漫画最終回ネタバレ

バディゴ!44話【最終回】ネタバレ!バディーズ解散?それとも復活・・・!?

コミック全12巻で完結した「バディゴ」についてネタバレをまとめました。

[これまでのあらすじ]

人見知りで、勉強も苦手、クラスでも地味な女子の雫石愛にはある秘密があった。

それは、動画サイト「スマイル動画」で“アイ”と名乗る、男の子の姿でダンスを披露している、人気踊り手であること!

そして愛の目標は「スマ動」の神踊り手であるダンスの王子様・ハヤテに勝つことだった。

しかし、ふとしたことから、男装した愛のダンスが芸能事務所のプロデューサーの目に留まり、女であることを隠したままハヤテと一緒にアイドルユニット“バディーズ”としてデビューすることに!!

しかも、事務所の規則で2人は相部屋生活に・・・!

新人アイドルの登竜門・アイドルプライズに参加を決めたバディーズ。

アイは苦手な歌を必死で練習して予選突破が確実に。

そんな中、ハヤテが雫に送ったメッセージがなぜかアイの携帯に届き、その通知を見てしまい正体がバレてしまうことに・・・!

しかしアイが一生懸命隠しているからそのことは黙っておいてあげるのでした。

その後、順調にアイドルプライズを勝ち進む2人ですが、決勝の相手“SHOT”のリーダー・帝に「アイがバディーズの足かせになる」と言われてしまいます。

ショックを受けつつも、バディーズのため、ハヤテに追いつくため、自分を追い込み練習を続けるアイ。

決勝当日、本番前にうたた寝をするアイに、キスをしかけるハヤテは“寝込みは卑怯だ”と思い直しやめておこうと思うのですが、

そこで携帯のアラームが鳴り急に起き上がるアイは、目の前にいたハヤテとそのままキスをしてしまうのでした。

固まってしまうアイに、「事故だから!」と必死で説得するハヤテ。

忘れろと言われるのですが、逆にそれでモヤモヤしてしまいます。

「だいたい俺たち男同士なんだしキスしたってなんとも思わねぇよ!」というハヤテですが、

“ハヤテにとってはその程度のことなんだ。

ハヤテのことだから女の子ときっと今までだって何度も・・・”

と思うアイは、肩に手を置かれそうになり「触んないで!」と大声を上げます。

初めてだったから・・・と泣きながら言うアイに、ハヤテはハッとするのでした。

そしてその後、決勝が始まります。

先手で踊るSHOTを見て、その完璧なダンスパフォーマンスに圧倒され焦るアイ。

勝てるわけー・・・と思っていると、横でインタビューを受けているハヤテが「そりゃ燃えるっしょ!ライバルは手ごわい方が。な?」とアイの方を見て言います。

折れそうになっていたアイの気持ちを支えてくれるハヤテですが、あのキスの一件でまともに顔を合わせることができず・・・

そのままバディーズのパフォーマンスが始まります。

そして動揺で調子がでないアイですが・・・ハヤテも初キスだと知り嬉しくなって復活!

最高のダンスでバディーズは優勝を果たすのでした。

そして自分の恋心にようやく気付いたアイ。

そんなとき、ハヤテから雫へ突然の告白!

思わず逃げ出してしまったけれど、単独ライブでハヤテの想いが本気だと気づき、アイは返事をしに「雫」としてハヤテの元へ向かいます。

戸惑いながらも、アイはついに雫としてハヤテと付き合うことを決意!

しかし恋愛とダンスを両立できないアイは、悩んだ末に別れを選択します。

そんな中、寮に戻ってきたハヤテはアイにキスをします・・・!

そこで、「オレ知ってたんだ。お前が雫だってこと。」と打ち明けるのでした。

驚いて部屋を飛び出しそこにいたソエルとプロデューサーの後ろに隠れるアイですが、まさか正体がバレたとかじゃないわよねぇ?とプロデューサーに聞かれます。

“ハヤテにバレた時点でバディーズは引き際だと判断する”と忠告されていたことを思い出したアイは青くなって否定しながらその場を逃げるのでした。

その後、自分に追いつくダンサーになるまで待つとつたえたハヤテの言葉を胸に、アイはさらなる高みへ臨むことに!

そんな中、アイドルユニットのリトル・スイーツのモモと友達になったアイは、モモからハヤテとのダブルデートを頼まれ引き受けることに。

ハヤテに告白しようとするモモに、本当の友達でいたいからと本音(自分が本当は女であることと、自分もハヤテが好きと言うこと)を話そうと決意するアイですが、ハヤテがそれを遮ります。

そしてハヤテとモモは2人で観覧車に乗り込み、モモのことを振るのでした。

「ごめん、でも・・・ちゃんと断らして。

オレの世界一ってやつ、たぶんずっと変わんないんだ」

と真剣な目をしてモモに言います。

モモは、「ハヤテってもっと優しく女の子をふるんだと思ってた」と言いながらも、これでちゃんと前を向くことができるのでした。

その後バディーズはというと、ハヤテのダンス仲間であり、雫の学校の先輩でもある凛音に「無理に男らしく踊っている」と言われ、心をかき乱されてしまう2人。

しかも雫は女性らしい凛音の振り付けに思わず身体が動いてしまって・・・

そんなアイを見て、ハヤテはバディーズの解散を決意し活動休止になりました。

そして2人はそれぞれの道を進むことに。

しかし、まだ納得のいく自分だけのダンスには辿り着けていないアイ。

ハヤテとはなかなか会えずにいる中、学校でハヤテに会いに行きます。

VERTEXのソウマと頻繁に連絡を取り合っている様子のハヤテですが、出来レースに苛立ち決着をつけにVERTEXのところに乗り込んだことをアイに話します。

これまで何度もダンスバトルをしてもドローで決着のつかなかったハヤテとソウマですが、そのやり取りの中で仲良くなっていたのでした。

しかし、そんな中D-プロの社長(プロデューサーの姉)によりハヤテがVERTEXに正式加入するというでっちあげのネット記事が流れます。

ハヤテ本人とも連絡がつかない状態になり、活動休止に伴い一旦契約を解除したまま忘れていたという事情も発覚し大ピンチになります。

アイは急いでD-プロの社長の元へと向かい、ハヤテを無理やり引き入れようとするのはやめてくださいと懇願します。

しかし、部外者扱いされ追い出されそうになるアイ。

そこでアイが取った行動は・・・

なんとはさみを使って自分の長い髪をバッサリ切り、バディーズのアイであることを明かすのでした。

しかし逆にそれをハヤテを手に入れる手札が完全にそろったと笑われ・・・

すでに来週、Mスタジオの生放送でハヤテをセンターに迎えた新生VERTEXのお披露目をすることが決まっていると伝える社長。

そして、そんな社長に対決するようにアイとプロデューサーがとった行動は・・・

なんとMスタジオの予告放送で

『ハヤテを迎えて新体制のVERTEX』と、

『活動休止から待望の復活バディーズ』と放送されるのでした・・・!!!

一体どっちのダンスグループにハヤテは出場するのか・・・!?

「バディゴ!」【最終回】44話ネタバレ!

Mスタジオ生放送の日。

ハヤテはVERTEXメンバーの車の中に捕まっています。

またVERTEXによる嫌がらせでアイは倉庫に閉じ込められてしまいますが

実はそれは変装したソエルで、なんとか難を超えられたアイ。

しかし、そろそろ出番というときに、まだハヤテを見つけられないアイ。

しかもステージに向かう通路にはVERTEXのメンバーと社長がいて道をふさいでいます。

どうしようと思ったその時、リトル・スイーツの2人がアイを手助けしてくれて、その間をすり抜けてステージへ上がったアイ。

ハヤテを待ちながらもダンスが始まります。

そんなアイやハヤテを見て、後押ししてくれた人物がなんとソウマ。

ソウマはハヤテを逃がしてくれたのです。

そしてアイの待つステージに着いたハヤテが見たアイは、ファンの子たちが見ていてとても綺麗で女性に見える瞬間があるよねと話をする子たちも。

客席を駆け抜けてステージへ上がるハヤテとステージの上で抱き合うアイ。

「みんな待たせてごめん。こっからが本番だ!」

と2人は最高のダンスを披露するのでした。

「バディゴ!」最終回感想

最高のダンスをした後、復活したバディーズはいつまでもファンの間で「2人は付き合ってるの!?」とドキドキさせちゃう行動をとります。

時にライバルのようで、時に恋人のような2人。

ドキドキが止まらない2人の恋はダンスとともに成長をしていくのでした・・・!

2人の絆は「付き合う」という枠を超えていて、お互いのことはダンスを通じて繋がっているハヤテとアイ。

最終回までとってもドキドキが止まらない展開で最高でした・・・!

 

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍