漫画ネタバレ

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜107話ネタバレ!事件解決の糸口!

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」107話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

火力発電所の試験設備が完成しました。

これで、化石燃料が電力石よりも優れたエネルギーであると証明されたようなものです。

途端に、周りの貴族達は皇妃について、赤狐と呼ばれたことや、実家のレベルについて揶揄するようになりました。

もうアイリスを止めることはできない、と判断した皇妃は、皇帝がアイリスに肩入れしたのだろう、と考えているのでしたー。

術師としての力を証明して以来、アイリスの人気は爆上がりです。

シトルテとの会談に行く日を迎えたアイリス。

気難しいことで有名なオーランド公爵が相手なので、準備に余念がありません。

そうやらこのオーランド公爵は、皇妃と内々に連絡を取り合っているようなのです。

化石燃料の扱い方を知らないシトルテとの話し合いは良い感触で、このまま順調に進めば言うことなし、の状況でした。

そんな中、ドドドドド、と言う大雨にも似た音がしたと思ったら、殿下をお守りしろ、と言って、シトルテの軍が会談場所へと入ってきました。

話によれば、シトルテからの宣戦布告があったというのですー。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」106話のネタバレはこちら

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」107話ネタバレ

オーランド公爵の様子を見る限り、仕組まれたことではなさそうでした。

それでは一体どういうことなのでしょう。

貴族を束ねる新皇帝派の要人をシトルテが簡単に切り捨てるとは思えません。

オーランド公爵はそのまま何も言わずに立ち去っていってしまい、アイリスは、待ってください、と声をかけます。

イアンはそんなアイリスを止めますが、アイリスは、シトルテの仕業のはずがない、もしそうならオーランド公爵を会談に参加させたりするはずがない、と言いました。

それに対してイアンは、わかっている、アイリスの言う通りだ、事故ではないのならば何か別の目的があるのだろう、

まずは早急にここを離れよう、と言いました。

会談が失敗に終わればアイリス達が責任を問われることになりますが、皇妃がこのことを知ったら戦争を煽るに違いありません、

皇妃にとってこれは、イアンとアイリスを一度に消せるチャンスなのです。

皇妃の回し者がいるかもしれませんし、ひとまずは逃げるしかなさそうです。

相対するシリウス側と帝国側の軍。

宥めようとしますが、お互いに剣を抜こうとしてしまっています。

誰もが、まずい、と思ったその時、武器を収めよ、とアイリスが叫びました。

アイリスは、ここにいるのは君命を受けた各国の使者だ、指一本でも触れたら4カ国を巻き込む戦争になる、

大陸戦争を起こしたいものは前に出よ、と続けます。

国境警備隊は、イアンに目配せをして剣をしまいました。

アイリスは、国境警備隊に状況の説明を求めます。

どうやら、シトルテが国境を警備していたロエンティ家の騎士を殺し、ロエンティ家はそれを宣戦布告とみなして会談会場に兵士を送った、

それを受けてシトルテも行動を起こした、ということのようです。

過去に同様の理由で何度も戦争が勃発しているので、ロエンティ家の判断は正しかったと言えます。

両国の兵士に監視されていては、閉じ込められたも同然です。

アイリスは、皇太子から謝罪文をもらえれば解決する、会談は順調だったし、戦争が起これば打撃を受けるのはシトルテだ、

だから、なんとかオーランド公爵がかたをつけるべきだ、早急に騎兵を送って調べると言っていたから信じて待とう、と言いました。

アイリスは、ローヘンハイムに知られる前に片付けてしまうつもりです。

皇妃が戦争を煽れば全てが終わりです。

不安は残れど、オーランド公爵を信じるしかありません。

4日後、シトルテ皇宮からの使者がやってきました。

使者が中へと入っていき、物音もしないと思っていると、中から軍が出てきて、幕舎を護衛しろ、と言い出しました。

期待していたにもかかわらず、事態は悪化してしまったのです。

避難した方が良さそうだ、避難中に誰かが死んだりしたらそれこそ戦争の引き金になる、ここだって危険だ、

一刻も早く皇帝に報告しなければいけない、5日ほど馬を走らせれば王妃の妹であるアレネス伯爵夫人の屋敷があるので、

そこに避難して援軍を呼ぶのはどうか、などと騒がしく話し合っています。

自分が全員やっつけたい、と言うダニーに、怯えている者ほど爪を立てて威嚇するものだ、と言うイアン。

そんなやりとりを聞いて、何かを確信したアイリス。

そこでアイリスは、国境警備隊の1人の制服を借りて、ロエンティ伯爵邸へと向かいました。

ロエンティ伯爵と会ったアイリスは、至急シトルテへの警戒体制を解くように、と言いました。

しかし、宣戦布告をしたのはシトルテのほうだ、と、抵抗するロエンティ伯爵。

ロエンティ伯爵は、アイリスは一体どちらの味方なのか、と言って、アイリスを睨みつけるのでしたー。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」107話感想

解決するどころか、事態は悪化してしまいました。

アイリスは何か閃いたようですが、この状況を打破することはできるのでしょうか。。。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」108話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍