漫画ネタバレ

二月の勝者9巻【72話~80話】ネタバレ!家庭崩壊と受験戦争

中学受験が当たり前になりつつ時代に、数多くある学習塾が「ビジネス」として、熾烈な競争が始めました!

その1つである「二月の勝者」の舞台である【桜花ゼミナール】では、生徒の合格率
を上げるために四苦八苦していました!

新人講師で、主人公の【佐倉】は純粋に生徒の気持ちと向き合いながら受験に挑みますが・・・。

そこに現れたのは「受験の神」とも言われそうな百戦錬磨な講師、【黒木】!!

ビジネスライクで冷たい黒木と熱血新人の佐倉のバトルと、受験に勝ち抜こうとする生徒たちの攻防も見どころになっています。

前回は、夏期講習と夏合宿での結果が振るわず、しかし黒木のアイデアで一歩ずつ前進していく生徒たちの心境が見どころでした!

しかし前向きに頑張る生徒たちとは裏腹に保護者たちの焦りが・・・。家族たちの「狂気」もこの漫画の注目すべきところにななっています。

前回の8巻では、桜花ゼミナール1番の優秀な生徒、島津くんの家庭環境が悲惨なことがわかりました!

警察沙汰になりつつも、島津くんの勉強への楽しい気持ちを消し去ることはできません。

そんなお受験戦争漫画「二月の勝者」、第9巻の今回はどんな物語になるのでしょうか?

二月の勝者の漫画が無料で読めてしまう方法!

二月の勝者の漫画が無料で読めてしまう方法!ビッグコミックスピリッツで連載している「二月の勝者」を無料で読む方法をまとめました。 二月の勝者を無料で読むならコミック.jp! ...

二月の勝者を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

二月の勝者
二月の勝者を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめビッグコミックスピリッツで連載中の「二月の勝者」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 二月の勝者を配信...

72話

前回、母親に手を上げたことが原因で警察を呼ぶことになった島津家。

そのゴタゴタのときに電話をかけてしまった黒木は、「助けて!」という島津くんの母親の声をキャッチして、島津くんのマンションまで、佐倉とともにハイ知っていきました。

そこに現れたのはパトカー。

警察を呼んだのは島津くんの父親で、暴れだした島津くんをとめるためにパトカーを呼んだ・・・と言いました。

しかしその行動は黒木から見ても、おかしい行動でした。

その父親のおかしい行動をとがめながらも、桜花ゼミナールに逃げてきた島津くんと母親の情報がはいり、ゼミナールにに変える黒木と佐倉。

そこでは、落ち込むどころか解けなかった過去問に燃える島津くんの姿が。

しかし母親は「離婚するかもしれない・・・」と、経済的な余裕がなくなるので、受験はあきらめるしかない・・・と後ろ向きでした。

そこで黒木が提案したのは3つの案。

何故、御三家である「開成中学」を受験するに至ったか・・・という島津家の意向を振り返りながら、話を進める黒木。

島津くんを受験にやる気にさせてしまったのに、今の状況で受験を辞めさせる!という選択は酷である・・・ということが黒木の意見でした。

そして、桂講師にもⅬ協力してもらい、取り揃えた3つの案。

いったいその案とは、どんなものなのでしょうか?

73話

黒木がまず紹介した案は、「奨学金制度を導入している中学校の受験」でした。

6年間学費を全額負担してくれる中学校もある・・・ということで、この案は、島津くんの母親にはうれしいプランですよね。

次の案は、「学費の安い国公立の中学への受験」です。

レベルが高い中学は国公立でもたくさんあります。

しかも学費も格安ですし、家族への負担も少ないことはうれしいですよね。

しかし、私立校を受験することと間違いなく違う事が、国公立の受験にはあるのです。

それは「2月3日しか受験日がない!」ということです。
すなわち、それは本命の1校しか受けられない!というリスクがあります。

その本命の1校が何かの拍子で不合格になってしまったら・・・?

滑り止め用の国公立の学校はないので、いやがおうでも学費の高い私立校に通うことになります。

または1年浪人するか・・・。

小学生でその選択は、かなり厳しくまたは「ありえない選択」になってしまうことは間違いないですよね。

そして3つ目の案・・・。

この案は今回、黒木ははっきりと明言しませんでした。

それは、島津くんの母親が「受験を辞めたい!」という意志がかたくなだったためです。

そのために、黒木は自分の過去を話し始めました。

自分は過去に生徒をつぶしたことがある・・・そんな衝撃的な告白をした黒木でしたが、今回はすべてを話すことはできませんでした。

島津くんの母親は精神的につかれてしまい、今回は実家に身を寄せることになり、帰宅してしまったのです。

島津くんの将来はどうなってしまうのか心配ですね。

74話

島津くんが桜花ゼミナールを休んでかなりの期間がたちました。

実家に身を寄せた島津くん。

ゼミを休んでいる島津くんを心配するのは、友人になった同じクラスの上杉くんでした。

上杉カイトくんが心配しているころ、島津くんはおばあちゃんの家で楽しく食事をしてテレビで一家団欒。

一方、黒木は休んでいる島津くんを心配して、桜花ゼミナールをつながりのある安い塾への転塾への根回しをしていました。

今回の島津くんの騒動を聞きつけたのは白柳会長。

桜花ゼミナールのオーナーである白柳は、島津くんの気持ちが1番だ!と豪語し、黒木にカツを入れるのです。

そんなころ、島津くんの母親はシングルマザーになる決意とともに主食活動を始めます。

そんな母親の気持ちを考えて、高い費用がかかる受験をどうしたらいいのか・・・と悩む島津くんだったのです。

75話

新しい生活に希望を見出した島津くんの母親。

しかし「順がいなくなった!」という連絡を受けて、動揺してしまいます。

島津くんはそのとき、桜花ゼミナールの黒木のもとにいました。

自分から、居ても立っても居られないくなって、黒木のもとに出かけたのです。

「受験をやめます」

と黒木に宣言しに来た島津くんでしたが、開成中学の過去問・・・以前解けなかった問題を解いた!と黒木に見せるのです。

こんな学校チャレンジしたかった・・・と、悔しそうにする島津くん。

そこに、島津君を探しに来た母親も合流することが出来ましたが、そこで黒木は3つ目の案を伝えたのでした。

この3つ目の案・・それはかなり島津家にとっては厳しい展開になりそうな条件だったのです。

76話

島津くんが受験できることを可能にする案・・・その3つ目は、「開成中学の奨学金制度を利用する!」ということでした。

しかしこの制度は、家庭環境に関係する、つまり年収が低い家庭の学生のみ利用できる!という制度だったのです。

つまり島津家にとっては離婚が前提となるプラン、ということになります。

離婚を決意しながらも、まだ心が揺れている母親でしたが、島津くんの熱心な気持ちを聞き考えを変えます。

島津訓生気持ちとは、「開成中学を受験したい!」という本心でした。

離婚する方向で、黒木に島津くんを任せることにした母親。

しかし桂講師はこの黒木の一連の行動を「生徒の家族に介入しすぎだ!」と批判します。

77話

桂講師の厳しい意見を聞いた黒木は、以前話しかけた自分の過去の話を話し出しました。

「自分の生徒をつぶした過去がある・・・」と、いう話ですね。

潰した原因は、「家族の事情に介入してしまったから」とも話す黒木。

ビジネスライク・・・ともとれますが、自分の心を守るためにも「生徒の家庭には不介入」というルールを熱弁する桂講師に黒木は言います。

黒木も生徒の家庭に不介入のルールに異論はなかったのですが、2年前の黒木は虐待されていた生徒をどうしても見逃せなかったのです。

黒木の2年前の「その行動」は、フェニックス予備校に勤めていた時のもので、その行動を見ていた灰谷に色々誤解されていたようです。

78話

生徒の家庭に不介入・・・黒木はそんなつもりはなかったのですが、自然とそんな成り行きになってしまい、灰谷には誤解され続けてしまいます。

その虐待されていた生徒は、黒木の尽力によって希望校に合格することが出来ましたが、そこから悪夢が・・・。

希望校の入学と同時に「アキラくん」は引っ越しをしてしまったため、黒木はしばらく彼に会う事が出来なくなりました。

ですから、次にアキラくんに再会したとき、アキラくんは「今の状況」になってしまっていたのです!

アキラくんが無理をしてレベルの高すぎる中学に入学してしまったことが原因で、家庭はバラバラ、そしてアキラくんの心も壊れてしまいました。

黒木が時たま、頭痛がして頭を押さえるのは、この時のトラウマが原因だったのです。

79話

2年前、家庭崩壊してしまい、暴れて部屋をメチャクチャにしてしまったアキラくんを残して、アキラくんの両親は逃げてしまいました。

ただ1人、黒木だけがアキラくんを助けにいったのです。

アキラくんは1人だけ、祖母の家に引き取られ、今現在も「引きこもり」ながら黒木の授業?を受けています。

アキラくんは現在、中学3年生。

次は高校受験を控えながらも心の病?と闘っているのかもしれません。

黒木はそんなアキラくんを優しく見守りながら応援しているのでしたが・・・。

自分にも問題点があった・・・と気づいた黒木。

黒木は桜花ゼミナールに、自分は何がおかしいのか自問自答の末にやってきたようでした。

そして、そこで生徒の心に寄り添う佐倉の存在に気づいたのです。

黒木は勉強はできますが、佐倉のように人間の気持ちやサインに気づける部分が欠如していたようで・・・。

80話

自分の過去や欠点の詳細を語った黒木。

今回の島津くんの件での「家庭への介入」は、自分の未熟さゆえ・・・と反省しました。

しかし、これからは島津くんの家庭のように、他の生徒の保護者達も何らかのトラブルになっていくかもしれない・・・と、危惧する黒木。

その気づきが出来ない黒木だからこそ、生徒の観察に鋭い佐倉や、経験豊かな桂講師に助けを求めました。

そして11月・・・受験本番に差し迫る「秋の保護者会」が、とうとう始まります。

それぞれが希望する受験校の過去試験の問題集が、どんなに大事かを明確にわかりやすく説明する黒木。

その説明は、保護者達が唸るほどの説得力があったようです。

そして過去問を、夏にしてはいけない!という理由も明確に黒木は説明していました。

今回は島津くんの保護者がメンタル面で崩れてしまいましたが、それはどの保護者にも起こりうること・・・。

そんな予想もしつつ、島津くんの家庭の事は隠したうえで、黒木は保護者達に説明を続けます。

これからの時期に、やってくる「保護者達のメンタル崩壊の危機」を・・・。

二月の勝者の漫画が無料で読めてしまう方法!

二月の勝者の漫画が無料で読めてしまう方法!ビッグコミックスピリッツで連載している「二月の勝者」を無料で読む方法をまとめました。 二月の勝者を無料で読むならコミック.jp! ...

二月の勝者を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

二月の勝者
二月の勝者を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめビッグコミックスピリッツで連載中の「二月の勝者」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 二月の勝者を配信...

二月の勝者9巻の感想

今回は家庭崩壊してしまった島津くんの家庭の事情や未来についてがメインの展開になっていました。

しかし大人の都合で、子供の夢がないがしろになってしまうのは納得いきませんよね。

子供は親御事情を察知して自分の将来を決めている・・・という角度からの意外な発見がありました。

そして受験に近づくたびに、精神面で脆くなっていく受験生の保護者達・・・。

黒木は以前、この時期の親と子供の件かは精神面での悪影響しかない、という主旨の話をしていました。

子供の心を大事にするためにも、保護者達にも肝に銘じておかなくてはならないルールがたくさんありそうですね!

いったいそれはどんなルールなのでしょうか?

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍