漫画ネタバレ

アルキメデスの大戦272話ネタバレ!名将の条件とは一体!?

2021年7月5日発売の週刊ヤングマガジン32号掲載の【アルキメデスの大戦】についてまとめました。

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!5月6日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊24巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック.j...

【前回のあらすじ】

「陸軍6個師団12万人をハワイに派遣すれば、陸軍にとって大きなメリットになります」

東條英機は櫂の思惑がよく分からない。

国民の意識を変えられると言われても、中国戦線での苦境について触れるのは非常にムカついた。

1938年、民間人1200万人以上の被害を出しながらも中国国民党軍が猛反撃してきた。

黄河を大規模決壊させ日本軍の動きを停滞させたのだ。

陸軍としては一度中国侵攻の旗印を掲げた以上、引き返すことは難しい。

中国侵攻の失態を指摘されることは、日本陸軍を否定することに繋がる。

いつまでも怒りが鎮まらない東條。

海軍大臣の及川と首相の近衛の説得でなんとか櫂の説明は継続。

ハワイ派兵が陸軍にとってメリットなのは言葉の魔術”転進”にあり。

つまり12万人の陸軍兵は中国からハワイに大規模移動。

中国から去る理由な新たな敵国アメリカを、打ち破る為の兵力再配置だと国民に説明すればいいわけだ。

確かに中国からの徹底することになるが、満州国境沿いまで撤退して以前の状態に戻ることも出来る。

東條は一度は日米和平協議仮調印報告会議で認めてしまっているので、櫂に対して強く反対し続けることが出来ない様子。

「中国より強大で必ず倒さなければならない相手アメリカ。」

「そのアメリカの領土であるハワイオアフ島を陸軍が占領し、日章旗を打ち立てるのです。」

櫂は東條が黙っている間に更に話を先に進めた。

「この様子をマスコミに国民に公開すれば陸軍の株も上がるでしょう」

これにはこの場にいた東條以外の要人が好意的な態度に。

しかし外堀を埋められても尚東條は···。

アルキメデスの大戦271話のネタバレはこちら

追い詰められた東條英機の最後の切り札とは!?

会議の出席者達はハワイ上陸作戦支持に固まりつつあった。

あとは陸軍大臣である東條の返答を待つばかり。

しかし東條は若造一人の考えで、国家政策が転換されることが気に食わない。

「この作戦は非常に投機的で成功の見込みは低い」

それに12万人もの兵力を海軍に輸送出来るのかと東條。

彼の疑問に櫂は民家の客船で5万1000名を運べると説明。

客船とは日本郵船や大阪商船のもの。

更に海軍の潜水母艦や水上母艦で8000名。

戦艦や空母を使用すれば7万名の兵力を輸送出来る。

そして強襲上陸用として大型発動艇を1700隻用意。

これが櫂の考えるハワイへの兵員輸送計画だ。

しかし東條は船舶を総動員して、一箇所に集中させるのは危険だと指摘。

作戦が失敗すれば撤退は不可能な上、輸送船は無防備で攻撃を受ければ即撃沈されてしまう。

「お言葉ですな軍事戦略の常識を勘違いされているのではないでしょうか?」

と櫂は東條の指摘に猛反撃。

歴史上の英雄達が名を残した理由は、いかに決戦で敵を撃破するかを考えたからだ。

逆に戦時において指揮官がやってはいけないのが、軍事資源を分散させ付け焼き刃の手を打つこと。

戦場の状況は刻々と変化するので、その場凌ぎの対策は致命的な失敗を招く。

決戦を制することがアメリカとの戦いに勝利する鍵だ。

つまり東條英機が決戦に勝利すれば、ハワイ決戦勝利に武功を挙げた英雄として、歴史に名を刻むことになる。

これは行き詰まった中国戦線から、国民の目を逸らす機会にもなるが?

櫂の提案に易々と与するのは気分が悪い!

個人的感情を捨てきれない東條は、”大東亜共栄圏”構築という陸軍のスローガンを持ち出してきた。

そんなものまで持ち出すとは、流石が感情爆発魔人の東條英機。

今東條の大反撃が始まろうとしている···。

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!5月6日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊24巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック.j...

アルキメデスの大戦272話名将の条件とは一体!?の感想

ライバル?東條英機がいなければ、主人公の提案はもっとすんなりと通っていたでしょう。

東條はすぐに感情的になり固定概念に囚われた男。

以前自らのプライドをズタズタに傷付けられたことを、まだ根に持っている様子。

しかしアメリカの驚異に立ち向かうには、櫂の提案する短期決戦早期講和が一番の方法かなと思います。

ハワイへの兵員輸送計画も実に合理的。

なんとか東條英機という堅物を納得させられればいいですね。

アルキメデスの大戦【273話】が掲載される週刊ヤングマガジン2021年33号は7月12日に発売されます。

アルキメデスの大戦273話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍