漫画ネタバレ

二月の勝者4巻【28〜36話】ネタバレ!黒木が目指す星とは?

中学受験が当たり前になりつつ時代に、数多くある学習塾が「ビジネス」として、熾烈な競争が始めました!

その1つである「二月の勝者」の舞台である【桜花ゼミナール】では、生徒の合格率
を上げるために四苦八苦していました!

新人講師で、主人公の【佐倉】は純粋に生徒の気持ちと向き合いながら受験に挑みますが・・・。

そこに現れたのは「受験の神」とも言われそうな百戦錬磨な講師、【黒木】!!

ビジネスライクで冷たい黒木と熱血新人の佐倉のバトルと、受験に勝ち抜こうとする生徒たちの攻防も見どころになっています。

前回はとうとう始まった桜花ゼミナールの夏期講習!

フェニックス予備校の灰谷も登場し、さらに賑やかな展開になっていきます!

そんなお受験戦争漫画「二月の勝者」。

第4巻の今回はどんな物語になるのでしょうか?

二月の勝者の漫画が無料で読めてしまう方法!

二月の勝者の漫画が無料で読めてしまう方法!ビッグコミックスピリッツで連載している「二月の勝者」を無料で読む方法をまとめました。 二月の勝者を無料で読むならコミック.jp! ...

二月の勝者を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

二月の勝者
二月の勝者を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめビッグコミックスピリッツで連載中の「二月の勝者」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 二月の勝者を配信...

28話

「7月の事件」と第された28話では、桜花ゼミナールで開催されている夏期講習がメインのストーリー。

桜花ゼミナールに通う生徒や生徒の親たちのプレッシャーと戦う姿が描き出されています。

冒頭は、成績抜群の島津くんの両親が、かなり追い詰められているシーンから始まりました。

そして島津くんは、自分より成績が悪い男の子とケンカをはじめ・・・。

受験レベルが低い学校をゴミ扱いする発言を連発する島津くんを、佐倉も注意しますが、黒木はそこまでしなくていい、というふうに佐倉を止めるのでした。

この夏期講習は、「進路がほぼ決まる大事な時期」というだけあって、他の生徒たちもかなりなーバスになっています。

島津くんたちのように喧嘩をする生徒や、体調をくずす生徒。

ノイローゼ気味に、普段している当たり前にしていることがパニックになる生徒など・・・。

心のメンテナンスも考えないといけない佐倉たちでしたが、黒木は無関心な様子。

勉強をシステムとしてだけ捉えていいものなのか・・・と考えさせられる展開の始まりです。

29話

朝から自習室を開放している桜花ゼミナール。

時間削減のためにお弁当を昼と夜の2個持ちの子もいますが、食中毒の心配もありますよね・・・。

そこで成績優秀な島津くんの母親は、「夜のお弁当」は直接自分が届ける!というスタイルをとっていました。

そこで今回対応したのは、数学担当の橘先生。

橘先生は新しくできる桜花ゼミナールの名古屋校にリストラ候補として上がっている先生のようですが「子供もまだ小さいし、転勤は嫌だ」と、思っているようです。

島津くんの母親の勉強への要望を聞いた橘先生は、その返答の仕方が悪い!と黒木に叱責されるのでした。

大人しく聞く立花先生でしたが、前巻で「黒木の悪い評判」を聞いていたので、その確信を得るまでは大人しくしているスタンスを貫こうとしていました。

しかもその「黒木の黒い評判」は、桜花ゼミナールの新しい代表である白柳も関係している!ということ。

金銭絡みの匂いがしますが・・・どんなことを黒木と白柳は企んで知るのか気になりますね。

そのころ、島津くんと喧嘩した上杉くんの心のメンテナンスを図る佐倉。

上杉くんが島津くんの発言「成績の悪い学校はゴミ」というニュアンスの発言に怒ったことは、間違ってない!と佐倉は言いました。

その佐倉の言葉で、なんとか復活した上杉くん。

佐倉は

「子供は強いなぁ・・・」

と、感心するものの、これからおこるひと筋縄ではいかない展開に翻弄されることになるのでした。

気分を切り替えたと思われた上杉くん。

実は上杉くんは双子で、双子の兄は成績優秀・・・そしてフェニックス予備校に元気に通っているのでした。

上杉くんはコンプレックスを持っているようですが、そんな上杉くんを鼻で笑っている島津くんも、実はまた、受験の落とし穴にこれから陥ってしまうことになるのでした・・・。

30話

「7月の崩壊」と第された30話は、今まで自信満々で桜花ゼミナールに通っていた島津くんのプライドがズタズタにされてしまいます。

島津くんは今現在の桜花ゼミナールに通う小学6年制の生徒の中で、最も優秀な生徒として君臨しています。

父親も教育熱心で、島津くんの成績のデータを分析するなど、島津くんの受験を家族ぐるみで力をしれていましたが・・・。

前話で中学受験の過去問題に挑戦した島津くん。

桜花ゼミナールから、そうゆう行為は禁止されていましたが、そんな教育熱心な父親の提案で、急遽家で過去問題をチャレンジすることになったのです!

しかしその過去問題の結果が散々たるもの。

父親は激怒し、母親にあたります。

自分の試験のできの悪さと、父が母をなじる、そんな状況に島津くんの心は崩壊してしまったのです。

いきなり桜花ゼミナールを休んで、島津くんは行方不明になってしまったのでした!

31話

島津くんが行方不明になって、全員お騒ぎ。

しかし島津くんと喧嘩をしていた上杉くんが、島津くんを助ける結果になったのでした!

そして一生懸命に島津くんを探していた母親は、あらためて子供の大切さに気づきました。

島津くんの吐露した言葉に新しい問題提起もあり、島津家のこれからもかなり心配される展開に・・・。

感動をのこしつつ、さらに不安になるお受験へのステップとなるストーリーになっています!

32話

島津くんの家出騒動も解決した!と胸をなでおろした矢先のこと。

その帰り際に、島津くんの父親に出くわしてしまった母親と島津くん。

佐倉は仲裁に入ろうとしますが、ゼミが入る領域ではない!と周りに静止されてしまいました。

家に帰ったあと、島津くんは塾をサボったことを父親に怒られます。

しかし勇気を出して母親が戦ったことで、島津くんの心も安定の方向に向かっていったようです。

そして島津くん、上杉くんをはじめ、他の生徒たちも体調やメンタル面に不調を兆し始めた7月の終盤。

黒木が送り込んだ「受験のカンフル剤」がとうとう届いたのでした!

33話

「7月の先輩」と名付けられた33話は、受験に合格した桜花予備校のOBたちが、女子生徒たちに会いに来たのでした。

OBたちはそれぞれが合格した中学校の制服で桜花ゼミナールに訪問。

憧れの制服を着てキラキラした先輩たちを見て、メンタル面がだらけていた生徒たちもやる気をだしたようでした。

そして、桜花ゼミナールでも問題視されていた柴田さんも青天の霹靂のような体験をします。

柴田さんは小学校には不登校でしたが、ゼミナールには真面目に通っている女の子。

小学校に通う近所の女の子たちと合わず、柴田さんは不登校になり、家に引きこもってしまうようになってしまったのです。

柴田さんの姉が優秀だったのですが、母親は柴田さんに無理させないように中学受験ができれば・・・と、桜花ゼミナールに入塾させたようでした。

しかし引っ込み思案な柴田さんが、変わるきっかけがこのOB座談会に隠されていたのでした!

34話

30話で起こった「島津くん行方不明事件」。

その時に島津くんを探しに行った佐倉の代わりに【黒木の臨時授業】がRクラスで行われていました!

その授業がかなり変わっていて面白かったらしく、Rクラスのだらけた雰囲気がガラっと変わっていたことに気づいた佐倉。

先輩たちと前回話をしたことも関係あるのか、「受験に失敗することもあるんだ・・・」と、生徒たちは危機感を感じたようでした。

その後で、廊下でなにか悩んいる柴田さんに声をかける黒木。

個人を尊重すすこうふうである「女子学院」に進路を変更したい!と言う柴田さんを応援する黒木でしたが・・・。

実は桜花ゼミナールが入っているビルの1階上には「ノビール」という個別指導の塾があったのです!

35話

女子学院は柴田さんの今の学力では、到底無理目の偏差値の中学でした。

しかし「目指しましょう!」と、後押しする黒木。

親を交えて今後のことにつて話そう!と柴田さんの背中を押し始めましたが・・・。

それと同時に、Rクラスの小テストの結果も見た黒木は「表彰状」を用意したのです。

最初は感心する佐倉でしたが、表彰状の裏を見てみると・・・。

「個別指導ノビールでの体験授業」

を受けられる特別券がついていたのでした。

そしてその事実を知った橘先生は、ついに今まで疑っていた問題に確信をもちます。

満を持して、黒木に牽制を仕掛けた橘先生!

無言で立ち去る黒木先生と橘先生の戦いが勃発したのです。

36話

他の塾への勧誘のほかにも黒木に関する【黒い噂】をいろいろ聞いた佐倉。

とにかく飲み屋街に頻繁に黒木が現れる・・・という噂を確かめるために佐倉は現場に訪れました。

しかしそこで何故か暴行事件に巻き込まれた黒木を佐倉が救う展開になります。

血だらけの黒木を、怪しい事務所に運び込んだ佐倉でしたが・・・。

「入ってくるな!」

という姿勢で佐倉を拒絶する黒木の雰囲気に圧倒されて、佐倉は帰ることになりました。

結局、黒木が飲み屋街で何をしているのかわからないまま、佐倉は翌朝を迎えます。

何食わぬ顔で駅前に現れた黒木。

怪我は髪の毛で隠しているようでしたが・・・。

「ジャイアントキリング」ができる生徒が3人います!と発言する黒木に佐倉は面食らうことになりました。

ジャイアントキリングとは、下剋上・・・つまり成績の下位の生徒が上位の生徒を追い抜くことを表します。

いったいその生徒は誰なのか・・・。

次巻の「二月の勝者」でその名前は明かされるのでしょうか?

二月の勝者の漫画が無料で読めてしまう方法!

二月の勝者の漫画が無料で読めてしまう方法!ビッグコミックスピリッツで連載している「二月の勝者」を無料で読む方法をまとめました。 二月の勝者を無料で読むならコミック.jp! ...

二月の勝者を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

二月の勝者
二月の勝者を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめビッグコミックスピリッツで連載中の「二月の勝者」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 二月の勝者を配信...

二月の勝者4巻の感想

今回は、お受験戦争の進路が決まる!とされている「夏期講習の前半」が収録された4巻の紹介でした!

3巻でほのめかされた「桜花ゼミと黒木の黒い画策」とは、さらに系列が同じの他の塾に生徒を斡旋する!という行為だったようです。

受験も「お月謝」という金銭が絡む立派なビジネス。

しかもその単位は10万単位、または100万以上になることもある・・・と聞きますよね。

そんな大人の事情や、受験する子どもたちの心情も交えて、様々な角度で読むことができる二月の勝者。

次巻ではどんな展開になるのか、楽しみですね!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍