漫画ネタバレ

悪女の定義121話ネタバレ!シャルティアナ、唯一の皇后候補への躍進

「悪女の定義」121話についてネタバレをまとめました。

悪女の定義の最新話を無料で読む方法は?

悪女の定義の最新話はアプリ「ピッコマ」で読むことが出来ます!

待てば無料機能を使って、悪女の定義の最新話をぜひ読んでみて下さい!

悪女の定義の最新話を読む

[前回のあらすじ]

以前にも増してシャルティアナに会いに来るようになった皇太子。

夜は通信具で遅くまで連絡を取り合っています。

おかげで寝不足気味のシャルティアナ。

そこへまた皇太子がやって来ましたが、偶然にもシャリアン卿もシャルティアナの元へやって来たのです。

アイリーンの一件もあって本来の仕事が後手後手になってしまっていたシャルティアナと皇太子は、

シャリアン卿からやるべき仕事は全うするように、と叱られてしましました。

一方のアイリーンは尋問を受け、ついに宮を出ていくことになったのですー。

悪女の定義」120話のネタバレはこちら

「悪女の定義」121話ネタバレ

アイリーンの自室では、侍女達が慌ただしく荷造りをしています。

当のアイリーンは部屋の真ん中で椅子に座ってぼーっとしたままです。

すると侍女長が、ここでそうしていても何も変わらない、荷物は別で送るので出発をするように、とアイリーンを促します。

アイリーンが、このまま諦めるなんてできない、どうして自分だけがこんなことになってしまったのか、とつぶやいていると、

そこへ皇太子がやって来ました。

それを聞いたアイリーンは、皇太子が来てくれた、追放令を撤回してくれるかもしれない、と言い出すのです。

それに対して皇太子は、

そんなことはあり得ない、

自分は忠告をしに来ただけだ、

命まで失いたくなければ今後は問題など起こさずに大人しく過ごすように、

とアイリーンへ伝えます。

しかしアイリーンは、

こんなのはあんまりだ、

自分にこんな仕打ちをしてどうなるかわかっているのか、

と皇太子へ食って掛かるのです。

まだ自分を脅迫するつもりなのか、そんなことはもう不可能だ、と冷静に取り合う皇太子。

アイリーンは自分の荷物から映像具を取り出し、もう一度作動させようとしますが、どうしても電源が入りません。

皇太子はその映像具をアイリーンから奪い取り、宮から消えるように言い放つのでした。

どうやら皇太子はこの映像具を探しに来たようでしたー。

シャルティアナが外を見ていると、アイリーンが外を歩いています。

どうやら罪人であるアイリーンは、宮内で馬車に乗る資格を失ってしまったようです。

その時シャルティアナの侍女達が、おめでとうございます、と言って、揃って頭を下げました。

その様子に驚くシャルティアナに侍女は、これでシャルティアナが唯一のレジーナになった、と言ってくれました。

アイリーンが追放されたことで、シャルティアナが唯一のレジーナであり、もっとも有力な皇后候補となったのです。

その後に予定されていたレジーナ同士の競合も自然消滅となります。

危険を除こうとしていただけのことがここまでの結果になるとは、シャルティアナも思っていませんでした。

すると侍女がシャルティアナに、こんな日は、外で散策を楽しんでみてはどうか、と提案してきます。

侍女は、こういう時は周りに見せつける必要がある、と言いたかったのです。

提案の通りにすることにしたシャルティアナ。

侍女達は、入浴、スキンマッサージ、華やかなドレスと、普段よりの熱心に準備をしてくれました。

宮内の雰囲気は以前と変わっており、出会う人々が皆んなシャルティアナに対して恭しく頭を下げ、

単なるおべっかではない、時期皇后に対する礼遇を見せたのでした。

シャルティアナが手応えを感じていたその時、反対側から皇后が歩いてきます。

あまりにも予想外のことでしたが、もう避けることはできません。

シャルティアナは覚悟を決めて皇后に挨拶をしました。

すると皇后は、シャルティアナは顔色が良いようだが、傷んでいた歯が抜け落ちでもしたのか、と嫌味を投げ掛けてきます。

それに対してシャルティアナは、アイリーンなど自分の敵ではなかったのだ、という意味を込めて、

歯が痛んだことなど一度もない、と言い返します。

すると皇后は、

シャルティアナには謙遜を知るように、と言ったはずだ、

随分と美しく着飾っていて、皇太子が惚れ込んでしまうのも無理はない、

しかしいつか花は枯れるもの、

その綺麗な顔が萎れた時のことも考えておいた方が良い、

と喧嘩腰です。

それに対してシャルティアナも、

皇太子は見かけに惑わされるような人間ではない、

そのように言うことは皇太子に失礼ではないか、と言い返しました。

随分偉そうだがシャルティアナに何がわかるというのか、

たまたま運が良かったからといって思い上がるべきではない、

これは自分からの忠告だ、と言う皇后。

もはや皇后は取り繕うつもりは微塵もないようだ、と思い至ったシャルティアナは、

運が良かったのではない、

全て自分の実力である、

機会や流れを引き寄せたのは自分の選択と行動の結果だ、

皇后は自分に敗北したのだ

と言い放ちました。

するとそこへカイラードが現れます。

カイラードが、2人で何をしていたのか、と問いかけると、皇后は、

シャルティアナと偶然出会ったので挨拶をしていたのだ、と白々しく説明します。

ようやくいなくなった皇后。

皇后がいなくなると、大丈夫か、とシャルティアナを気遣ってくれるカイラード。

そして、予想していたことですが、カイラードは一緒に散歩でもしないか、とシャルティアナを誘います。

カイラードから狩猟祭の戦利品を受け取った時も連絡をできずにいたシャルティアナは、

カイラードの誘いを受けて、散歩をすることにしましたー。

 

悪女の定義の最新話はアプリ「ピッコマ」で読むことが出来ます!

待てば無料機能を使って、悪女の定義の最新話をぜひ読んでみて下さい!

悪女の定義の最新話を読む

「悪女の定義」121話感想

実際にアイリーンが宮から追放され、なんと唯一の皇后候補に躍り出たシャルティアナ。

でもなんだか、まだ皇后が何やら嫌がらせをして来そうです。

シャルティアナの苦労はまだまだ続くのでしょうか。。。

「悪女の定義」122話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍