漫画最終回ネタバレ

悪魔で候41話【最終回】ネタバレ!感動のフィナーレ!2人の揺るがない絆。

別冊マーガレット掲載「悪魔で候」最終話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

1巻あらすじ

主人公の斉藤茅乃は17歳。

ずっと大好だった上条くんに思い切ってラブレターを渡した…はずが人違いをしてしまいます。

しかもそれが学園のスーパー問題児・江戸川猛だったから、さぁ大変・・・!

ラブレターをとられ、返してほしいと懇願する茅乃ですがなかなか返してもらえず、下僕扱いをされる茅乃。

そんな中ラブレターが黒板に張り出されてしまい、犯人が猛だと思った茅乃は猛をビンタします。

その後、ラブレターが迷惑じゃなかったとフォローしてくれる上条君と良い感じになる茅乃ですが、ちょっかいを出してくる猛に強引にキスされてしまいます。

そんな中、母子家庭の茅乃の母親が再婚すると決まり喜ぶ茅乃ですが、なんと再婚相手の連れ子として紹介されたのはあの猛・・・!

波乱万丈な生活が幕を開けるのでした・・・!!

2巻あらすじ

猛の幼馴染・諸星リカからの異常な敵意と策略にはまり、想いがすれ違ってしまった茅乃と猛。

猛への強い想い故に歪むリカの愛情…。

猛にどうにか茅乃を諦めさせようとするリカは、自分の思い通りにならないからムキになっているだけだと諭します。

そして「あのコは・・・猛を捨てた母親じゃないわよ」と言い猛を激怒させてしまいます。

猛が去った後、同じく猛とリカの幼馴染である魚住陽平がリカの元へやってきます。

どうしたって自分に振り向いてくれない猛に涙をするリカを見て、リカにまっすぐな恋心を抱く陽平は、リカの願いを叶えてあげると茅乃の下へ向かい茅乃を襲おうとします。

「消えてよ 茅乃ちゃん」

その頃体育館では陽平が早まった行動を起こすかもしれないと心配になったリカが猛にそのことを伝えます。

茅乃に傘を振りかざそうとする陽平。

寸でのところで助けに入る猛と取っ組み合いの喧嘩になる陽平ですが、その後茅乃が2人に水をぶっかけて止めます。

その後、陽平はリカに、猛は茅乃に付き添われ着替えに行きます。

寒空の中、冷え切ったからだを思わず抱きしめる茅乃。

そして2人の距離は徐々に縮まっていくのでした。

3巻あらすじ

謎の美少年・園川譲登場。

校内で茅乃に接近してきますが、実は学校の生徒ではなく・・・!?

詳しすぎる内情、異常な程の執着……そして、猛に向けられた強い憎悪。

実は猛の2つ年下の弟なのでした。

彼は幼い頃から病弱で母親が付きっきりだったため、母の愛情を欲した猛に階段から突き落とされ、怪我を負ったのでした。

両親の離婚後は母親に引き取られ、中学校では、誰も手を付けられないほど荒れていたのでした。

「あの」江戸川猛の弟だと信じてもらえず、いじめられ、不登校が多くなった譲。

しかし話をすることで徐々に和解していくのでした。

4巻あらすじ

新学期を迎えます。

茅乃の初恋の人・藤田慎之介が教師として赴任してきました。

中学教師だった茅乃の父の教え子だった慎之介との久しぶりの再会を喜ぶ茅乃だが、何やら猛はご機嫌ナナメです。

一方、猛にも縁談の話が舞い込んできます。

お見合い相手の名前は西園寺留美。

猛に冷たくあしらわれますが、茅乃に慰められ通っていたお嬢様学校から猛の学校に転入してきます。

一難去ってまた一難、またもや嵐が吹き荒れるのでした。

5巻あらすじ

猛が好き、傍にいたい・・・

その想いが、周囲の人を傷つけてしまうという現実に、苦しみ悩む茅乃。

一方、猛には好きな人がいるということに気付いた留美は身を引く事を決め縁談の断りの連絡が入ります。

猛に好きな人がいるって気づいたからだと、自責の念に駆られる茅乃。

友人にも、思い通りになって良かったじゃんと言われますが、

モヤモヤが晴れずホントにこれで良かったの?と自分に問いかける茅乃。

自分を守るために誰かを傷つけていくということに耐えられなくなるのでした。

そして、家庭の崩壊を、母の幸せを壊したくない茅乃の気持ちを汲んだ猛は、茅乃の母に2人の関係を告白する決意をします。

6巻あらすじ

2人の関係に気付きはじめた母に、付き合っているという事実を告げた、猛と茅乃。

しかし予想通り、時間が欲しいと距離を置かれてしまいます。

「時子さんこれだけ聞いて。茅乃は何度もオレといるのをためらった。

迷いながらいつもあんたのことを考えてたんだ」

と言い残すのでした。

そして納得してもらえるまで何度でも話をしようと慰めあう二人ですが・・・

7巻あらすじ

一緒にフランスへ…という猛の母親の誘いを断わりながらも、猛は戸惑っていました。

猛が迷っていることに不安を感じた茅乃は、受験勉強に集中できず・・・

そして猛は1つの決断をします。

「悪魔で候」41話【最終回】ネタバレ

猛はイタリアに行くことを決意します。

そしてようやく結ばれることができた2人。

ホテルに泊まった2人ですが、茅乃は母親に電話するのを忘れていて・・・

ハルに、ハルんちに泊まったことにしてもらえると嬉しいんだけど・・・っていうかすでにママにもそう言っちゃって・・・という茅乃。

そしてハルたち友人にも猛がイタリアに行くことと、信じて待っていると決意を伝えるのでした。

今は自分にできることをするだけと、勉学に励むことにした茅乃。

家では、こないだからママの事避けてると突っ込まれ

「やーよ?ママこの歳でおばあちゃんになったりするの」と言われ

“バレてる・・・”と悟るのでした・・・!笑

その後、友人たちと空港で猛を見送る茅乃。

「いつかきっと迎えにくるよ・・・」という猛に、

「好きだよ、世界一・・・っ!」と伝え笑顔で去っていく猛なのでした。

それから5年が経ち・・・

茅乃は無事第一志望だった大学を卒業し保育所に勤めています。

猛は結局イタリアの大学へ進学し、休みになると日本に帰ってくる生活をしていました。

お給料の半分は電話代だった茅乃。

そして

「ママ!光どこいった?」と母親に聞く茅乃。

その辺にいない?と料理をしながら返す母。

その時、机の下に隠れていた光は茅乃に見つかりそのまま玄関まで逃げていきます。

そして外に逃げると、人にぶつかります。

「また悪さしたのかよ光」と光の頭をなでていたのは猛。

早めのサプライズ帰国にびっくりする茅乃は、おかえりといい猛に抱きつくのでした。

「悪魔で候」最終回感想

波乱万丈だった茅乃の恋。

遠距離恋愛になっても2人の絆は繋がっていたのですね!

この後、エピローグ回で2人の結婚のシーンが待っています。

感動のフィナーレ、

揺るぎない絆が芽生える完結巻。

是非一度読んでみてくださいね!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍