漫画ネタバレ

チ。ー地球の運動についてー1巻ネタバレ!少年は悲惨な最期を選ぶ

チ。ー地球の運動についてー1巻のネタバレやあらすじを紹介します。

チ。ー地球の運動についてー無料で読む方法まとめ

チ。ー地球の運動についてー最新5巻を無料で読む方法まとめビッグコミックスピリッツで連載中の「チ。ー地球の運動についてー」を無料で読む方法をまとめました。 チ。ー地球の運動についてーを無料...

チ。ー地球の運動についてーを無料で読む方法は?

チ。ー地球の運動についてーを無料で読むならコミック.jpがオススメです!

今なら30日間無料体験実施中に加え、新規加入で1,350円分のポイントをゲットできますので、チ。ー地球の運動についてーを実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐコミック.jpに登録して
チ。ー地球の運動についてーを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

チ。ー地球の運動についてー1巻のネタバレ

第一話

15世紀前半、P王国のとある地下の牢獄では、昼夜を問わず拷問が行われていました。

「C教に背く異端思想とされる資料をどこに隠しましたか?」

縛られた男の爪をペンチのような機材ではさみながら、審問官の男は尋ねます。

「お前らごときに真理は理解できないッ!た、たった10枚だ!終わらせろ!」

そう叫んだ男でしたが、審問官はまいったな~と頭をかきながら机の上にザラザラ・・・と”とある物”をばらまいたのです・・・

「68枚、爪って生えてきますから」

・・・そんな恐ろしい出来事が行われている最中、市中では市民たちが当たり前の生活をおくっていました。

子どもたちが集められた学校では、1人の利発そうな少年が手を上げ教師の質問にこたえている最中です。

「宇宙の中心は地球です!」

この世界では神こそが至高の存在であると信じられ、地球は全ての中心であると思われていたのです。

そう、15世紀前半、まだ世界では天動説が信じられていました。

この少年、ラファウは大学への進学が決められた特別な子供であり、孤児でありながら将来を期待されている者です。

彼の趣味は天文学でしたが、これからは神学のみに心を砕くようにと教師から告げられ、ラファウはそれに従うことにしたのでした。

翌日、ラファウはフベルトという名の異端者であり学者であるという知人を教師の頼みで引受に行くことに。

フベルトはラファウの社交辞令を鼻で笑うと、ひどい拷問をうけた事がわかる怪我の残った顔を引きつらせながらラファウの後をついていきます。

彼はラファウが大学に行くことをなぜか知っていた上に、ラファウが腰に下げていた天体観測器具、アストロラーペを指差しました。

ラファウが必死につけていた観測記録をむしり取るようにしてみたフベルトは、いきなりラファウにナイフをつきつけこう脅してきたのです!

「拒否したら、妨害したら、言うことを聞かなきゃ殺す、だから天文をやれ!これは命令だ!」

結局ラファウはフベルトに命じられるまま、天体観測に適した小高い丘に連れられてきてしまいました・・・

彼は口ではフベルトをバカにしていましたが、趣味である天文学に適したその場所に魅せられ、夢中で天体観測の結果を書き記していきます。

観測結果を褒められたラファウは、ふとフベルトに「禁じられた研究とはなんだったのか」と尋ねました。

フベルトは「宇宙がどういった形をしているか知っているか?」と尋ねます。

ラファウは学校で教わっているとおりに、地球を中心にして太陽や星々が動き回る図を説明しましたが・・・

「それは美しくない、私の宇宙では地球が2種もの運動をしている・・・これが私の研究だ、”地動説”とでも呼ぼうか」

第二話

フベルトの語る地動説は、ラファウにとってはありえない事実の連続でした。

「・・・間違ってると思う」

ラファウはフベルトに地球が動いているならなぜジャンプして同じ場所に着地できるのか、神のご意思を無視するのか、直感で人生を台無しにするつもりか?

と矢継ぎ早に尋ねました。

「不正解は意味をなさない」

フベルトはそういうと、明日もこの場所に天体観測にこいとラファウに言い残し、その場を後にしました。

帰路の最中、ラファウは空は動いているのだから、やはりフベルトの考えは間違っていると思いながら空を見上げていたのですが・・・

その瞬間、彼は道ばたで転び、一回転するようにしてその場に尻餅をつきました。

「・・・!?」

ころんだ際にみた光景は、彼に天啓を与えます。

観測者自身が、地球が動いていれば周囲も動いて見えるはず・・・

「自転・・・してるかも・・・」

家に帰ったラファウは大急ぎでその説が間違っているのだと証明するため机に向かいました。

地動説のおかしい点を探そうと書けば書くほど、その説は正しいと自ら裏付けていってしまいます・・・

翌日の夜、フベルトに天体観測のデータを渡したラファウは、もうこなくていいと彼に言われてしまいました。

「観測は終わりだ、これからは君の自由だ、だが天文をやれ、自分のために」

そう言い残して去っていったフベルトに、どうしたらいいか悩むラファウ・・・

翌朝、ラファウの元にあの異端審問官の男がやってきます。

彼はフベルトに変わったことがないかを尋ねた後、いきなりある書物をとりだしました。

「なにこれ?」

それは、フベルトの説いた地動説が間違っていると証明するためにラファウが書き記したものです・・・

一気に青ざめたラファウでしたが、そこにフベルトがあらわれそれは私が書いたものだといいだします。

二度異端をかしたものは、処刑される・・・

フベルトは引き留めようとするラファウに首につけていたペンダントを授けると、やりのこしたものはちょうど終わったとつげ異端審問官に連れて行かれてしまいました。

火刑に処されたフベルトのことを思いながら、ラファウはそのペンダントが天体観測をしていた場所から見える山を意味していることに気がついます。

指定された場所は山の中で、そこにはある古びた箱が置かれていました。

「・・・手紙?」

そこにはフベルトの書いた地動説の論文や資料、そしてそれらをペンダントを託したものに燃やしてほしいという手紙が残されていたのです!

ラファウは素直にその資料に火を放ったのですが・・・

「燃やす理屈なんかより!直感で地動説を信じたい!」

・・・それからしばらくたち、ついにラファウが大学へと向かう日がやってきました。

学校で神学を専攻すると教師からも生徒からも信じられていたラファウでしたが・・・

「今までお世話になりました、あ、僕、天文学を専攻します」

・・・こうしてラファウの地動説を証明する険しい道程の第一歩が始まったのです!

第三話

異端審問官が淡々と異端審問をすすめる中、ラファウは義父として彼を養っていた男に詰問されていました・・・

天文学を専攻するなど私はゆるさない!

そう宣言されたラファウは、このままでは大学に進学することすら危うくなってしまうと考え、その場では神学を専攻します!と嘘を付きました。

神学専攻から天文専攻へと編入する計画は40年はかかるかもしれない長い計画とはなりますが、その方が安全に全てを実行できるかもしれない、そうラファウは思ったのです。

「・・・義父さんはかたくなに天文を拒絶するわりにこの家には天文の資料が多くて助かる」

ラファウは秘密裏に地動説の研究を進め、資料は都度家の暖炉で燃やしていました。

完璧に証拠は隠滅できていると思っていたラファウでしたが、義父はその痕跡に気がついていたのです・・・

少しずつ地動説の資料を作り貯めていたラファウでしたが、彼のもとにまたもあの異端審問官が足を運びます・・・

異端審問の男はラファウがフベルトと同じ地動説を信じているのではと疑いますが、ラファウは笑顔で嘘を付き、自分は神学を専攻するのだといいました。

帰宅後、みんな言葉を信じすぎるな・・・とため息を付いたラファウは燃やしたはずの計算式を書いた紙が机に置かれていることに驚きます!

「・・・計算が修正されてる?」

義父はラファウにその紙は自然消火しやすいから灰になるまでみたほうがいいと助言を与え眠ろうとしますが、ラファウは慌てて彼に「この修正!」と尋ねました。

ところが、義父は知らん!と叫ぶと布団へと向かってしまいます・・・

それからしばらく後、義父の元へと異端審問官がやってきました!

・・・彼は、義父にもフベルトと同じ地動説が原因で一度異端審問にかけられていたことを口にします。

「2度目の異端だけは避けたいんでしょ?」

このまま異端者としておかしな行動をとれば、神学を信じる者としては最も恐ろしい死んだ後蘇ることができなくなる火刑にされる、そう男は口にしました。

そして、そう脅した上で「あんたの養子、異端研究してるだろ」と口にしたのです!

義父はそれを否定しましたが、今密告すればすぐに釈放されることになり、ラファウも義父も平穏に暮らせると入れ知恵をされてしまいました・・・

その日の晩、ラファウと義父は地動説について少しだけ話します。

「ラファウ、地動説は証明できると思うか?」

義父の問いにラファウは「はい」と静かに答えたのです。

それをみた義父は、ある決意を固めました・・・

翌朝、ラファウは異端審問官につれられ、家を出ることに・・・!

第四話

異端者の罪に問われたラファウは牢獄にとらわれてしまいました。

異端審問官の男は、ラファウにまず”苦悩の梨”を見せた後にこれがどうやって相手に苦痛を与えるかを説明します。

「2つ、回避方法がある」

彼は少年を拷問する趣味はないからとラファウに改心の機会を授けようとしていたのです。

1つは明日の裁判で改心を宣言して、天文には二度と関わらないということ・・・

2つは大学では神学を専攻し、以後の人生は神学に費やすという誓いをたてること・・・

ラファウも男が勧めてきたこの2つの方法を選択することが賢いと理解できていました。

できていましたが・・・

「なぜ僕はこんな選択を・・・なぜ地動説なんか・・・」

そう思いながらも、ラファウは牢獄のはるか上、くり抜かれた窓のような部分から見える月をみて思います。

「窓は昔よりも小さい、それなのに、宇宙がよく見える・・・」

こんなにも地動説で動く宇宙は美しかったのか・・・ラファウはそうつぶやくと、決意を固めました。

翌日、裁判にかけられたラファウは全ての罪を認めた上でこう宣言します。

「宣言します、僕は地動説を信じています」

・・・有罪となったラファウは翌日から拷問をうけるから、とワインを提供されていました。

彼の様子を見に来た異端審問官の男は、呆れた様子でどうして言われたとおりにしなかったのかと尋ねます。

「単純です、資料を焼かないほうが地動説のためになるので」

どうせお前も尋問で在処を吐くだろうと男はいいましたが、ラファウは首を振りました。

「敵は手強い、相手は異端者なんかじゃない、知性です」

知的探究心、知的好奇心は自然と増殖していくもので、とても異端者狩りをしたところで消えるものじゃない・・・

そういったラファウは、突然自分は今毒物を飲んだといいだしました!

「は??死ぬのか?!」

驚いた異端審問の男に、ラファウは「まあ」と諦めたような、悟りきったような表情で返事を返します・・・

自殺は教えに背く恐ろしい行為だと諭す男に、ラファウは「死の先になにがあるかはだれも知らないんですよ」と言い出したのです!

結局ラファウは獄中で毒により死亡しました・・・

人知れず火刑に処されたラファウ・・・

それから10年後・・・

ラファウが隠し、極秘に増やした資料の箱をこっそりと探しに来た男が2人いました!

「コレが・・・地・・・?」

チ。ー地球の運動についてー無料で読む方法まとめ

チ。ー地球の運動についてー最新5巻を無料で読む方法まとめビッグコミックスピリッツで連載中の「チ。ー地球の運動についてー」を無料で読む方法をまとめました。 チ。ー地球の運動についてーを無料...
\まずは全巻無料でお試し読み/

全巻最大50%OFFで読める△

まんが王国の忖度なしにメリット・デメリットや評判をまとめた記事はこちら↓

まんが王国
まんが王国の特徴とメリット・デメリット!アプリ評判や退会方法まで紹介人気の電子書籍漫画配信サービス「まんが王国」の特徴とメリット・デメリット、アプリ評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
まんが王国では最新話を先行配信しています!

チ。ー地球の運動についてーを無料で読むならコミック.jpがオススメです!

今なら30日間無料体験実施中に加え、新規加入で1,350円分のポイントをゲットできますので、チ。ー地球の運動についてーを実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐコミック.jpに登録して
チ。ー地球の運動についてーを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

チ。ー地球の運動についてー1巻の感想

衝撃的始まりを迎えたチ。堂々の第一巻です!

次々に様々な人の手に渡っていくペンダントと、地動説をめぐる知的好奇心・・・

結末は一体!?地動説は彼らに美しい世界をもたらすのでしょうか!?

チ。ー地球の運動についてー2巻のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍