漫画ネタバレ

チ。ー地球の運動についてー31話ネタバレ!オクジーの口が裂ける

2021年6月14日発売のビッグコミックスピリッツ28号掲載の「チ。ー地球の運動についてー」についてネタバレをまとめました。

チ。ー地球の運動についてー無料で読む方法まとめ

チ。ー地球の運動についてー最新5巻を無料で読む方法まとめビッグコミックスピリッツで連載中の「チ。ー地球の運動についてー」を無料で読む方法をまとめました。 チ。ー地球の運動についてーを無料...

【前回のあらすじ】

夢の中で学生として地動説を学んでいたオクジー・・・彼がかつての恩師と問答を繰り広げた後目覚めると・・・そこにはノヴァクの姿がありました。

これから拷問をされるといわれたオクジーの前に連れてこられたのは、バデーニだったのです・・・

チ。ー地球の運動についてー30話のネタバレはこちら!

チ。ー地球の運動についてー31話のネタバレ

まだ捕まる前、オクジーとバデーニは地下室で話をしていました。

オクジーはふと気になったのか、バデーニに最初に見つけた地動説についての資料がはいっていた石箱について尋ねます。

実は今まで書き溜めていた本が完成したのだとオクジーは話し、あの石箱にこれをいれたいのだといっってきました。

それを聞いたバデーニは箱の方は谷底深くに投げ落とし、中に入っていた書類は1つ残らず燃やして灰にしたといってのけたのです!

観測記録などのデータはピャスト伯がくれたものがあるため、もはやあの書類は必要がないとバデーニはいいます。

そして、できた本を見せろと手を差し出してきました。

本を読ませることになったオクジーはドキドキした様子で、誤字も多いだろうがから修正の指示などあればほしいとはにかんだのですが・・・

本にざっと目を通したバデーニは、感想を言う前にいきなり本に火をつけました!

あっという間に燃えていく本をみて、オクジーは慌てますが、バデーニは冷酷な表情をむけてこういいます。

「何を考えているんだ?こんなものが残っていたら危険だろう」

これこそ自分たちが異端の研究をしていたという証にほかならないじゃないかとバデーニは口にし、危険だから燃やすのは当たり前の判断だと言います。

オクジーは打ちひしがれながらも反証することもできず、ただ燃えていく自分の書いた本を見つめていました。

そしてふと気がついたのかいいます。

「あの、もし万が一捕まったとして”証拠を出せ、出さなければ拷問をする”と言われたらどうするんですか?」

仮に尋問されているときに証拠はもう燃やしたから無いといっても相手が信じてくれるとは到底思えません。

無いことを証明するなんてできっこないわけで、どうしたらいい?と尋ねるオクジーにバデーニはいいました。

「その時は、悪夢のような現実を受け入れ拷問され続けるしか無い」

バデーニの言葉を思い出したオクジーは、目の前につれてこられた目隠しをされたバデーニをみて言葉を失います・・・

「よし、役者は揃ったぞ」

ノヴァクの言葉と合図で、部下たちは連れてきたバデーニの目隠しを取りました。

バデーニは逃げ切れたのだと信じていたオクジーはショックを受けましたが、そんなオクジーにノヴァクは「C教正統派に睨まれたら逃げ切れない」と言います・・・

ノヴァクは早速異端審問の仕事をするかと口にし、椅子を二脚とりだしました。

そして、棍棒を手に取り2人を椅子にくくりつけます・・・

「バデーニさん、質問には正確にこたえてくださいよ」

ノヴァクはバデーニに悪魔と通じているのかと尋ねました。

「いいえ」

首を横に振ったバデーニをみて、ノヴァクはなるほど、といってあごひげをいじったのでした・・・

地下の拷問室で、オクジーはボコボコに殴られています。

ノヴァクはオクジーを棍棒で殴りながら、その度バデーニに異端審問の質問を繰り返しました。

「黒ミサへ出席したことはない」

その度バデーニは異端者であることを認めず、ノヴァクはオクジーを殴り続けます・・・

「・・・協力者は?」

ノヴァクの言葉に、オクジーの脳裏にはノヴァクの娘の顔が思い浮かびました。

もし異端を疑われた場合はあの娘を魔女といい、彼女にそそのかされたのだと逃げるつもりだとバデーニはいいましたが・・・

「いない」

バデーニは彼女を告発しなかったのです!

ノヴァクはふむふむとうなずくと、今までの質問は異端審問で聞かなきゃいけない建前の質問だったと口にします。

彼は自分の娘が異端者に近づく機会を設けてしまったことに後悔をしていたといいました。

「私が10年前に担当した異端者がね、あのネックレスをつけていたんだよ」

10年前の事件のときにもっとしっかり自分が動いていれば、こんな事にはならなかったとノヴァクは語ります。

そして、すわった目でじっとオクジーたちを見つめいいました。

「君たちは、どこかであの資料を受け継いだ、それならまだ資料がどこかにあるはずなんだ」

バデーニはその研究資料は受け取ったものの、自分たちはすべてそれを燃やしてしまったのだと言います。

「はっはっは、君、嘘をついているね」

ノヴァクは今までダラダラとこの仕事をしてきたとはいったものの、嘘をついている人の顔くらいはわかると口にします。

そして、棍棒を置くとある拷問器具を取り出しました・・・

それは苦悩の梨と呼ばれる、人体の穴にその器具を突っ込んでむりやり開いていき、最後はその穴をぶちぶちとちぎり空けてしまうというものです・・・

ノヴァクはそれをオクジーの口につっこむと、資料の在処をバデーニに尋ねます。

バデーニが燃やしたと答えると、ノヴァクは苦悩の梨のつまみをガリガリと強引に開いていき・・・

ぶちぶちぶち!

「!!!!!」

オクジーの口が引きちぎれてしまいました・・・

それをじっと眺めながらもバデーニは口をつぐみ続けます・・・

資料は最初から燃やしてしまってないというのに、このままでは永遠にオクジーを痛めつけるだけじゃないかとバデーニはいい、そしていいました。

「そうか、私怨なんですね。我々を合法的に拷問出来る機会は今しかありませんから」

この復讐心はC教にとっては異端的発想ではないかとバデーニはいいますが・・・

結局バデーニが資料の在処を吐かないとみるや、ノヴァクは口をさらに引き裂くと次は目をやろうといいナイフを取り出します。

そして部下にオクジーをおさえるように指示し、オクジーの目にむかってナイフをつきたてようとしましたが・・・

「ちっ!全部ウソだ、資料はまだ残ってる」

バデーニの言葉にノヴァクはそうか、といってナイフをひっこめました。

「よし、じゃあ案内してもらおう。ゆっくり休んでいてもらおう、これですべて終わりだな」

オクジーは既にしゃべることのできなくなった喉からうめきごえをもらし、なぜ言ってしまったのかとバデーニをみつめました。

「悪かった、オクジー君」

チ。ー地球の運動についてー無料で読む方法まとめ

チ。ー地球の運動についてー最新5巻を無料で読む方法まとめビッグコミックスピリッツで連載中の「チ。ー地球の運動についてー」を無料で読む方法をまとめました。 チ。ー地球の運動についてーを無料...

チ。ー地球の運動についてー31話の感想

お、おそろしい拷問をさらっと行うんですね・・・まあそれくらいのメンタルがないと長年異端審問官なんて仕事できないのかもしれませんが・・・

本当に案内しようとする場所に資料はあるのでしょうか?全部燃やしてしまったのでは・・・?

次回のチ。ー地球の運動についてー32話が掲載されるのはビッグコミックスピリッツ29号です!

チ。ー地球の運動についてー32話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍