漫画ネタバレ

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜109話ネタバレ!交渉成立!アイリスのお手柄

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」109話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

ロエンティ伯爵がアイリスに反発しているところに、ロエンティ伯爵の娘のルリと息子のレイブンが現れました。

アイリスを庇う2人を見たロエンティ伯爵は、2人に何を吹き込んだのか、と、さらにアイリスへの反発を強めますが、

2人の成長した姿を見て、アイリスが自分の知らないところで2人をよくしていてくれたことを知って、

ロエンティ伯爵はアイリスの要望を受け入れることにしました。

ロエンティ伯爵によれば、今回の騒動には起きたきっかけがありました。

国境付近の会場に警備隊が配置されて必要な話し合いをしていましたが、ローヘンハイムの兵士1人が帰隊時間に遅れ、

シトルテ軍に見つかってしまいました。

本来ならば話し合いの上で身柄は引き渡されますが、脱走兵として扱う、と言われてしまい、

怯えた兵士が逃げようとしたのだ、ということでした。

アイリスがイアン達の元へ戻り、様子を見ていると、国境警備隊が武器を捨て始めましたー。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」108話のネタバレはこちら

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」109話ネタバレ

これはなんの騒ぎか、と言いながらオーランド公爵が現れました。

オーランド公爵はにっこり笑って、ローヘンハイムは自分達と戦争などしない、と言い出します。

オーランド公爵が示した先には、シトルテのクルーハル皇太子が立っていたのです。

何がどうなっているのか、と聞くダニー。

それに対してアイリスは、分かりやすく言うと、シトルテの皇太子もダニーに負けず劣らずの怖がり屋ということだ、

裏切られるのが怖かったのだと思う、詳細はこれから聞いてくる、と答え、イアンとともにクルーハル皇太子の元へと向かいます。

クルーハル皇太子はアイリスが間違いなく本人であることを確認し、自分がここにいることに気付いていたようだが、

オーランド公爵が話したのか、と問いました。

アイリスは、そうではなく、オーランド公爵の行動に疑問を感じたのだ、それまで会談は順調だったし、オーランド公爵も満足そうな様子だった、

オーランド公爵は自分たちとの衝突は避けたいはずだし、戦争に対する穏健派なのになんの対策も打ち出さずに幕舎にこもってしまったからだ、と返します。

それを聞いて、本国から自分の命令が伝わったとは考えなかったのか、というクルーハル皇太子の問いには、

だとしても、レイセンとアルモスdを巻き込む事態なのだから不可解だ、と、イアンが繋げました。

3つの国が手を結べばシトルテに勝ち目はないのだから、ローヘンハイムと話す気がなかったとしても他2カ国の使者には説明が必要なはずなのに、

オーランド公爵は祖国に逆らうかのようになんの対応も取らなかったのです。

こういったオーランド公爵の行動から、クルーハル皇太子が現場に来ていると踏んだアイリスなのでした。

自分達だけに有利な取引なので何か裏があると思ったのだ、と言うクルーハル皇太子でしたが、それにしても無茶なやり方だ、と、イアンが突っ込むと、

ローヘンハイムが新兵器を開発していて、石油と化石が必要なのだ、と会談前に密告があったのだ、と明かしたクルーハル皇太子。

自分達は新しいエネルギー源である電気を確保したいだけだ、と説明するアイリス。

それに対してクルーハル皇太子は、電気が作れることを確認したのはローヘンハイムの貴族だけなのに、

どうやってローヘンハイムを信じろと言うのか、国政を担う者として国のために調査を行うのが道理だ、と主張します。

それと脱走兵の件がどう関係しているのか、と、語気を強めるイアン。

クルーハル皇太子は、シトルテでもっとも多くの石油が採掘される地域が近くにあり、脱走兵と見せかけてそこを偵察する者が現れる、

という密告があったのだ、と言いました。

そこでクルーハル皇太子は真偽を問うために兵士を捕らえたのだ、アイリスとイアンはローヘンハイムの皇帝に経緯を伝えて誤解を解いてほしい、と、

オーランド公爵が言葉をつなぎますが、今更丸く収めるなど無理だ、と、強く言い放ったアイリス。

アイリスはさらに、不確かな密告で危うく戦争が起こるところだった、自分やイアンの報告だけで済むような事態ではない、と言って反発します。

シトルテは、イアンと皇妃の権力争いに終止符が打たれなければこの程度のことでは戦争は起こらないと踏んだのかもしれませんが、

他にも何かがあるはずです。

クルーハル皇太子が自分達の行動が軽率だったことを認めたところで、アイリスは席を経ちました。

誤解を招いた方にも責任はある、と言うクルーハル皇太子に、情報源ははっきりしないのだろう、

それに2人とも軽率だったと認めたはずだ、と返すアイリス。

いよいよアイリスが立ち去ろうとしたところで、クルーハル皇太子は、ローヘンハイム皇室からの密告であったことを明かしました。

しかし、これで密告の証拠が出てくればローヘンハイムは打撃を受けます。

アイリスは、アルモスとレイセンへの説明は自分がする、と言うクルーハル皇太子に対して、

自分とクルーハル皇太子とで、アルモスとレイセンは一体どちらを信じるだろうか、と言って、クルーハル皇太子に脅しをかけました。

さらに、何かしらの形で誠意を見せてくれるのならば自分がレイセンとアルモスを説得する、と、アイリスは条件を突きつけますー。

皇妃が個人的に仕組んだこととはいえ、帝国の皇妃が嘘の情報を流したと知られればローヘンハイムが追い詰められてしまうところでした。

これは、レイセンとアルモスと良好な関係を築いてきたアイリスの手柄です。

アイリスは、帰りの道中、ロエンティ城に立ち寄りたい、と言いました。

自分の母親とオスカー大公が幼馴染だった、とロエンティ伯爵から聞いたアイリスは、大公と何かが絡み合っている気がしているのですー。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」109話感想

やはりアイリスのお手柄です。

無事に戦争は回避できましたが、ここへきて大公はどう絡んでくるのでしょうか。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」110話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍