漫画ネタバレ

悪女の定義120話ネタバレ!遂に下ったアイリーンへの裁き

「悪女の定義」120話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

飲毒事件の自作自演の疑いをかけられたアイリーン。

アイリーンの部屋には誰も入ることができませんが、そのアイリーンを庇うために、皇后がアイリーンの部屋に自分を入れるように大騒ぎをしていました。

それを諌言したシャルティアナは、皇后に打たれそうになってしまいますが、皇太子がシャルティアナを庇ってくれたのです。

騒動の後、シャルティアナの自室へ移った皇太子は、幼い頃の自分と皇后の記憶を語り、酷く辛そうな様子なのでしたー。

「悪女の定義」119話のネタバレはこちら

「悪女の定義」120話ネタバレ

シャルティアナが皇太子を慰める時間を過ごしたせいなのか、それ以降、皇太子はまた頻繁にシャルティアナに会いにくるようになりました。

離れているときは通信具を使ってシャルティアナに連絡をしてきます。

元々は離れていてもシャルティアナと連絡が取れるようにシャルティアナに渡した通信具でしたが、

アイリーンの飲毒事件で使う機会がありませんでした。

アイリーンは少しずつ目覚めることができるほどに容体が回復してきて、ようやく事件解決の目処が立ったので、

皇太子も、雑談が交わせるほどには余裕が生まれたようでした。

シャルティアナも、以前とは違って十分に優しく正直な皇太子との会話を楽しく感じています。

ある日、シャルティアナは仕事中にうたた寝をしてしまい、侍女に声をかけられて目を覚まします。

通信具による皇太子との会話で寝るのが遅くなってしまったのでした。

海務省に行く前に全ての書類を読んでおかなければいけないのにも関わらず、シャルティアナの眠気は取れません。

そこで、侍女に眠気覚ましのお茶を用意してもらうことにしましたが、そこへ皇太子がやってきました。

2人でお茶を飲むことにします。

誰かと夜遅くまで話をしていたせいで寝不足なのだ、とシャルティアナが言うと、

奇遇にも自分も眠くて仕事に集中できなかったところだ、と言う皇太子。

皇太子はとぼけるつもりのようです。

皇太子は、お茶を飲み終わったら散歩でもしよう、とシャルティアナを誘いますが、

書類を読み終わっていないシャルティアナは迷ってしまいます。

そんなシャルティアナの返答を聞いた皇太子は、

それなら仕方がない、と言いつつも、その残念がる様子は、まるで構ってもらえない子犬のようです。

なんだか放って置けない気分になったシャルティアナは、書類は後で確認しても問題ないので散歩へ行く、と言い出します。

少しくらい大丈夫だろう、とたかをくくったようです。

散歩へ行く、と侍女に告げるシャルティアナ。

了承しつつも、書類を読まないといけないと言っていたはずだ、と侍女は心配そうです。

皇太子とシャルティアナが表へ出たところで、シャリアン卿に出会いました。

シャルティアナに話があってレジーナ宮へ訪問したのだが、2人でどこかへ行くのか、

今日は、シャルティアナは書類の検討以外のスケジュールはないと聞いている、

皇太子も今は業務を行う時間ではないのか、

2人とも少し中で話をさせて欲しい、と

シャリアン卿は厳しい口調です。

大人しくシャリアン卿に付いて中へ戻るシャルティアナと皇太子。

その様子を見た侍女は、やはり、と呆れた様子です。

シャルティアナの自室についたシャリアン卿は、

前から言わなければいけないと思っていたことである、

このところ宮内が騒がしく、色々と忙しないのも事実だが、受け持った仕事には責任を持たねばならない、

書類の検討を行わなければならない時間に外出とは一体どうなっているのか、

とシャルティアナを正します。

そこで皇太子が、自分が散歩に誘ったのだからあまりシャルティアナを叱らないでほしい、と言うと、

皇太子も最近は業務が遅れがちだと聞いている、

もう少し責任感のある姿を見せるべきだ、

能力があるにも関わらず怠けると言うのはよくないことだ、

臣下として諌言した、気を悪くしないで欲しい、と述べたシャリアン卿。

皇太子は、シャリアン卿の言う通りだ、と言い、

シャルティアナも、自分も仕事を疎かにしていたのは事実だ、と素直に受け入れます。

わかってもらえて嬉しい、それでは、仕事をするように、と締めくくったシャリアン卿はとても厳しい表情なのでしたー。

一方で、起き上がることができるようになったアイリーンは、侍女から尋問される事実を聞かされます。

アイリーンは、自分は毒殺されそうになった被害者だというのに何故尋問を受けなければならないのか、と言います。

すると侍女は、

既にこの部屋から毒と解毒剤が発見されている、

そこまでする必要があったのか、

自分はただ任された仕事を忠実に遂行しただけなのにこのような不名誉を被ることになった、

とは言え、今はアイリーンのことが心配で、

このように自分の首を絞めるようなことは二度としないでほしい、

自分は純粋に助言をしたいだけなのだ、と

アイリーンに訴えます。

それに対してアイリーンは、自分はやっていない、とあくまでも否定するのでしたー。

尋問が始まり、アイリーンは粘り強く犯行を否定し続けた挙句、最後は毒と解毒剤を飲んだことを認めました。

それでも、他の意図があったことは認めませんでした。

結局アイリーンは、自殺未遂を隠したことにより皇室欺瞞罪という判決が下され、レジーナ資格を剥奪されて宮から追い出されました。

その上、ステナ伯爵家は爵位を失い、領地と財産を没収、帝都からも追放されたのです。

予想していた結末だったものの、もう皇宮にアイリーンがいないという事実に、シャルティアナは妙な気分になるのでしたー。

「悪女の定義」120話感想

ついにアイリーンが皇宮から追い出されました!

でも、皇后や支持者達の様子がわからないことや、アイリーンの性格を考えると、このままハッピーエンドへ向かうこともなさそうな気が。。。

シャルティアナはこのまま無事に皇后の座につけるのでしょうか?!

「悪女の定義」121話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍