漫画ネタバレ

アクタージュ116話ネタバレ!オーディションを勝ち抜くのは!?

2020年6月15日発売の週刊少年ジャンプ28号掲載の「アクタージュ」についてネタバレをまとめました。

アクタージュ最新巻を無料で読む方法は?

アクタージュ最新巻を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アクタージュ最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
アクタージュ最新巻を読む

【前回のあらすじ】

大河ドラマのオーディションを受けることとなった夜凪。

まず阿笠みみ、日尾和葉、新名夏、無名の新人の4人が激しいエチュードを繰り広げ監督に実力をアピールしてみせた・・・!

しかし、じつは無名の新人に化けていたのが夜凪だったのだ・・・!

正体をあらわした夜凪は・・・?!

アクタージュ116話もっとのネタバレ

物静かな優等生風の女の子に化けていた夜凪。

髪をほどきメガネを外すと、自らを「夜凪景」ですと名乗りました。

オーディションは相性を見るお見合いだから必勝法はないと聞いた・・・

だから色んな子を演じた方が有利だと思った・・・という夜凪に、オーディションに参加していた3人は圧倒されていました。

呆れる3人とは違い、環は「おもしろい子」と笑います。

少しだけ昔の話、夜凪は教室でおとなしい今井さんという女の子を見つめていました。

「まずは隣の今井さんから・・・」

明神から「役のバラエティを増やしたいなら人の真似をしろ」と言われた夜凪は、最初に今井さんの真似をしようとしていたのです。

「仕草、目視、話しかた、歩き方、全てが心のあらわれだ」

明神の言葉どおりに夜凪は今井さんの癖や仕草、歩き方を真似していきます。

こっそりと帰宅する今井さんの後をつけて行った夜凪は、家に入っていった彼女をみた時に小さい頃の今井さんが走っている風景がみえたのでした。

明神はいいます。

「生まれた時、住んでる家、友達、その中にいれば自然とあるはずのない役の記憶がみえてくる」

その通りになったと思った夜凪は、今井さんのコピーを完成させたと思っていました。

さっそく今井さんの髪や姿をまねて町を歩いていると、本人が目の前を走っていきます。

慌てて隠れた夜凪は、トイレから出てきた今井さんが優等生の姿から化粧をした美女に化け男性と腕を組んで歩いているのを目撃しました・・・!

「そっか・・・」

人は会う人によって態度をコロコロとかえる生き物です。

だからこそ、1人の人を真似るだけで何人もの役をストックできる!

「やっぱり、お芝居ってたのしい・・・!」

目を輝かせた夜凪は、クラスメイトをかたっぱしから真似ていきます。

オーディションでもその何人もの役を演じ分ける夜凪をみて、監督はもういい、と手を打ちました。

「あんたさっきから演じるたびに別人だ・・・中に何人つれてきた?」

その言葉に、夜凪は自信まんまんにいいます。

「12人かな、でも違う顔をもってる人もいるから30人くらい?」

その30人全部で足りないなら100人に増やす・・・

その100人でも足りないなら1000人に増やす・・・

私はなんだって演じられる、だから私に役をください。

そう言った夜凪は微笑んでいました。

そんな彼女をみて、環は「すごいの連れてきたね、墨字くん」と笑うのでした・・・

オーディションが終わり、待合室でまつマネージャーたちの元に1人また1人と女優たちが戻ってきます。

その中の1人、阿笠みみは無表情でしたが、マネージャーに「ドラマとかやってる場合じゃない」と宣言し、一から学びなおすと言って部屋から出て行ってしまいました。

そしてもう1人、日尾和葉も戻ってきました。

不機嫌そうな彼女は「落ちたよ」とぶっきらぼうにいいます。

その様子にまた何かしたの?!と不安そうになるマネージャーでしたが、日尾は違う、負けただけと悔しそうにいうのでした。

夜凪のマネージャー役としてきていた柊雪は、有名な女優たちの様子に何かあったのかと不安な表情になります・・・

そんな柊のもとに夜凪が笑顔で戻ってきました!

「は〜楽しかった!」

久しぶりに演技したから楽しかったという夜凪に新名なつが声をかけてきます。

「あの・・・ごめん、呼び止めないとと思って・・・」

テレビにうつっている時のようにおどおどした態度に、柊は素の状態でもコレなんだ、と新名を見つめました。

言いにくそうにしたあと、新名は「今が本物のあなた?」と夜凪に問いかけます。

夜凪はキョトンとした顔をしてみせ、全部本物よ?と返事をしました。

それを聞くと、新名は満足したようすでありがとうといって去っていきました・・・

柊は夜凪に「中で何があったの?」と聞こうとするのですが、そこに環蓮がやってきます!

彼女は夜凪に後ろから抱きつくと、墨字くんいないの?とニヤニヤしながらきいてきました。

やはりキョトンとしたまま、夜凪は今日はいないよと返します。

その返事に残念だなぁと返した環は「じゃ、現場でね」といい帰ろうとしました。

そんな彼女の声や姿に、夜凪の記憶がよびおこされます・・・!

「たんぽぽさん・・・?」

夜凪の言葉に、環は驚いた顔をして立ち止まりました・・・!

名前も顔もうつしてない、15年も前の作品なのによく気がついたね、という環蓮・・・

「バレたか、恥ずかしいなぁ・・・」

そういった環は夜凪に近づき、顔を近づけました。

「気付いてるよね?当時の私はいまのあなたの足元にもおよばないって」

「でも、あの2年後には今の君を追い抜いてる、私遅れ咲きなんだ」

そう言ってニヤリと笑った環に、柊は「何この空気・・・」と焦ります。

まるで、環蓮が夜凪をあおっているかのような雰囲気です。

固まる夜凪にさらに近づき、環はいいます。

「若さを妬ましいと思ったのは初めて」

「私があと10歳若かったら墨字くんの隣にいたのは私だった、君じゃなくてね」

そう言われた夜凪はなにも感じていないような表情に・・・

それでも環は夜凪にからみつくようにしながらいいました。

「私だけ妬いててムカつくな、そうだ!墨字くんにこう思ってもらおう」

環蓮じゃなくて残念だ、夜凪で我慢してやろう・・・と・・・

そう言われた夜凪は無理だと思う、と無表情で言い返します・・・!

その言葉に笑う環蓮・・・!

今にもケンカになってしまいそうな2人ですが、撮影ではどうなってしまうのか・・・!?

アクタージュ最新巻を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アクタージュ最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
アクタージュ最新巻を読む

アクタージュ116話もっとの感想

オーディションを勝ち抜いた夜凪でしたが、そこに待っていたのは環蓮・・・!

墨字に執着している様子ですが、果たして大河ドラマの撮影はうまくいくのでしょうか!?

次号の展開が気になります!

次回のアクタージュ117話が掲載される週間少年ジャンプ29号は6月22日の発売です!

アクタージュ117話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍