漫画ネタバレ

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜113話ネタバレ!結ばれた2人

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜113話のネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

お祭りでイアンたちと合流したアイリスはみんなで大公のお城へと向かいます。

大公のお城で会った執事がアイリスをローズと、大公の祖母にも似ていると思ったと伝え、大公は益々出時が気になります。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」112話のネタバレはこちら

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜113話ネタバレ

お城に着いたアイリスは、考え事をしながら窓の外を眺めています。

後ろからイアンが慌ただしい1日だったから疲れてないか?とアイリスを気遣った声掛けをします。

アイリスはネラにさらわれたソフィのことを考えていました。

ソフィは数ヶ月全力で探しても見つかりません。

アイリスは悔しそうにまたしても敵の術中にハマったことを話します。

そして、自分の手を汚したくなくて、敵と自分は違うんだと思いたかったと気持ちを伝えます。

またしても?とイアンは先の言葉を聞き返します。

そこで、アイリスは何かを決意したような面持ちに変わり、伝えたいことがあるとイアンと向き合います。

そして、アイリスは自身が復讐のために未来からきたこと。

復讐の相手は元婚約者のハワード、リザ皇妃、そしてネラであることも伝えます。

蘇る前もソフィをネラに奪われたから、自分の手でネラを討ち、そして家門が没落するまであと10年であることも。

アイリスはイアンに選択を迫ります。

未来を一緒に変えるのか?それとも同じ未来を繰り返すのか?

それに対しイアンはやっと話してくれたと安堵の声を漏らします。

アイリスは驚きますが、イアンはアナキンから聞いたと伝えます。

そして、アイリスを見つめて初めて信用した人なのだから、今更なことを聞かないでくれと言います。

その言葉にアイリスは微笑みます。

アイリスはずっと1人で思い悩んできた…イアンは言葉を続けます。

会談が成功し、電気が通る。次は何をすればいいのかと尋ね、手を握ります。

アイリスはネラの前に、リザ皇妃を何とかしたいことを伝えます。

そのためには力が必要であること、そして皇后になりたいことを真っ直ぐな瞳でイアンに話します。

アイリスを見つめてイアンは元々皇位を取り戻すつもりだったが、大切なアイリスのために、そして復讐後の人生に考えてほしいと思いを募らせます。

そして、アイリスは皇后になりたいのは自分のためだと言います。

それには、日々の食事でいっぱいいっぱいの国民が多いこと、奴隷制度がある国があること、そしてソフィのような人たちが安心して暮らせる国にしたいという夢がありました。

復讐と夢を同時に叶える方法はそれしかない…だから、イアンの全てが欲しい。

頬に添えられた手に自身の手を重ねて答えます。

そんなアイリスにイアンは冗談っぽく皇帝になりたくないと言ったら他の男を選ぶかと聞きます。

その問いにクスリと笑い、お尻を叩いてでも皇帝になってもらうと答えます。

そして、示し合わせたかのように、手を握り、アイリスはありがとうと幸せそうに優しく口づけを交わします。

2日後にアイリスはウィンハイトを後にします。

アイリスを見送る大公は長い間馬車を見つめています。

大公が長い時間客人を見送ることは今までありませんでした。

変わったのか?と大公の妻は大公の背中を見つめます。

所変わって一行は陛下のお城に到着します。

陛下は会談をうまくまとめてくれたアイリスに溢れんばかりの感謝の言葉を述べます。

それに対し、アイリスは目をキラキラとさせて報酬を期待してもいいのか?と確認します。

陛下は大盤振る舞いで何でも言いなさいと気分よく答えます。

その言葉にアイリスはニヤリとします。

陛下はイアンの父親代わりと言っても過言じゃありません。

なので、その陛下にアイリスはイアンを自分のお婿に欲しいことを伝えます。

周りはアイリスの言葉にあんぐりとしています。

婿にほしいと言われた当の本人は頬を染めてアイリスにやってくださいと言っています。

その様子からどうやら本気のようだと感じます。

そんな2人と陛下を見て2人は恋仲だから早く認めてほしいと、周りも助太刀します。

そして、陛下は額に汗をかきながら、アイリスにやろうと2人の結婚を認めます。

アイリスもその言葉にお礼を述べますが、言いたかったことはそれだけじゃなかったようです。

そのもう1つのお願いはハワードグライフに騎士団長を任せるのは危険だから、下ろしてほしいというものでした。

今まではリザ皇妃との政戦を避けたいがためにハワードグライフに騎士団長を任せていました。

しかし、アイリスは国際情勢は安定しつつあるから、リザ皇妃をなだめる必要はないと言います。

そして、リザ皇妃に少しでも軍事権をにがらせないために、アイリスが騎士団長を推薦することを伝えます。

それに対し、グライフに張り合える力を持つ者かどうか確認します。

しかし、アイリスはそういう者ではないとクスリと笑います。

彼らは騎士で、権力ではなく実力のある者を指示するであろうから、アナキンを推薦すると言います。

数日後

イアンはアナキンにアイリスと結婚をすることを伝えました。

アナキンは大荒れです。

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜113話 感想

前から恋仲ではあったのですが、やっと本当の意味で2人が結ばれたような気がします。

未来から来ていること、分かっていたんですね。

そして、可愛い顔してアイリスなかなか男前ですね。

「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」114話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍