漫画最終回ネタバレ

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました12話【最終回】ネタバレ!

コミック全3巻で完結した「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」についてネタバレをまとめました。

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみましたを無料で読む方法【完結作品】

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみましたを無料で読む方法【完結作品】全3巻で完結した「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」を無料で読む方法まとめました。 ↓↓「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみま...

前回までのあらすじ

婚約者である皇太子から婚約を破棄された瞬間前世の記憶を取り戻した悪役令嬢アイリーンは、このままでは自分は破滅することに気が付きます。

前世で遊んでいた乙女ゲームの世界に自分が転生していることに気がついたアイリーンは、ラスボスキャラだった男、クロードと結婚すると宣言しました!

魔族の王となっているクロードと、魔族の地位を少しずつ向上させていっていたアイリーンでしたが、そこに聖剣の乙女である恋敵リリアがあらわれます・・・!

彼女と皇太子は共謀してアイリーンを誘拐すると、皇太子の妾にするために彼女をはらませようとして・・・!?

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました最終回のネタバレ

クロードは怒り狂い、魔力の制御もできずに弟を吹き飛ばし殺そうとします。

怒りのあまり、彼の体には鱗が生え始め、手袋はやぶけ鋭い爪と鱗が浮かび上がり始めていました・・・

魔王の覚醒イベントがはじまってしまったのです!

未だ縛られたままのアイリーンは何故クロードが怒っているのか理解ができずにいましたが、ようやくそこで理解します・・・!

(まさか、私のことを!?)

その頃崩壊した塔へと駆けつけたリリアは、今にも魔王となろうとしているクロードにむかって聖剣をむけました・・・

竜として覚醒した魔王を聖剣で退治すればリリアの聖女の地位は確立され、彼女こそが皇妃に相応しいと貴族連中も認めるでしょう。

(こんなことを狙っていたの・・・!?)

アーモンドに頼んで手枷をはずしてもらったアイリーンは、慌ててクロードの元へと駆けつけましたが・・・!

「見 ル な・・・!」

クロードは自分が変貌しようとしている状態をアイリーンに見られたことに絶望して、ついに竜へと変化してしまったのです!

すかさずそこにやってきたのはリリアで、彼女はわざとらしく悲しい表情をしながら聖剣をかまえました。

「あなたの悲しみは私が止めてあげるから」

彼女はそう言うとクロードを殺そうと走り出しましたが・・・!

リリアが突き刺したのはクロードではなくアイリーンだったのです!

魔物にしか効かないという聖剣でしたが、アイリーンもまた聖女の血を引く一族の末裔です。

アイリーンは苦しげな表情をしながらも、リリアを睨みつけ、腹深くに突き刺さっていく聖剣を掴みました。

聖剣は人間に対して殺傷力はありませんが、アイリーンの体へと吸い込まれていきます。

「聖剣が人間に刺さったらどうなるのかしら、聖剣の乙女の血を引く女に聖剣をさすなんて、聖女失格だと思いません?」

涼しい顔でそう言ってのけたあと、アイリーンは聖剣を自分の体に突き刺していきます!

聖剣の乙女は聖剣の力を秘めしもの・・・

真に聖女足らんとする者にこそ相応しい力であるその剣は・・・

ついにリリアの手をはなれ、アイリーンの体の中へと完全に入りきったのでした!

怯えるリリアをよそに、アイリーンは悪役令嬢らしい笑いを浮かべ、そして痛みを我慢しながらクロードの元へと向かいます。

龍の姿となったクロードは、呆然と目を見開きアイリーンを見つめていました。

そのクロードへと這いずりながら近寄るアイリーンは、ほほえみながら彼に語りかけます。

「その姿もかっこいいですけど、夫婦生活に困りません?わたくしが好きならどうか戻ってきて、愛しい人・・・」

アイリーンの愛が通じ、落ち着きを取り戻したクロードはハラハラとその鱗がはがれていき、無事に元の人の姿へと戻ります。

・・・騒動からしばらくして、王国の宣誓を行う宣誓台の前にはクロードとアイリーンの姿がありました。

背後には大勢の貴族や、そしてリリアたちの姿も・・・

アイリーンの父親は台の上にたち、皇帝代理として宣誓を行います。

「クロード、あなたを皇太子として認め、アイリーンをクロード皇太子の皇妃とすることを命じる」

2人はその命令を謹んで受け取り、場内は大盛りあがりです。

アイリーンは背後にいたリリアたちを見つけるとニヤリと微笑み、クロードの家臣として励むようにといい、リリアたちは悔しそうに歯噛みするのでした。

こうして元の日常に戻ったアイリーンたちは、相変わらず商売を行いながら魔王城の改修工事に勤しんでいます。

魔物たちに読み書きも覚えさせたりと、アイリーンのしごとは大忙しです。

そんな中、アイリーンはよくクロードは皇太子候補となることを認めたな・・・と考えるのでした。

・・・時は少し戻り、アイリーンが竜となったクロードを戻した後のこと・・・

気を失ったアイリーンを自宅へと送り届けたクロードは、彼女の父親と話をしていました。

皇位に興味がないというクロードに対して、父親はいいます。

「アイリーンは皇妃となるべく教育された娘・・・だからこそ、アイリーンを嫁にやるのは皇帝だけにと決めているのです」

それを聞いたクロードは顔色一つかえずこういいました。

「では皇帝となろうか」

アイリーンは眠ってはいましたが、その時の会話は微妙に覚えていたため、それを思い出し顔を赤く染めました・・・

そして、クロードのいる執務室へと入ると仕事の話を始めたのですが・・・

クロードは以前とは違い堂々とアイリーンを恥ずかしがらせるように愛するようになっていました!

自分の膝の上へと彼女を座らせると、彼とアイリーンは笑い合いながら抱き合います・・・!

未だクロードが皇帝となる道は前途多難ではありますが、その話はまた別の物語で語られるでしょう・・・

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみましたを無料で読む方法【完結作品】

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみましたを無料で読む方法【完結作品】全3巻で完結した「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」を無料で読む方法まとめました。 ↓↓「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみま...

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました最終回の感想

堂々の最終回!感動のフィナーレでしたね!

リリアたちのざまあ!展開にはやったー!とバンザイして喜んでしまいました~!

クロードとアイリーンが末永く幸せに暮らしてほしいものですが・・・原作である小説のほうではこの後続編がスタートしています!

こちらも続編がでるのが楽しみですね!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍