漫画ネタバレ

青のオーケストラ62話ネタバレ!合唱で佐伯が頭角を現す・・・?

裏少年サンデーコミックスの「青のオーケストラ」62話についてネタバレをまとめました。

青のオーケストラを無料で読める方法はこんなにあります!

青のオーケストラの最新刊9巻を無料で読める方法はこんなにあります!裏サンデーで連載中の「青のオーケストラ」最新刊9巻を無料で読む方法をまとめました。 青のオーケストラを無料で読むならコミック.jp...

登録無料漫画アプリ「マンガワン」でも連載中です!

今すぐダウンロードして覗いてみてください!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信
マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

【前回のあらすじ】

秋音にキスされてから3日が経つのですが、秋音は普段と変わらない様子で

本当にあれはただのお礼だったのだろうか・・・?とハジメの頭の中はモヤモヤ。

何か1つの事を考えると、他の物事が手につかなくなるハジメ。今は定期試験に向けて勉強だ!と

気持ちを切り替えようとしますが、そんな時に限って秋音と小桜と鉢合わせに。

秋音の事を何も知らない小桜は、テスト勉強の協力をしたいと申し出しますが

秋音は「ハルが教えてくれるなら私はもういいよね?」と、やはり普段通りの調子。

が、意を決し自分からクラスで秋音に勉強を教えてもらえないかと声をかけます。

実はあの後、どうしていいかわからなかったのは秋音もです。

むしろ自分の恋心を実感する契機となりますますパニックに。

しかし避けるのも変だとし普段通りに接した結果、それはハジメを混乱させる事になっていたのでした。

テスト終了後、ハジメは小桜が教えてくれた所はできたと言うと、それに対し複雑な気持ちになる秋音。

それぞれの想いを胸の内に閉じ込めたまま、吹奏楽部では合同クリスマスパーティーに向けての準備が始まります。

青のオーケストラ61話ネタバレはこちら

青のオーケストラ62話ネタバレ

合唱部との合同で、しかも教会での発表を行うという、普段とは異なる趣向となる今回のクリスマスパーティー。

合唱部との合同練習が始まって3日となったこの日は、各自パートに分かれて取り組みます。

ハジメのパートはテノールですが、パートリーダーからは、もう少し声を出すようにと言われてみたりなかなか上手くいきません。

が、そんな時、合唱部顧問の「瀬能」は「自分の身体を楽器だと思えばいいのよ!歌もオーケストラと同じ!

特に呼吸器官なんかはヴァイオリンの弓の役割をしてるのよ?」と明るく励まします。

そんなハジメの様子を見た佐伯は・・・ハジメが演奏じゃないから手を抜いているのでは?かっこ悪いとぼそり。その言葉で火が付くハジメです。

 

・・・一方で女子は、特に小桜のソプラノが声質がいいけれどもう少し声量が欲しいと言われていました。

こちらはこちらでなかなか上手くいかないのを感じています。しかし立花はかなりいい感じのよう。

アドバイスを求めてみると、立花の言い方はやはり棘がありますが的確。2人で練習しているうちに立花の方が先に音を外し

失敗したってどうって事ないのだと小桜に言ってみせます。それが、小桜には嬉しく感じられるのでした。

小桜がふと男子側に目をやると、一段といい声を響かせているのが佐伯と山田。

さっき佐伯に言われた事を根に持つハジメですが、あまりの上手さに何も言い返すことができません。

何より、楽しんでやっている感が側からみても伝わってくるのが、心地よいのです。

その雰囲気に他の合唱部員たちも触発された様子。そして一層練習に熱が入る様子を見て両顧問たちはニンマリするのでした。

しかし「・・・特に佐伯は仲間に対して遠慮する癖がある生徒ですから・・・あいつ自身にももっと成長してもらわないと」と。

その言葉に何か含みを感じる合唱部顧問。そして「・・・来年は色々あるので」と付け加えるのでした。

 

佐伯・山田・ハジメ・小桜・秋音のメンバーでの帰り道。やはり話題となるのは、山田と佐伯の歌の上手さ。

秋音も小桜も絶賛しており、なんだか悔しい気持ちがするハジメです。しかもそこにわざわざ合唱部部長の

女の子が息を切らせて走ってきて、佐伯に、今日の歌がとってもよかったと興奮気味に伝えるのです。

これは恋のフラグ・・・?と思いきや、単純に佐伯の実力に合唱部部長として悔しさを感じたという純粋な想いを伝えにきたよう。

ハジメは、やはり合唱部の目から見ても上手いのか・・・と1人悶々としますが、実際に絶賛された佐伯本人は

「・・・そんなに褒めらえるほどかなぁ?」と控えめです。その妙な謙虚さがなんだかムカつくハジメは

佐伯に直接、お前のそういうところが嫌いだ!と宣言します。「お前のその無自覚さのせいで・・・

なんかこっちが惨めな気分になるんだよ!!」と言うハジメ。しかし、佐伯は全くピンときていない様子。

山田は、なんとなくハジメの気持ちは分かると言いい、ハジメの気持ちを「要するにめちゃくちゃ悔しい」と訳します。

が、これを聞いても佐伯「・・・恥ずかしがって声も出せないような人に言われたくないよ。」と淡々とした姿勢を崩さず!

ますます意地になるハジメは、明日の演奏では負けない!!と宣戦布告するのでした。

青のオーケストラを無料で読める方法はこんなにあります!

青のオーケストラの最新刊9巻を無料で読める方法はこんなにあります!裏サンデーで連載中の「青のオーケストラ」最新刊9巻を無料で読む方法をまとめました。 青のオーケストラを無料で読むならコミック.jp...

登録無料漫画アプリ「マンガワン」でも連載中です!

今すぐダウンロードして覗いてみてください!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信
マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

青のオーケストラ62話感想

吹奏楽の演奏以外のところで奮闘する部員たちの様子、なんだか新鮮ですね。

そして今回は佐伯にスポットライトが当たっていること、キーマンとなること、それは顧問の話からも明らかです。

今度どのような展開になっていくのか?この次も楽しみですね!

青のオーケストラ63話ネタバレはこちら

 

 

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍