漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ258話ネタバレ!成宮の不満が爆発!?

2021年8月18日発売の週刊少年マガジン38号掲載の「ダイヤのA actⅡ」のネタバレについてまとめました。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

【前回のあらすじ】

稲実との決勝戦前々日、御幸がプロを目指していると耳にした沢村は、言葉にできない感情を抱いていました。

ただやることはただ一つ。

御幸のミットに最高の球を投げ込むことだけ。

一方王者・稲実もぬかりなく決勝戦へ備えていたのでした。

ダイヤのA actⅡ257話ネタバレはこちら

ダイヤのA actⅡ258話ネタバレ

稲実野球部は青道と市大三高の試合をチェックしながら、決勝戦に向けてミーティングを行っていました。

選手たちは4番の御幸を警戒し、その前を打つ3人が好調すぎてヤバいと話します。

そんな中、3年生の福井健斗はこの試合のMVPは間違いなく、9回を3安打1四球1失点でまとめたエースの沢村だろうと言いました。

さらに1年の赤松晋二も、MAX140キロのストレートに球速差20キロのチェンジアップ、ストレートとほぼ同じ球速帯で変化するカットボールにスプリット、それを内外に投げ分けられる制球力がすごいと沢村を絶賛します。

3年の矢部浩二も沢村について初戦は崩れたものの、調子は上向いてきたと言い、2年の多田野樹はあの降谷からエースナンバーを奪い取ったのも分かる安定感だと話しました。

その話を黙って聞いていた稲実エースの成宮は、君たちが羨ましいと口を開きます。

成宮は多田野に、今日の試合に出て活躍した人はさぞ気分がいいだろうと嫌味を言い出し、自分も打ちたかった、投げたかった、目立ちたかったと不満を爆発させます。

どうやら成宮は今日はずっとベンチで出番がなかったため、ストレスがMAXのようです。

選手たちはお前を温存させるためのチームの選択だと言いますが、頼んでないという成宮。

そして成宮は拗ねて嫌味を言いながら、ミーティングルームから出て行きました。

そんな彼の態度に選手たちは、3年生になっても変わらない、自信家でわがままで望めば何でも手に入ると思ってると呆れます。

多田野は成宮の代わりに謝りますが、選手たちはお前が謝るな!と返します。

しかしそれだけの実績と努力を積み重ねてきたからこそ、成宮が稲実のエースであると言うことは選手全員が認めており、マウンドに上がればこれ以上頼もしい投手はいないと誰もが信頼していました。

そして多田野は自分が成宮を孤独にはさせないと考えていました。

 

一方、一人廊下に出た成宮は御幸をスカウトした時のことを思い返します。

成宮は御幸に、お前が来てくれたら俺の理想のチームができると言いましたが、御幸はその話には乗れないと断りました。

そして御幸は、こんなにすごいメンツが集まるチームなら、余計に戦ってみたくなると成宮たちに告げました。

最後の夏、二度目の決勝を前に、成宮は「待ちきれねぇよ」と笑みを浮かべながらつぶやき、どっちのチームが上かハッキリさせようぜと、心の中で御幸に語りかけました。

 

7月27日、日曜日。

青道高校野球部の寮では、稲実の試合をチェックしながら、ミーティングが行われていました。

高校通算68本のホームランを打っている4番の山岡は、大会でも4本のホームランを打ち、当たりまくっています。

1番カルロスも長打が増え、2番白河の小技も警戒しなければならないという渡辺の話を聞き、倉持はこいつらには負けられないと闘志を燃やします。

さらに5番に入る成宮も打撃センスがあり、矢部も今大会あたっているようです。

そしてこの春から出てきたのが、二年の早乙女と神宮寺。

この2人が外野のスタメンに名を連ねることが多くなったのだとか。

一年の時はケガで出遅れた2人のようですが、早乙女はクリーンナップを任されるほどの左の好打者のようです。

つまりますます打線に厚みが出たということ。

投手陣には菅田戦で先発した一年の赤松、先発にも抑えにも回せる三年の平野、そして言わずもがなエースの成宮がいます。

成宮はカットボールと思われる変化球で成孔打線を翻弄し、パワーヒッターである成孔打者をことごとく詰まらせていました。

それを聞いた御幸は、あの野郎東京代表では黙ってやがったなと考え、笑みを浮かべます。

そして渡辺は成宮について、スライダーやフォークも去年より進化しているだろうと推測しました。

 

一方稲城実業総合グラウンドでは、成宮が投球練習を行っていました。

その練習に導入しているのは、ラブソードと呼ばれるメジャーリーグや日本のプロ野球でも使われているボールの回転数や回転軸、変化量などを測定できるシステムです。

いわゆる「伸び」や「キレ」など、これまで感覚で語られていた要素が数値化されることで、さらなる球質の向上はもちろん、好不調時のバロメーターとしても活躍できます。

成宮はどこまでもどん欲にさらなる成長を求めて、稲城実業のエースとして集大成の夏を迎えていました。

そして全国制覇を目指す青道高校にとっては、今年も最大の壁となるのは間違いありませんでした。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

ダイヤのA actⅡ258話感想

それぞれ決勝戦に向けて、準備を進めているようですね。

青道は稲実に勝つためにどんな対策を練るのでしょうか?

次回のダイヤのA actⅡ259話が掲載される週刊少年マガジン39号は8月25日に発売されます。

ダイヤのA actⅡ259話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍