漫画ネタバレ

鬼の花嫁は喰べられたい【第1話】新婚生活に忍び寄るある人物…

花とゆめ12・13号に掲載の集中連載、鬼の花嫁は喰べられたい【第1話】を読みましたので、ネタバレ・感想をまとめてみました!!

鬼の花嫁は喰べられたいの最新巻を全部無料で読む方法は?

鬼の花嫁は喰べられたいの最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、鬼の花嫁は喰べられたいの最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
鬼の花嫁は喰べられたいの最新巻を読む

鬼の花嫁は喰べられたい【第1話】新婚生活に忍び寄るある人物…

幼いころ、餓死寸前だった真白は酒吞童子様に救われたことをきっかけに、いつかこの鬼に喰べてもらおうと心に決めました。

そして喰べ頃になった17歳の春に生贄として嫁入りした真白を酒吞さまは喰べようとせず、鬼と人間と言う種族の垣根を越えて本当の花嫁にしたのでした。

真白と酒吞さまは二人で縁側に並んでラブラブでお茶を飲んでいました。

すると、だらしねぇという声が聞こえて、昼間っからデレデレと人間なんかに鼻の下伸ばしやがってと鬼の男性が庭に入ってきました。

泥棒だと驚く真白に、酒吞さまが説明しようとすると、失敬なと言って俺は夜叉で頭領の補佐官つまり酒吞童子の隣に在るべき鬼だと自己紹介しました。

酒吞さまの隣…?と真白が考えていると夜叉は睨みつけながら、俺は人間なんて大っ嫌いだと言い、こんな異種婚は認めないぞと言い出しました。

酒吞さまはお前に認めてもらう必要はないと言い、帰れといいますが夜叉はやり残した仕事を持ってきたと言いはります。

真白は夜叉から言われた言葉に落ち込んでおり、他の鬼にとっては人間の花嫁なんて論外なのかな…と考えてしまいました。

夜叉が隣で見張りながら酒吞の仕事をしているところへお茶を持って行った真白は、酒吞さまのお仕事姿がこんな間近に…好き、と感じていました。

暗い気持ちが吹っ飛んだので、嫁の務めを果たす時だとお茶を渡すと、手が触れて思わず二人とも赤面してしまいます。

そんな二人を見た夜叉は熱い!!と言って高級な玉露を熱々にするなんて言語道断だと言って真白を責め始めました。

酒吞童子の妻たるもの、茶の一つもまともにいれられないなんて嘆かわしいぞ!と指摘しますが、妻と言うワードに赤面した真白に、照れる所じゃないと叱ります。

酒吞さまがこれ以上侮辱すると…と言いかけると、俺が手本を見せてやると立ち上がりました。

補佐官としてこのまま放置するわけにはいかないと言う夜叉に、とっても親切だと真白は感じました。

やる気のない奴は即座にたたき出すという夜叉に、酒吞さまは付き合う必要はないと言いますが、酒吞さまの妻としてやり遂げて見せますと真白は張り切りました。

酒吞は仕事を続けながら、あんな可愛いことを言われたら止められないと思いつつも俺だって真白と一緒に台所に立ちたかったと悔しく思います。

玉露の手ほどきをしながら夜叉は意外と手際がいいと感じ、真白は夜叉さまの教え方は丁寧で分かりやすいと感じていました。

夜叉は真白を見ながら、昔人間に角を折られたことを思い出し、あのときに酒吞から助けられてなかったら俺は殺されていたと思い、酒吞のためにもお前の正体を暴いてやると心に決めました。

すると、力みすぎて壺を割って怪我をしてしまい、早く手当てしないとと真白が夜叉の手に触れようとすると、触るなと手を振り払います。

お前だって本当は鬼が怖いくせに…という夜叉に怖くないですよと言って、夜叉の手に付いた血を水で洗い流します。

そして真白自身も酒吞さまに命を救って頂いたと言い、私の知っている鬼は強くて大きくてとっても温かいんですと言う言葉に、夜叉は自分が酒吞童子に助けられた時の事を思い出していました。

俺もその鬼ならよく知っていると真白に伝え、酒吞さまが覗きに来ていて感動しており、もうひと踏ん張りするかと思いました。

夜叉が確認して、書類はこれで全部だなと言い、ふだんから真面目にやってりゃここまでため込まないのに…という夜叉の言葉に、真白がしーっと言うので見ると、真白の方にもたれて酒吞さまが爆睡していました。

そして説教は勘弁してやるかと言ったあと、酒吞さまが真白の膝の上で眠りだして真白はさらに赤面してしまいます。

そんな二人を見て、夜叉はあの酒吞童子が人前で眠るなんてな…と言い、酒吞は優しいだけじゃなくて本当はすげー怖くて強い鬼なんだからなと語り出しました。

某弱普請に暴れるあやかしも一掃したし、人間の村だって一晩で滅ぼせる畏怖すべき存在なんだと言って、こんなふにゃふにゃになりやがってと夜叉は舌打ちをしました。

お前といるとダメダメになるからと言う夜叉の言葉に、私と一緒に居るときは気を張らずにふにゃふにゃに甘えて欲しいですと笑顔で伝えました。

対抗心を抱いた夜叉は、大体人間なんて鬼にとっては食料にしかならないんだからなと言いました。

すると酒吞さまが人間を喰べたいとおっしゃるのなら、一番最初は私を喰べてほしいですと真白は酒吞さまの頭を撫でながら言いました。

すると、ちょっと脅そうとしただけの夜叉は真白の言葉に驚きますが、赤面しながらおこがましいでしょうか…と言う言葉を聞いて、喰われたい程の忠誠心に驚きました。

命の恩人には命を持って返すなんて自分には思いつきもしなかったと落ち込んでいる夜叉でしたが、酒吞さまがそれでは俺は一生人間は喰べられないなと笑いました。

そして真白の頬に触れ、初夜でも言ったがお前を喰べたい意味は別だからなと言って、真白の手に口づけをして話し続けるので、真白は感触に困ってしまいます。

それを見た夜叉は台所を覗いていやがったなと察し、酒吞が真白を見つめるのを見て、独占欲丸出しじゃないかと呟きました。

真白、今度は酒吞の好物の作り方を教えてやると言った夜叉に真白は喜びますが、酒吞は真白を呼び捨てしたことに対して怒りを隠しません。

夜叉はこの人間ならほんの少しくらいなら認めてやらないこともないかなと感じていました。

鬼の花嫁は喰べられたいの最新巻全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、鬼の花嫁は喰べられたいの最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
鬼の花嫁は喰べられたいの最新巻を読む

鬼の花嫁は喰べられたい【第1話】新婚生活に忍び寄るある人物…

さて、集中連載開始ですね~

鬼に生贄として嫁入りした真白が、実は自ら志願していたという面白い設定の話ですね。

ここでは触れられていませんが、餓死寸前の真白におにぎりを与えて救ってあげた後、酒吞はあまりの可愛さにストーカーみたいに成長を見守っていました(笑)

そしてめでたく二人は夫婦となりました…が前途多難のようですね。

これから二人の甘々な結婚生活はどうなってしまうのでしょうか??

次回の鬼の花嫁は喰べられたいは14・15号(6月20日発売)に掲載予定です!!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍