漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ215話ネタバレ!青道打線が一気に畳みかける!

2020年6月10日発売の週刊少年マガジン28号掲載の「ダイヤのA actⅡ」のネタバレについてまとめました。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

対創聖戦、6回表に同点に追いつかれた青道は、その裏、倉持&小湊の機動力を生かして1点をもぎ取ります。

なおも続く好機の場面、勝負を避けられた御幸の後を受けた5番前園が打席へ。

プライドをかけたひと振りは、セカンドの横を抜けていきました。

ダイヤのA actⅡ214話のネタバレはこちら

ダイヤのA actⅡ215話のネタバレ

前園はプレッシャーの中、セカンドの横を抜けるタイムリーヒットを放ちました。

三塁ランナーはホームインし、二塁ランナーもホームを回ります。

外野からバックホームされますが、セーフとなり2点が追加されました。

前園のセンター前へのタイムリーツーベースに、青道の選手たちは盛り上がり、前園は二塁ベース上でガッツポーズしました。

そんな前園を見つめながら、外の低めによく喰らいついたと感心する御幸。

観客席から見ていた亮介と増子はグータッチしました。

そんな中、落合コーチは前園の力感のないスイングを見て驚き、身震いしていました。

しかも前園は隙のない走塁で二塁に進んでおり、まだ1ヒットで2点を狙えるチャンスが続いています。

一方創聖の選手たちは前園だけでなく、どの打者もスイングスピードが速いことを感じていました。

 

そして次の打者である降谷が打席に立ちました。

降谷はツーシームをすくい上げ、センター後方に大きな当たりが飛んでいきます。

センターがそれをつかんだ瞬間、三塁ランナーはタッチアップでホームイン。

二塁ランナーの前園もサードへ向かいました。

この回、青道高校は4点目をとりました。

 

記者の峰と大和田は、バントを使わずに畳みかけるような攻撃を見せる青道打線について、春から夏にかけて最も強化された部分かもしれないと話します。

それに加えて下位打線にも油断できないバッターが揃っていました。

 

しかし次に打席に立った東条は強い打球を放つも、ショート中沢のファインプレーに阻まれてしまいます。

中沢は三塁ランナーをけん制した後、一塁へボールを送ってアウトに。

創聖の選手たちは盛り上がり、観客たちもさすがは守備の創聖だと感心します。

中沢はここで止めようと柳楽に声をかけました。

ツーアウトとなり創聖内野陣は定位置へ下がります。

次の打者である結城と対峙する柳楽に、創聖内野陣は必死に声をかけ励ましました。

そんな様子を見つめる小泉監督は、負けてない立派だと心の中で創聖の選手たちを称えながら、目頭を熱くしていました。

 

そして結城は初球から全力でバットを振り抜きますが、バットに球が少しかすっただけだったため、ボテボテのゴロがセカンド奈良の正面に転がりました。

奈良はそれを一塁に送り、スリーアウトに。

4点を失ったものの創聖は全員で守り抜きました。

ベンチに戻ってくる選手たちを小泉監督は拍手で迎えますが、泣き顔を見せないように後ろを向いています。

観客たちはヒット2本で4点を獲得した青道について、バッテリーから見ても嫌な打線だろうと推測しました。

 

6回が終わり、点差は4点。

準々決勝第3試合もいよいよ終盤へ向かいます。

青道の選手たちが守備位置につく中、ベンチにいる由井は青道打線は低めの見極めもできており、ストレートも捉えられているため、追加点を期待できると考えていました。

そのため由井は沢村がブルペンに入る必要はなさそうだと話しますが、沢村はどんな相手だろうと最後まで分からないと気を引き締めていました。

さらに青道の最終兵器で代打の切り札である由井に、もっとバットを振っておいた方がいいんじゃないかという沢村。

 

そして次の回が始まりましたが、降谷は先頭打者を三振で抑えました。

初球から変化球を使うリードで、創聖の打者は中途半端なスイングが増えてきている様子。

前の回、御幸が降谷にしつこく投げさせたスプリットが効いてきているようです。

 

そんな中、奥村を相手に投球練習を行っていた川上は、降谷の様子を見て一旦ベンチに戻ろうと話します。

しかし降谷の球数は100球に近づいているため、川上は気持ちだけは切らさないでおこうと冷静に考えていました。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ215話の感想

青道打線はノーアウトのチャンスからヒット2本で4点という、とても効率のいい点の取り方でさすがでしたね。

ただまだ降谷が崩れる可能性もあるので油断はできないですし、沢村たちがそれを察知しているのも少し気になります。

どんな展開になるのか、楽しみですね!

次回のダイヤのAactⅡ215話が掲載される週刊少年マガジン29号は6月17日に発売されます。

ダイヤのAactⅡ215話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍