漫画ネタバレ

悪女の定義119話ネタバレ!助けに入った皇太子

「悪女の定義」119話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

皇宮の外のパーティに参加したシャルティアナは、皇太子と一緒に皇宮に戻ることにしました。

皇太子がヤキモチ妬きだという話をしながら馬車で帰っていると、皇太子が、飲毒事件がアイリーンの自作自演だと裏付ける証拠が見つかった、と言うのです。

アイリーンの寝室から毒と解毒剤が見つかり、アイリーンは意識が戻り次第尋問を受けることになります。

するとある日皇后が、自分をアイリーンの部屋に入れるように、と大騒ぎをしており、

仲裁に入ったシャルティアナは、皇后の怒りを買うことになってしまったのですー。

「悪女の定義」118話のネタバレはこちら

「悪女の定義」119話ネタバレ

アイリーンにとって不利な証拠が発見されると、レジーナ宮までやってきて大騒ぎをしている皇后。

捜査官達は困り果てて、このまま放っておけば捜査が妨害されるのは明らかでした。

レジーナ宮の主人であり、この飲毒事件の真相究明に多くのことを掛けているシャルティアナも大人しく黙っているわけにはいきません。

それで仲裁に入ったシャルティアナでしたが、皇后は今にも手を出しそうな雰囲気です。

普段から性格が良い訳ではなかったけれども、この日はいつにも増してひどい態度です。

それでもここで引き下がるわけにはいかないシャルティアナは皇后に、

諫言を行うことも忠臣の役割であると学んだ、と言います。

すると、頭に血が上った皇后は、ついに手を上げたのです!

シャルティアナは、まさかこんなにも早く手を出してくるとは思っていませんでしたが、仕方なく大人しく殴られる覚悟を決めました。

むしろ今の状況を終わらせるにはその方がいいかもしれない、と目を瞑ります。

殴られる音がしますが、シャルティアナにはなんの感覚も起こりません。

不思議に思って目を開けてみると、シャルティアナの前には皇后に頬を叩かれた皇太子が立ちはだかっていたのです。

驚く皇后に、何をしているのか、と問う皇太子。

自分に楯突くつもりか、と言う皇后に、ただ聞いただけだ、と皇太子は冷静です。

皇太子には関係のないことだ、

関係ないはずがない、

と皇后と皇太子の応酬は続きます。

そんな中、皇太子がシャルティアナに、怪我はないか、と声をかけると、皇后は、

色欲に惑わされることは愚かな君主への道だ、と叫びました。

それに対して皇太子は、

心配ない、惑わされたいのはやまやまだがシャルティアナが許してくれない、

シャルティアナは自分が誤った道へ進もうとすると誰よりも早くそれを正してくれる、

シャルティアナの諫言で自分も国法を守る皇族の役割を思い出したのではないか、

と返します。

今の皇太子の態度には帝国皇后に対する礼儀が感じられないがどういうつもりか、と言う皇后に、

こうやって権威だけを主張する姿を見ていると忠言を受け入れられない理由がわかる気がして息子として胸が痛む、と返す皇太子。

お互いに睨み合った末に、顔色が優れないようなので誰か皇后を寝殿へ連れて行くように、と皇太子が家臣達に命じます。

空気までが凍りついてしまいそうなほど張り詰めた空気の中で、誰もが杭を打たれたように動けずにいました。

結局、皇后の次女達が、このままでは身体に障るので一先ず自室へ戻ったほうが良いだろう、と進言し、

意外なことに皇后は素直にその言葉に従ったのでした。

皇太子の態度に大きなショックを受けている様です。

シャルティアナは皇太子に、腫れた頬は大丈夫なのか、と声を掛けます。

痛くはないか、とシャルティアナが問うと、皇太子は、痛くなさそうな声で、痛い、と言い、

シャルティアナに寄り添って、シャルティアナを抱き締めます。

シャルティアナはそんな皇太子を一先ず自室へ案内するのでしたー。

皇太子の顔を見て一様に驚くシャルティアナの侍女達。

そんな侍女達にシャルティアナは、冷たい水と手拭いを用意するように命じます。

頬を冷やしながら、驚いただろう、と言う皇太子。

シャルティアナが、殴られたのは皇太子なのに人の心配をしている場合ではない、と言うと、

皇太子は、自分はこんなことには慣れている、

殴られることに慣れているという意味ではなく、皇后は怒ると過激な行動に出るところがあるので、

自分にとっては驚く様なことではなかったのだ、と言うのです。

そんな皇太子にシャルティアナは、自分は大丈夫だから心配はいらない、

親だからといっていつも正しいとは限らない、

時には親によって傷つけられることもある、と返します。

その後皇太子は、自分が9歳の頃にカイロン公爵と皇帝の支持を失った時の皇后の接し方がひどく無常であったことを話しました。

記憶を思い起こすだけでも辛そうな皇太子を見て、シャルティアナは皇太子の手を握ります。

すると皇太子はシャルティアナの肩に自分の頭を預けてきました。

背の高い皇太子がシャルティアナの肩に頭を預けるのは楽な体勢とはとは思えませんでしたが、皇太子は長いことそのままの姿勢でいたのです。

シャルティアナは、静かに皇太子の背中を撫でるのでしたー。

「悪女の定義」119話感想

最高のタイミングで皇太子が助けに来てくれました。

シャルティアナと皇太子はより絆が深まった様ですので、2人で皇后にもアイリーンにも打ち勝って欲しいと思います!

「悪女の定義」120話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍