漫画ネタバレ

悪女の定義135話ネタバレ!カイラードの切ない愛の告白

「悪女の定義」135話についてネタバレをまとめました。

悪女の定義を無料で読める方法を徹底調査しました!

悪女の定義を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「悪女の定義」を無料で読む方法を調査しました。 悪女の定義が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況...

[前回のあらすじ]

遅れて進水式へと参加したシャルティアナとレオ。

皇帝陛下に挨拶したところ、皇帝は、自分は全く気にしていない、むしろ、2人が仲睦まじくしている方が嬉しい、と言って、2人に理解を示してくれました。

それに一安心のシャルティアナ。

次はシャルティアナの両親に挨拶へ行きます。

すると、レオにシャルティアナを取られた、と嫉妬している父とレオとのシャルティアナの取り合いが始まりました。

そんな2人をよそにシャルティアナは母との抱擁を楽しみ、パーティが本格的に始まります。

歓談、ダンスタイムを楽しんでいると、シャルティアナの視界にカイラードが入ります。

シャルティアナの心配とは裏腹に、カイラードはシャルティアナに接触することはなく、帰る際にも軽く挨拶をするのみでした。

今までとの態度の違いに、シャルティアナは、カイラードが自分を諦めてくれた、と淡い期待を抱き始めます。

その夜は、海務省でささやかなパーティがありました。

重要な任務を終えた後はこうするのが帝国官僚の習慣のようで、お酒も少し強めです。

結果、シャルティアナは二日酔いと記憶喪失に見舞われ、コンディションは最悪です。

しかし、カイラードに馬を見せてもらう約束をしているシャルティアナは準備しなければなりません。

シャルティアナは困り果ててしまいますー。

「悪女の定義」134話のネタバレはこちら

「悪女の定義」135話ネタバレ

今日は、二日酔いでコンディションは最悪ですが、カイラードとの約束があります。

病人のような状態でベッドからでるシャルティアナ。

シャルティアナは、皇后になったらお酒は全て禁止にする、などと言いながら、バスルームへと向かいます。

なんとか身支度を整えたものの、体調は相変わらずです。

対するカイラードは時間ぴったりに到着し、お茶を飲みながら馬についての話を始めました。

しかし、今馬に乗ったりしたらとんでもないことになりそうなシャルティアナ。

そこでシャルティアナは、申し訳ないのだが、今日は少し体調がすぐれないので、

馬を見にいくのは次の機会にしても構わないか、と申し出てみました。

カイラードは、シャルティアナの健康が一番なのだからもちろんだ、と言ってくれました。

カイラードは、シャルティアナの礼儀を書いた振る舞いにもいつも優しく接してくれます。

これからは本当に気をつけよう、とシャルティアナが自重していると、カイラードが、もしかして自分のことを避けているのか、と言い出しました。

それを聞いたシャルティアナは、一瞬、表情を取り繕うことを忘れてしまいます。

シャルティアナは、カイラードは既に気持ちの整理をつけていたと思っていたのですが、そうではなかったようです。

そしてカイラードの方は、シャルティアナの反応を見て、その答えを察している様子です。

その通りだ、いつからかカイラードが自分に対して特別な感情を持ってくれているように感じていた、

でも自分はその気持ちに応えることができないために距離を置いた、もしも自分の誤解だったのならば謝る、と言ったシャルティアナ。

カイラードは、自分は今まで、自分が何を望んでいるのか考えたことがなかった、皇太子を守る立場にも不満を感じることなく生きてきた、

与えられた場所で役割を全うすることが許された全てであり、性分にも合っていた、しかしシャルティアナと出会って全てが変わり、

シャルティアナの特別な存在になれるならばなんでもできそうな気がした、この気持ちを無理矢理押さえつけようとしても、頭で考えるほど上手くはいかなかった、

自分に機会をもらえないだろうか、と言いました。

そんなカイラードの告白に応えられないことは心苦しくはありましたが、シャルティアナは、はっきりと言ってくれたことはよかったことだと感じます。

シャルティアナは、そうすることができないのはカイラードもよくわかっているだろう、自分も望んではいない、

自分は、レオがレオであるからこそ愛している、他の誰にも代えられない、と、自分の気持ちを伝えました。

するとカイラードは突然ひざまづき、この命を捧げても未来の皇帝陛下と皇后陛下を守っていく、と誓いを立てました。

その言葉に慌てる様子のシャルティアナ。

カイラードは、これは誓いを立てる時の常套句だが、自分の心からの言葉でもある、

これからは、変わることのない忠誠心でシャルティアナに接していく、と言ってくれました。

それからシャルティアナとカイラードは座って談笑を交わし、他愛のない内容の会話で、

シャルティアナは久しぶりに落ち着いた気持ちでカイラードと会話することができたのです。

後は時間が解決してくれるだろう、と思っていたところで、話が武闘大会についてへと変わっていきました。

するとカイラードは、自分のために房飾りを作って欲しい、と申し出ます。

シャルティアナが考えているような意図はなく、シャルティアナとの縁の証としてつけておきたいのだ、と言うカイラード。

シャルティアナは、カイラードは自分との縁を過去のものにする準備をしているのだ、と思いつつ、

思い出の品などないほうがいいだろう、とあれこれ悩んだ結果、その申し出を受け入れることにしました。

カイラードの傷心を慰める助けになればいい、と思いつつ、作らなければならない房飾りが一つ増えてしまったことが心配なのでしたー。

悪女の定義を無料で読める方法を徹底調査しました!

悪女の定義を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「悪女の定義」を無料で読む方法を調査しました。 悪女の定義が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況...

「悪女の定義」135話感想

カイラードはとても優しい紳士でした。

生まれた順番だけで自分が求めたものを何もせずに諦めざるを得ないというのは、切ないです。

その分、精一杯剣士として大活躍して欲しいです!

「悪女の定義」136話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍