漫画ネタバレ

アルキメデスの大戦264話ネタバレ! 大国アメリカとの戦争は目前!

2021年5月10日発売の週刊ヤングマガジン24号掲載の【アルキメデスの大戦】についてまとめました。

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!5月6日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊24巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック.j...

日米開戦は近い!それは地獄への入り口かそれとも···

尾崎造船が社運を懸けてまで協力してくれた大和計画は、櫂直に敵対する者の妨害工作で失敗に終わった。

海軍省と尾崎造船が絡んだ一大プロジェクトだったが、大和計画は解消の上にこれまで支払われた代金の返済の為に大和は解体。

心労の影響からか尾崎造船社長の尾崎留吉氏は死去し、大企業である尾崎造船は倒産に···。

設計と工事担当だった桑野大佐らは軍籍剥奪の上に懲役刑。

大佐という高い地位にあった者でも、海軍の威信を懸けたプロジェクトだっただけに重い罰を課せられたわけだ。

肝心の櫂直は設計には無関与だったので今も連合艦隊主計長の地位にある。

しかし今の日本は泥沼化した日中戦争の影響で、財政は悪化し国家は破綻寸前だ。

主な理由はアメリカの経済制裁、大国から敵視された日本は最早ボロボロな状態。

特殊工作機械·石油製品·鉄や屑鉄の輸出制限や禁輸は、生産力の低下を招いた。

1940年9月3日、窮地に立たされた日本は昭和天皇の前で開かれた御前会議である重要な決定をする。

対米戦争を辞さないという決意を含めた帝国国策要項だ。

更に日独伊三ヶ国同盟を結びアメリカに対抗しようとしたが、これがアメリカの逆鱗に触れてしまう。

10月16日に鉄屑を対日禁輸、12月には製造装置·航空機潤滑油他15品目の対日輸出許可制と経済制裁に歯車をかけられ更に状況は悪化する。

日本の命運を決するXデーが迫りつつあるなか、連合艦隊停泊地柱島(はしろじま)では···。

連合艦隊主計部の面々がなかなか戻らない櫂の様子を気にしていた。

山本長官の部屋に入ってからかれこれ2時間にもなるがまだ戻ってこない。

それもここ最近毎日こんな様子。

時折深刻な表情で考え込んだりと周囲も驚くほど仕事への情熱が凄まじい。

横浜で建造中だった戦艦が廃艦になり軍法会議にかけられ不問とされたという噂もある。

現職のまま長官から大変な使命を与えられたと聞いている部下達は、「我々も大変な方のもとについたものだ···」と主計長の席を見つめた。

その頃の櫂は山本長官の部屋で、長官と作戦参謀の2人と共に真珠湾作戦を考えていた。

ハワイ真珠湾は水深が12メートル、従来の航空魚雷では海底に突き刺さってしまう問題点がある。

発射後の沈降を12メートル以下に抑えられる魚雷が必要。

つまり着水時の魚雷回転を抑制すれば姿勢制御が可能だと説明する作戦参謀。

「どうだ櫂主計長やってくれるか」と確認した山本長官に、櫂は「承知いたしました」と返答。

来年10月末には開戦を前提とした御前会議があるので期限は10月。

それまでに魚雷の改良を終えよとの長官命令。

勿論開戦回避出来るに越したことはないが、やるとなれば勝つための戦を考えるのが軍人。

櫂は日米は間違いなく開戦すると確信している。

日本を戦争で破り支配すれば米国の悲願である対中掌握は目前。

日伊独同盟は米国に戦争する理由を与えたことになると櫂。

日本は今や悪名高きヒットラーの独裁国家。

日伊独の軍事独裁国家を倒すという正義の旗印はアメリカ側にある。

まさにアメリカはこれをチャンスと捉えていて、日本も開戦派への支持は上昇傾向。

大統領との約束を果たせなかった今は最早日米同盟を締結するどころではない。

大和計画が解消された今、日本が生き残る道は開戦一択。

ハワイ真珠湾奇襲作戦の成功こそが、早期講和への方法。

誰よりも和平を望んだ男は遂に開戦への道を模索することに!

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!5月6日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊24巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック.j...

アルキメデスの大戦264話大国アメリカとの戦争は目前!の感想

櫂や桑野があれだけ頑張った大和計画は、一人の男の妨害で失敗に終わりました。

世界最強の戦艦を建造するという一大プロジェクトが無かったことになるのは、なんとも悔しい結末。

特にアメリカとの和平を望んでいた櫂にとっては、開戦への道を進まざるを得なくなった出来事です。

現実世界でもそうですが日本にとって大国アメリカの存在は無視出来ません。

アメリカに睨まれるのは輸出規制などの経済制裁は怒涛のごとく押し寄せます。

現時点での世界のリーダーですから、各国が連携すれば小さな日本は破綻してしまうでしょう。

それだけ強大な相手と戦争をしようとしている櫂の心情は、凄まじい疲労と覚悟から形成されています。

もし戦争に負ければ櫂は勿論日本国民全てが大打撃。

日本国の命運を懸け、櫂達軍人による作戦の成功を祈りたいです。

アルキメデスの大戦【265話】が掲載される週刊ヤングマガジン2021年25号は5月17日に発売されます。

アルキメデスの大戦265話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍