漫画ネタバレ

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜106話ネタバレ!シトルテとの交渉!

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」106話についてネタバレをまとめました。

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜を無料で読める方法を徹底調査しました!

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」を無料で読む方法を調査しました。 アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜が読めるサ...

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 アイ...

[前回のあらすじ]

先帝の崩御が呪いのせいだった、と明かした皇帝。

大陸でたった1人の魔術師の末裔で、クラデニスを初代皇帝の座に就かせたメディアは、帝国を守る4人の勇者の1人と言われていました。

しかしメディアは、神を崇めない者、自分に忠誠を誓わない者を卑劣なやり方で殺し、そのせいでクラデニスによっていなかった者とされたのです。

息絶える前にメディアは呪いを残し、それが皇帝の絶命だったのです。

しかしこれには条件があり、クラデニスの血筋が、メディアと同じだけの血を流せば呪いが降り掛かる、というものでした。

先帝は政治的腐敗を正して腐りきった大勢の政治家達を捌き、

皇帝は南部戦争を許可したことでその呪いを被ってしまったのです。

南部戦争に勝利することで、イアンに対抗する勢力がのさばっている中で無理に即位して、

イアンが自分より多くの血を流すことになることを恐れた皇帝は、イアンの成人後も上位ができなかったのでした。

先帝は存命中、イアンを守るためにイアンとアイリスの婚約も望んでいた、と言う皇帝。

アイリスは、皇帝には、皇帝の言葉を間違いなく先帝に伝えることを約束し、兄とイアンに自分の過去について尋ねました。

しかし2人も詳しいことはわからないようで、どうやら手がかりはアイリスの赤い瞳だけのようですー。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」105話のネタバレはこちら

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」106話ネタバレ

数日後、火力発電所の試験施設が完成しました。

それは、化石燃料が電力石よりも優れたエネルギー源だと証明されたようなものでした。

こんなはずではなかった、と悔しがる皇妃。

このような結果が出て、周りの貴族達は”赤狐”はきっと皇妃のことだ”、”元はと言えばグライフなんて聞いたことも名前だった”、

”そんな人間が恐れ多くも皇帝に指図するなどあり得ない”などと噂をし始めました。

”魔女”と、皇妃はボソリと呟き、化石燃料を取引しないように会談前に各国に連絡すべきでは、との提案も受けますが、

発電のしくみはフォレストとオパールしか知らず、他の3国が施設を建てるのは至難の業で、

ローヘンハイムのようにすぐに運用できる資源もないのだから目先の利益を取るしかないだろう、もうアイリスを止めることはできない、と言いました。

この状況に皇妃は、皇帝がアイリスに肩入れしたのだろう、と疑っているのですー。

シトルテとの会談に向かう日、馬車の用意をする者たちはアイリスへの気遣い合戦で、アイリスの荷物を丁重に扱うように指示したり、

椅子の座り心地を確認し、硬すぎないか、クッションでも用意すべきか、と入念に準備しています。

先日術師としての力を証明してからというもの、すっかりアイリスは人気者です。

これから向かう場所はローヘンハイム国境で、シトルテに隣接した場所です。

皇帝からの指示で、イアンと一緒の馬車で向かうことになるアイリス。

アイリスはダニーに声をかけ、出発の前に今一度書類を確認することにしました。

シトルテの代表はオーランド公爵ですが、気難しいことで有名な人物で、念には念を入れておくのが良いだろう、ということです。

どうやら皇妃は、内々にオーランド公爵と接触しているようなので、リュウが調べたところによると、

会談の開催が決まる前から接触していて、今も内々に連絡をとっているらしい、ということでした。

何かがありそうですが、オーランド公爵が会談をこじれさせずにいてくれることを願うばかりです。

そして数日後、会談の場へと到着しました。

オーランド公爵の表情は、皇妃の計画が成功したのかと思わせるものです。

そんな中、お互いに笑顔で挨拶を交わし、会談の会場へと向かいます。

会談は良い感触で、化石燃料の扱い方を知らないシトルテとしてはやはり電力石の方が魅力的のようで、

このまま順調に進めば文句なしの会談になりそうでした。

会談の雑談の中で、オーランド公爵は自分の娘をシトルテの皇后にしたい、というようなことを匂わせていて、

イアンはあからさまに軽蔑の表情をしていました。

すると、ドドドドドドという音が聞こえてきて、雨でも降り出したのか、と不思議に思い始めたその時、

帝国の国境警備隊が会場に入ってきて、殿下を守れ、と大騒ぎです。何事かと思いきや、シトルテからの宣戦布告が会った、というのですー。

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜を無料で読める方法を徹底調査しました!

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」を無料で読む方法を調査しました。 アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜が読めるサ...

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 アイ...

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢」106話感想

アイリスの提案が正論であることが証明され、シトルテとの交渉もうまくいきそうです。

この功績でアイリスの人気も上々で、流れは悪くないようです。

しかしいい流れの時にはどこかで問題が勃発するものですが、目の前で交渉中の国からの宣戦布告とは一体どういうことなのでしょうか。。。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」107話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍