漫画ネタバレ

本日のバーガー143話ネタバレ!神宮寺の下した決断とは?

2020年1月22日発売の週刊漫画TIMES2/5号掲載の「本日のバーガー」のネタバレについてまとめました。

本日のバーガーを無料で読む方法は?

本日のバーガー最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、本日のバーガー最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
本日のバーガー最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

ついにバーガーストリートがオープンしましたが、神宮寺の店は待ち時間の長さについて客の不満が噴出。

すると神宮寺はその日の打ち合わせを抜け出し、海外転勤を控えた平沢優花の宿泊先に駆け付けるのでした。

本日のバーガー142話ネタバレはこちら

本日のバーガー143話ネタバレ

平沢の宿泊先のホテルに駆け付けた神宮寺は、いつまでも平沢が近くにいてくれると勝手に思い込んでいたのだと話し始めました。

 

次の日、バーガーストリートにはグルメ評論家としても名高い保科が訪れました。

彼は人気テレビ番組に神宮寺と上杉が出演した時の審査委員長で、2人と縁が深いのです。

そして船木に連れられて、まずはライズに向かう保科。

ライズには相変わらず大行列ができていました。

そんな中、予約していた保科の分のハンバーガーが運ばれてきます。

船木はライズのハンバーガーは最上級神戸牛の霜降りと、赤身をブレンドしたパティは、ハンバーガーを新たなレベルに引き上げたと表現しても過言ではないと解説します。

保科はハンバーガーを口に運んだ瞬間、思わず美味い!と叫びました。

上質な脂の甘みとジューシーな肉の旨味が絶妙に混ざり合い、これほどのハンバーガーは自分もかつて食べたことがないと絶賛する保科。

保科は上杉について、自分が想像していた以上の料理人に育ってくれたようだと感慨深げにつぶやきます。

そして保科と船木は、次にアンリミテッド・ソウルズに向かいました。

こちらも行列ができていましたが、若者ばかりのライズに比べて神宮寺の店はやや少ないながらも、老若男女幅広い客層が集まっているようです。

しかし保科は神宮寺の実力を考えれば、この程度の人気では寂しいと感じていました。

そして保科は神宮寺のハンバーガーを口に運びます。

その瞬間、保科は驚いたような顔をした後、「・・・し、信じられん!」と叫びました。

テレビで”枯らし熟成”の和牛肉を使ったパティであることは知っていたようですが、それは保科の期待を遥かに超えるものでした。

何がと聞かれれば、牛肉の持つ、ありとあらゆる味わいが濃いのだという保科。

上杉の使った神戸牛の脂身は甘露と表現できるほど上品でしたが、あの美味さと比較しても全く劣っておらず、むしろ勝っているかもしれないと感じている様子。

さらなる驚きは、その香りでした。

”枯らし熟成”の牛肉を焼くと桃やココナツを思わせる”和牛香”なるものが発生するといわれており、それが嗅覚を刺激し脳が感じる”美味さ”を倍増させるのです。

しかしこのハンバーガーには、もう一つ別の香りがありました。

清々しく爽やかで甘い香りが。

それに気づいた保科を船木はさすがだと称賛しつつ、その秘密はキッチンを見てもらえれば分かると言い、店の中へと案内しました。

すると保科は神宮寺がパティを焼いている様子を見て驚きます。

彼はパティを薪で焼いていました。

薪は火力が強く高温で肉の表面を素早く焼き上げるため、他の燃料に比べて旨味を閉じ込める効果が高いのです。

例えば炭火は食材に、じっくり火を通していくため生焼けでは食べられません。

鶏肉などには適していますが、中心にほのかな赤身を残して焼き上げた牛肉には薪の火の方がいいのです。

それにしてもこのハンバーガーの美味しさは普通ではないと保科は絶賛し、何か特殊な薪を使っているのかと神宮寺に尋ねます。

すると神宮寺はリンゴの木だと答えました。

リンゴは熱量が高く火持ちもいいうえ、甘い花のような芳ばしい香りを食材につけることから、薪の中でも最高級とされているのです。

しかし薪を使うのは簡単ではなく、調整が楽なガスに比べて数十倍の技術や注意力が要求されるため、あえて席数を減らしたと神宮寺は言います。

店の外の行列で待たされたうえに、店内で着席してからさらに待たされると不満が倍増するからです。

それでも初日は自分やスタッフの力不足で、客に迷惑をかけてしまった、今後は上手く回せるようになるはずだという神宮寺。

すると保科は単純に客の数で比べれば上杉の方が神宮寺に勝っているように思えるものの、ライズとアンリミテッド・ソウルズは、どちらもそれぞれの考え方に則り、高い顧客満足を実現していることがよく分かったと言います。

分かりやすい高級食材を使って客の優越感をくすぐるだけでなく、確かな味わいでリピーターを作り出す上杉は立派なビジネスマンだと感じる保科。

一方神宮寺は商売以上に美味さと驚きを武骨に追求する職人だと保科は評し、個人的に好きなのは彼の方だと思いました。

そんな中、船木は一つ欠点があると口を開きます。

薪でパティを焼く技術は神宮寺だけのものなので、店を休むことができない、年中無休で頑張ってもらわないとという船木。

しかし神宮寺は加藤にもマスターしてもらうと言いました。

加藤は勘が良いのですぐにコツをつかんでくれると思う、いずれはこの店を彼に任せるつもりだという神宮寺。

そんな神宮寺の言葉に、船木たちは驚きます。

 

半年後、神宮寺は成田空港にいました。

帰国したばかりの紗季と加藤に別れを告げる神宮寺。

本店は畳み、バーガーストリート店を加藤に任せるようです。

自分はどんな場所でも全力で頑張るという加藤に、君なら大丈夫何も心配していないと返す神宮寺。

紗季が本当に向こうでお店はやらないつもりなのかと尋ねると、神宮寺は頷きます。

これまでコンサルタントやプロデューサーの経験を自分の店にも生かしてきたため、今後は一つの店、一つの企業というこだわりは持たずに、もっと広い視野でハンバーガーと関わりたいのだとか。

神宮寺はハンバーガーが世界料理だからこそ、どの国の人にもあなたが思っているよりハンバーガーは面白いのだということを伝えていくのが目標だと語りました。

まずは自分自身が改めて世界を見て、その面白さを再認識してくると言い、神宮寺は旅立っていきました。

その姿を見つめながら、紗季はハンバーガーのことを語るときの神宮寺は、いつも少年みたいにキラキラしていると話すのでした。

 

そして神宮寺はとある空港に降り立ちました。

するとそこに平沢がやってきました。

久しぶりの再会に喜ぶ2人。

ふと周りを見てみるとカップルたちはキスを交わしており、平沢は「先輩、私たちも」と言って、目を瞑りキスを待ち始めます。

すると神宮寺は照れたように困った顔をしながら、「バカやってないで、ほら行くぞ!」と平沢の手を引っ張りました。

そして2人は仲良く手を繋いで、ニューヨークの街を歩き始めるのでした。

本日のバーガー最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、本日のバーガー最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
本日のバーガー最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

本日のバーガー143話感想

前回神宮寺の店が不評だらけだったのは、平沢のことを考えて仕事に身が入らなかったのかと思っていましたが、ちゃんとした理由があったんですね。

最後は予想通りの展開となりましたが、正直神宮寺の平沢への告白が見れなかったのが少し残念です。

キスシーンもなく最後までグルメ漫画らしい終わり方でしたね。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍