漫画ネタバレ

バキ道76話ネタバレ!獅子丸の痛烈な一撃が炸裂!

2020年10月29日発売の週刊少年チャンピオン48号掲載の「バキ道」のネタバレについてまとめました。

バキ道は全巻無料で読める?最短最速安全にお得に読む方法のまとめ

バキ道
バキ道を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年チャンピオンで連載中の「バキ道」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 バキ道を配信している全部...

バキ道を無料で読む方法は?

バキ道最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、バキ道最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
バキ道最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

理事長は天下の大相撲が3連敗もしていることにイラ立っていました。

しかし関脇の獅子丸は関取が身技体が十分備わっている選り抜きの玄人集団だと自負しており、余裕の笑みを浮かべていました。

そして第四戦、史上最強の関脇・獅子丸VS烈海王の右腕を引き継ぐ男・愚地克巳の戦いがいよいよ始まります。

まず獅子丸は「塵手水」の所作で、素手で挑む矜持を示しました。

バキ道75話ネタバレはこちら

バキ道76話ネタバレ

互いにフィールドの端に立ち、睨み合う克巳と獅子丸。

そしていよいよ試合開始の太鼓が鳴らされました。

それと同時に、克巳が獅子丸に向かって走り出します。

父の愚地独歩同様、駆け寄っていく克巳。

そんな彼の姿を見て客席は盛り上がっています。

そして克巳は獅子丸の前でピタッと足を止めると、両手を体の前に構えて戦闘態勢に入りました。

その間合いはギリギリで、一歩どころか半歩だけ遠いほどの距離です。

互いがあと半歩でも進めば、すぐに手が届くほどの近さでした。

その様子を見つめるバキは、克巳について(増えてる・・・っっ。――というよりすすんでる)と感じていました。

 

かつて克巳は「ピクル」との対戦を機に、イメージによる「多関節」の獲得を会得していました。

当時関節と関節の間にイメージした無数の「関節」は、さらに細分化が進み、どんどん細分化していました。

そして細分化が進むにつれて、今や「継ぎ目」は網の目を帯びて、全骨格の「鞭化」に成功しているのです。

それは「人力」で音速を超える唯一の武器でした。

克巳は鞭化した五体で「巨岩」大相撲を相手取り、勝負に挑もうとしていました。

 

すると次の瞬間、獅子丸が克巳に凄まじい勢いで飛び掛かっていきました。

克巳はすぐさま足で反撃しようとしますが、獅子丸の速度は非常に速く、克巳が加速する前に素早く体を掴まれて身動きが取れなくなります。

そして獅子丸は克巳の道着の帯をつかんで持ち上げ、やぐら投げを繰り出しました。

その瞬間、克巳の視界はグルンと回転し、頭から地面に叩きつけられるのでした。

バキ道は全巻無料で読める?最短最速安全にお得に読む方法のまとめ

バキ道
バキ道を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年チャンピオンで連載中の「バキ道」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 バキ道を配信している全部...

バキ道最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、バキ道最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
バキ道最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

バキ道76話感想

獅子丸の動きが意外と俊敏で驚きました。

獅子丸に先制攻撃を受けて頭から叩きつけられた克巳ですが、さすがにまだ終わりではないと思います。

烈海王から受け継いだ右腕の力を見せつける克巳の姿が見たいです!

次回のバキ道77話が掲載される週刊少年チャンピオン50号は11月12日に発売されます。

バキ道77話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍