漫画ネタバレ

アルキメデスの大戦277話ネタバレ!大日本帝国の最新兵器!

2021年8月16日発売の週刊ヤングマガジン38号掲載の【アルキメデスの大戦】についてまとめました。

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!5月6日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊24巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック.j...

【前回のあらすじ】

大本営には陸軍大臣の東條英機がいたが、巧みな説明でなんとかハワイ作戦の承認を得ることが出来た。

海軍大臣の及川は酒でも飲まないかと誘うも櫂はそれを拒否。

明日は柱島に停泊中の連合艦隊に帰還し、本件を早々に山本に報告しなければならない。

またハワイ計画には魚雷の改良·電波機器の実用化·暗号の改良など問題が山積み。

皇紀2600年記念を理由とした、桑野の恩赦も検討してもらわなければならない。

柱島、連合艦隊

帰還した櫂は真っ先に本件を山本に報告。

労いの言葉をかけてくれるが本題は別にある。

山本は櫂を魚雷の改良の為に、三菱重工業長崎兵器製作所に出向させると伝達。

受け入れ態勢は整っているが、出向にあたり櫂を連合艦隊司令部長官直属の特別参謀に任ずるという。

主計業務は後任の主計長に任せればいい。

特別参謀には大きな権限が与えられるだけあり、対米戦を必ず勝利に導かなければいけない責任がある。

因みに桑野の恩赦だが、皇紀2600年祝賀で捩じ込むことで山本は手筈を整えてくれた。

こうして1941年1月20日に連合艦隊から出発。

三菱重工業長崎兵器製作所堂崎工場
到着早々に見たのは、全長5.27メートル直径45センチ.重量848キロの九一式航空魚雷。

この魚雷が櫂に課せられた次の任務。

対米戦に向けての準備は少しずつ前進しつつあった。

アルキメデスの大戦276話のネタバレはこちら

戦艦大和遂に現れる!果たして世界最強の戦艦に相応しいのか!?

山本の命令で長崎にある魚雷製造工場へと向かった櫂。

そこで彼は初めて帝国海軍の九一式航空魚雷の実物を見ることに!

今のままの性能だと水深12メートルある真珠湾で、10メートル以内に抑えるという目的は果たせない。

担当者によると魚雷はスピン回転し、着水後深く埋もれてしまい安定感もないとのこと。

そうならない為に櫂は姿勢安定装置の導入を提案。

名前を”ジャイロスコープ”といって、姿勢を制御し自立航行出来る優れもの。

“角運動保存の法則”というコマの回転を維持しようとする力が働いている。

試作と実験を繰り返し装置が完成したのは4月初頭。

柱島に停泊中の連合艦隊旗艦·戦艦長門艦内では、参謀らによる会議が行われていた。

欧州戦線は今膠着状態で、アメリカもこれに大きく介入中だ。

武器貸与法により兵器の大量生産もしている。

ドイツ·イタリアは苦しくなってきていて三国同盟は危うい状況。

強気な姿勢でアメリカは日本に圧力をかけるので、日本国民の不満は高まるばかり。

そんな話をしていた参謀らの前に姿を現した櫂主計大佐。

山本は彼を信頼しているが、他の者は厳しい視線で彼を見つめていた。

さて会議が終了したところで山本から重大発表。

建造中の戦艦大和がこの長門の近くを通過するらしい。

4月8日

遂に目の前に姿を現した戦艦大和に海兵らは大興奮。

要塞のような堂々たる勇姿はまさしく、日本国期待の最強戦艦に相応しい。

しかし大和が世界最高の戦艦か無用の長物かはまだ不明。

次回は櫂が中山造船中将自慢の大和に乗船する。

アルキメデスの大戦278話のネタバレはこちら

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!5月6日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊24巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック.j...

アルキメデスの大戦277話大日本帝国の最新兵器!の感想

遂に主人公の目の前に大和が現れましたね。

主人公としては自らが設計を主導した大和が駄目になり、複雑な思いを抱いていたでしょう。

なんといってもライバルが設計した大和なのですから。

現在の連合艦隊旗艦である戦艦長門と比べてみても、大和は巨大だと分かりました。

菊の紋が光る城塞のような姿は、見た目だけなら大日本帝国海軍の戦艦に相応しいものでしょう。

しかし問題はその性能!

主人公が当初考えた大和に比べてどうなのかが気になります。

次回は乗船するようなので、彼がどう評価するのか楽しみです。

さて長官直属の特別参謀になった櫂ですが、主計大佐という地位は変わりません。

参謀らは歓迎していない様子なので、これからの作戦準備も波乱の予感。

山本が彼を少将·中将と昇進させ、本当の片腕とするのかも気になります。

しかし櫂の若さだとこれ以上の昇進は難しく、提案する際も軽く見られそうで心配です。

今後はどうなることやら不安になってしまいました。

アルキメデスの大戦【278話】が掲載される週刊ヤングマガジン39号は8月23日に発売されます。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍