漫画最終回ネタバレ

4年生30話【最終回】ネタバレ!裁判と、ウビンのその後は・・・!?

ピッコマ漫画掲載「4年生」30 話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

新任教師の「チョン・ミリン」は、4年2組の担任になった。

ある日、クラスで他の生徒より遅れがちな「タヌ」がおしっこを漏らしてしまう。

翌日、クラスで一番頭がいい「ウビン」が、「タヌ」を真似るかのようにおしっこを漏らす。

徐々にウビンの視線と言動が気になりだすミリン。

初めは、愛情不足で気を引きたいためだと思ってかまっていたが、次第に度を越えていき…

ついにはマスコミ沙汰になる騒動を起こし、最初は教師が生徒に暴力をしたとし責められるミリンだが、ウビンの狂気を動画で撮影することに成功し、立場は一気に逆転。

裁判で争うことになったミリンとウビンの父親だが、裁判所でミリンの姉と赤ん坊「ミンジュン」に接触したウビンは、赤ん坊をどこかに連れ去ってしまいます。

ようやく見つけたウビンにミンジュンをどうしたのか聞くと、「死んだはずです」と言われ・・・

「これで先生のメッセンジャーのプロフィールからあの子の写真なくなりますか?」と言うウビン・・・

しかしその後、ミンジュンはウビンのロッカーから救出されたのでした。

それを見たウビンの父親は蒼白になりました。

その後、裁判が始まり・・・

担任教諭による小学生暴行事件の公判で、子どもに精神的な問題があると認識した保護者の減刑嘆願が量刑判断に影響を及ぼし、被告人の執行猶予が確定。

ウビンの父親は学校側にミリンの停職処分の無効、および記載事項の取り消しを要請。

ウビンは施設にはいることになり・・・

「4年生」30話【最終回】ネタバレ

彼氏だったジョンハが、ミリンの元へ謝罪に訪れましたが

「謝って気が済んだんならもう行って。やっと立ち直ったのに気持ちを乱すようなことしないで」と言い、2人は別れます。

一方、キム先生はウビンのもとへやってきました。

話しかけてもそっぽを向くウビンに、「遊園地、先生が行かないように言ったの本当だよ」と伝えるキム先生。

するとようやくキム先生の顔を見ます。

「だけどウビンだらか行かないように言ったんじゃない。先生は一人の生徒だけをかわいがったり特別扱いしちゃいけないんだ。」と諭すのですが

ウビンは、「どうでもいいです。一人で行きます。どうせもうボクと遊んでくれる人は誰もいませんから。」と言い、

尚も「悪い心をもって生まれたからって悪い人として生きなければならないわけじゃないんだよ」と諭すのでした・・・

去り際、「遊園地のことずっと気になってたんですけどすっきりしました」と言うウビンに

キム先生は「正直に話すついでに・・・チョン先生が先生と結婚するって言ったんだって?ほんとにそうなるかもしれないぞ」と言い残して去っていくのでした。

そして、また何気ない日常がミリンに戻ってくるのでした。

「4年生」最終回感想

キ、キム先生はなぜ最後ウビンを焚きつけるようなことを言って去っていったのでしょうか・・・!?笑

ミンジュンがウビンに殺されたのかもしれないという衝撃のラストに最後の5話くらいは一機読みしてしまいました・・・

殺されてなくって本当に良かったですね・・・!

『4年生』、本当にハラハラさせられる展開でとってもスリルのある物語でした。

一度読んだら止まらなくなる、おススメの作品です!

 

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍