漫画ネタバレ

暴君の保護者は悪役魔女です30話ネタバレ!クレーテとティータの無情な現実

「暴君の保護者は悪役魔女です」30話についてネタバレをまとめました。

暴君の保護者は悪役魔女ですを無料で読める方法を徹底調査しました!

暴君の保護者は悪役魔女ですを無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「暴君の保護者は悪役魔女です」を無料で読む方法を調査しました。 暴君の保護者は悪役魔女ですが読めるサービスは? ...

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「暴君の保護者は悪役魔女です」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 暴君の保護者...

[前回のあらすじ]

一晩でだいぶ雪が積もったようで、クレーテは、孤立してしまった村もあるのではないか、と心配しています。

暴雪注意報の知らせを村ごとの代表に配り、クレーテは一息つきました。

外を見るとティータがいたので、クレーテはそばに行って声をかけます。

しかしティータは、クレーテを意識してしまっていつも通りに振る舞うことができません。

クレーテにしてみれば、急にどうしてそんな態度を取るのか、皆目検討がつきません。

雪の中薄着でいるティータを心配したクレーテが保温魔法をかけようとティータの肩に触れただけでティータは身を捩って避けてしまいます。

挙げ句の果てには、何も言わずにその場を立ち去ってしまったのでした。

食事の席でも全く会話のないティータとクレーテ。

息苦しさを感じたクレーテは、ティータになんてことない話を振ってみますが、ティータはそっけなく一言で返事をするのみで、

またしてもさっさと自室に戻ってしまいます。

心配してくれるエドモンドは、自分には普通なのにそれはおかしい、と言って、自分がティータを話をしてみる、と申し出てくれました。

その夜、エドモンドは、お茶を持ってティータの自室を訪れますー。

「暴君の保護者は悪役魔女です」29話のネタバレはこちら

「暴君の保護者は悪役魔女です」30話ネタバレ

ティータはお茶を受け取りながらも、自分だけがこんな貴重なお茶を飲んでもいいのか、クレーテも呼んだ方がいいのではないか、と心配します。

それに対してエドモンドは、クレーテはお茶の味もわからないし、口にするものに興味を持っていない、

ポーション作りに対する関心の半分だけでも芸術や教養に向けたら比べ物にならないほど高尚な君主になっただろう、と言って、ため息をつきます。

するとティータは、クレーテは今でも十分高尚な人だと思う、自分はクレーテ以上に高尚な人に会ったことがない、と言いました。

それを聞いたエドモンドはあまりにびっくりして、思わずお茶をこぼしてしまいます。

すると、自分が淹れる、と言ってエドモンドにお茶を注ぐティータ。

かつてエドモンドがティータにお茶の淹れ方を教えたことを話題にしながら、エドモンドがそのお茶を飲むと、とんでもなく苦かったのですが、

嬉しそうに、自分もやればできるのだ、と言うティータを前に、エドモンドは本音を言うことができません。

そこで、自分に話があってきたのではないか、と話を促すティータ。

それでは疲れているだろうから手短に、と言って、エドモンドは、もしかしてクレーテとの間に何か良くないことがあったのではないか、

と、問いかけます。

しかしティータは、そんなことはない、と言って否定するのです。

このところ、2人の仲がぎこちないように見えたから心配だったのだ、とエドモンドが言うと、ティータは、

ぎこちないのはクレーテのせいではない、それは自分が思春期で、気分の変化が激しいせいなのだ、と言い訳をします。

それを聞いたエドモンドは、それならばクレーテも理解してくれるだろう、クレーテは心の広い人で、いつだってティータのことが心配で仕方ないのだ、

と、ティータを宥めます。

自分はクレーテにあまり心配されたくないのだ、まだ自分のことを7歳の子供だと思っているようだ、と言うティータ。

エドモンドは笑いながら、クレーテはよく時流れを忘れてしまうのだ、自分の髪が全て白髪になる前は、

自分のことを20代の青年だと思い込んでいたくらいだ、

クレーテの時間は自分達のような平凡な人間とは同じではないことを覚えておいた方が良いだろう、

自分がクレーテに仕えて時間は自分にとってはとても長いが、それもクレーテにとっては瞬く間に過ぎた一瞬の出来事に過ぎないのだ、と言います。

生きている時間が違うなんて、なんだか悲しいものだ、と言うティータにエドモンドは、

とにかくクレーテをあまり困らせてはいけない、自分やティータと違って、言葉にしないと一生わからない人なのだ、とアドバイスしました。

更には、この世にクレーテほど鈍い人間はいない、それについてはべロスの領地民達皆んなが知っていることだ、

本人以外知らない人間はいないだろう、ときっぱり言い切ります。

ティータは嬉しそうに微笑みながら、いつも自分のことを気遣ってくれてありがとう、とお礼を言いました。

2人の幸せだけが、自分の望みなのだ、と、エドモンドも嬉しそうですー。

その後、クレーテを訪れたエドモンド。

ティータと話をしてみたのか、と、クレーテは前のめりで尋ねてきます。

それに対してエドモンドは、思春期が原因のようなのであまり心配必要はないだろう、と、お茶を飲みながら報告しました。

しかしクレーテは、思春期のせいにしているんじゃない、と言って、納得いかないようです。

あんなに自信たっぷりだったのにそんなことしたわからなかったのか、と、エドモンドに食ってかかるクレーテでしたが、

エドモンドは落ち着いて、もう一つ報告がある、覚えているか、もうすぐテベットの晩がやってくる、と、クレーテに告げましたー。

暴君の保護者は悪役魔女ですを無料で読める方法を徹底調査しました!

暴君の保護者は悪役魔女ですを無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「暴君の保護者は悪役魔女です」を無料で読む方法を調査しました。 暴君の保護者は悪役魔女ですが読めるサービスは? ...

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「暴君の保護者は悪役魔女です」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 暴君の保護者...

「暴君の保護者は悪役魔女です」30話感想

ティータの言う”思春期”と言う言葉の本当の意味や、ティータの淡い気持ちにエドモンドは気づいていないようです。

むしろ、クレーテとティータの時間の流れの違いを突き刺すようにティータに再認識させたことで、

ティータは傷ついてしまっているのではないでしょうか。。。?

「暴君の保護者は悪役魔女です」31話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍