるも、倉持&小湊の好守に救われ1点を失うにとどめました。

さらにその裏も二遊間コンビが大活躍。

倉持の足で1点をもぎ取り、なおも続く好機に4番・御幸が打席に立つのでした。

ダイヤのA actⅡ【第214話】集大成の のネタバレ

ピンチを迎えたところで、小泉監督はベンチからバッテリーの名前を呼びかけ、肩に力が入っているとゼスチャーをして落ち着かせようとします。

さらに絶対正面から勝負しなきゃいけないバッターじゃないので、外れてもいいからコーナーも心も広く大胆に、と身振り手振りで伝えました。

そんな小泉監督を見て、笑顔になる選手たち。

 

結局御幸はきわどいコースで攻められたもののフォアボールで歩かされ、ノーアウト満塁となりました。

それについて観客はバッテリーは冷静だと話します。

御幸は青道で一番怖いバッターで、元々チャンスに強かったのもありますが、打つような雰囲気が出てきていました。

観客席から見つめるクリスは、頼んだよゾノさん!!と叫びます。

そんな中、亮介は5番バッターとしてこういう場面は燃えるのかと、同じく5番打者だった増子に問いかけました。

すると増子は無言で笑みを浮かべます。

 

そして5番の前園がバッターボックスに立ちました。

創聖の内野陣は再び前進します。

小泉監督は相手が強いのは初めから分かっていたので、だからこそ背伸びはせずに自分たちのやってきたことを全部出し切ろうと考えていました。

創聖内野陣は(俺たちがいる。全力で行け)と柳楽に心の中でエールを送り、身構えます。

そんな中、増子はバットを構える前園を見つめながら、プレッシャーはあるだろうが期待されてなかったら御幸の後ろは任されない、結果を恐れず自分のスイングを貫けと心の中で声援を送りました。

 

ここまでは期待に応えるチーム最多打点を誇る前園。

しかし本当の数字はここから。

好投手を前にどこまで通用するかが試されます。

そして柳楽は前園に1球目を投じました。

バッテリーは初球ツーシームを選択しましたが、前園はそれを打ってファールに。

さらに2球目、前園はアウトコースのストレートを空振りしました。

追い込んだと喜ぶ創聖の応援団。

柳楽に向けて「攻めましょう!」「走ってるよ!」などと声をかけます。

創聖のキャッチャーは前園はかなり引き付けて待っていると感じ、ツーシーム狙いで対応していると考えます。

そしてカウント0-2となった3球目。

柳楽は低めのツーシームを投じましたが、前園はそれを見送り、ボールに。

沢村はベンチから、ゾノ先輩には縫い目までくっきり見えてますよ!と声をかけます。

さらに走者としてベース上で待機する御幸たちも、今のを見送れたら大丈夫だと前園に声をかけました。

前園は鋭く速くスイングすることを考え、柳楽は次で決めることを考えます。

創聖のキャッチャーはツーシーム狙いで待っているのならと、同じコース、同じ高さにストレートを投げることを柳楽に要求しました。

前園は4番の後ろが頼りなかったら、御幸は簡単に勝負を避けられてしまうため、4番の後ろには怖いバッターがいないとだめなのだと闘志を燃やしながら、バットを構えます。

この手の中に来いとミットを構えるキャッチャー。

そしてツーシームを投じる柳楽。

前園はそれをはじき返しました。

打球は柳楽の横を抜け、右方向に転がっていきます。

セカンドの奈良は必死に追いかけて飛びつきますが、打球は右中間へと抜けていきました。

その瞬間、ランナーは走り出し、前園は雄たけびを上げるのでした。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第214話】集大成の の感想

御幸と柳楽の勝負が見られなかったのは少し残念でしたが、前園が打ってくれましたね。

4番が歩かされた場面では後の打者にプレッシャーはかかりますが、その分やってやるという気持ちも強くなるのではないでしょうか。

しかし前進守備じゃなければ、もしかしたら奈良がキャッチしてダブルプレーを取っていたかもしれませんね。

これで恐らく2点入りますが、それでもノーアウトなので大量得点を取って一気に差をつけたいですね。

次回のダイヤのAactⅡ【第214話】が掲載される週刊少年マガジン28号は6月10日に発売されます。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍