漫画ネタバレ

中学校狂師2話ネタバレ!島を追われたサキ

2021年3月29日発売のまんがグリム童話2021年5月号掲載の「中学校狂師」2話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

サキは中学生の頃、その黒い髪と地味な容姿から、カラス女と呼ばれ、蔑まされていました。

逆に、美人ともてはやされていたマリコは親もお金持ちでたくさんの取り巻きがいます。

サキのことをカラス女と呼び始めたのは幼馴染のタツロウで、タツロウを見るとサキは、いまだにそのあだ名をつけられた当時のことを思い出して、

タツロウを避けてしまいます。

高校に入ると、マリコが本土から島に引っ越してきたことで、皆んながマリコに夢中になり、サキへのいじめもなくなりました。

ある日の放課後、教室で男子達が可愛い女子の話をしていました。

皆んな揃ってマリコが一番だ、と褒めますが、タツロウだけはマリコを否定します。

そこから、サキは純粋そうで胸が大きくて良い、という話になり、皆んながサキを褒め始めました。

偶然それを聞いたマリコ。

それからマリコからサキへのいじめが始まります。

取り巻き達が、やり過ぎでは、と諌めますが、マリコは町長である父親の威厳を振りかざして、取り巻き達を黙らせました。

そしてサキの服を脱がせたマリコ。

教室から男子を呼んできて、悪戯をさせた挙句、サキの裸の写真を撮ったのですー。

「中学校狂師」1話のネタバレはこちら

中学校狂師」2話ネタバレ

マリコから酷い仕打ちを受けたサキ。

サキはそれから学校に行かれなくなってしまいました。

ある日、マリコがタツロウに話しかけます。

一昨日からサキが学校に来ていないが、何か知らないか、と尋ねるマリコ。

それに対してタツロウは、何も知らないし、マリコの方がサキと仲が良いのではないか、と返します。

するとマリコは、サキは最後に会った時様子が変だったのだ、”タツロウに嫌われる”と言って泣いていた、

自分達”友達”には言えない何かがあるようで心配なのだ、

タツロウになら何か話してくれるかもしれない、友情は恋心には敵わないものなのだ、と言いました。

マリコの言うことがイマイチよくわからない様子のタツロウ。

そんなことは気にせずにマリコは、タツロウに頼み事をします。

その日の放課後、タツロウはサキの家を訪ねました。

タツロウは授業のノートと進路相談のプリントを届けてくれたのです。

サキの母は、わざわざありがとう、とお礼を言い、サキは一昨日からずーっと部屋で寝込んでいて、何があったのか全然話してくれないのだ、と言います。

それを聞いて、明日もまたくる、と言って帰っていくタツロウ。

母は、サキにノートとプリントを渡しながら、タツロウがわざわざ届けてくれたのだ、

小学生の頃はサキによくちょっかいを出していたけれど、タツロウは根はいい子なのだ、とサキに伝えました。

父親を病気で亡くしてからずっと母子家庭で育ってきたサキ。

サキは、女手一つで自分を育ててくれた母には何があったのかをどうしても言えずにいます。

自分を散々いじめていたタツロウがそんな親切をしてくれるなど、サキには信じられませんでした。

タツロウが持ってきてくれたプリントを見てみると、”明日までに将来目指す職業と進学の希望先を記入して提出すること”とありました。

それを読んだサキは、自分には夢があったことを思い出し、学校に行ってちゃんと勉強しなければ、と思い直します。

そう考えながら授業のノートをパラパラをめくったサキ。

ページの途中に何かが挟まっていることに気づきました。

ヒラヒラとノートから落ちたものを見てみると、それは、”二度と学校に来るな!!カラス女”と書かれたサキの裸の写真だったのです。

さらにノートには、たくさんのサキの裸の写真が挟まれていました。

その写真は、将来の夢に”教師”と書いたサキの進路指導のプリントの上にも散らばってしまいますー。

それはもちろんマリコの仕業で、翌日、タツロウにノートを届けたかどうが確認したマリコは、

ノートがサキの手元に渡ったことを確認すると、満足げにほくそ笑むのでした。

一方のサキの母親は、町長であるマリコの父親のお達しで、職場をクビになってしまいます。

サキと母は、理由もわからないままに終われるように島を出ることになりますー。

それから15年、サキの母は過労が原因で身体を壊し、ついに亡くなってしまいました。

学がない自分が苦労したことから、無理をしてまでサキを大学に通わせてくれた母。

ついに花嫁姿を見せてあげることはできませんでした。

それでも近所の人間は辛辣で、サキがお見合いを断られたことを話題にし、女なのに大学など通うから婚期を逃すのだ、

自分はああいう惨めな人生を送りたくない、などと噂話をしています。

サキは、忘れる努力はしたものの、どうしても当時も恐怖を忘れることができず、男性に触れられるだけで血が凍るような羞恥と恐怖感が蘇ってしまうのでした。

結局、学校が嫌いになってしまったサキは、教師になる、という夢を諦めています。

ある日、サキが夕食を取りながらテレビを見ていると、故郷の明城島が出てきました。

たくさんの子供達の映像の後、町長一家としてタツロウとマリコが紹介されます。

今や、タツロウと結婚して2児の母になっているマリコ。

その様子を目の当たりしたサキは、怒りに震えますー。

その後、明城島へ戻ってきたサキ。

サキは、ゴミを漁っているカラスを罵っている子供達に話しかけました。

確かにカラスは汚くて悪い鳥かもしれないが、でもとても賢く、自分をいじめた人間のことをきちんと覚えていて、

復讐しにくるのだ、と言い、不敵に微笑むのでしたー。

「中学校狂師」2話感想

もう少しタツロウがかっこよく活躍するのかと思いきや、あっさりとサキは島を追い出され、マリコと結婚してしまいました。

なんだか拍子抜けな気もしましたが、その分、ここから先がエグいのかもしれません。。。

次回の「中学校狂師」3話が掲載されるまんがグリム童話2021年6月号は4月28日発売です。

「中学校狂師」3話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍