漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ216話のネタバレ!創聖戦が決着!

2020年6月17日発売の週刊少年マガジン29号掲載の「ダイヤのA actⅡ」のネタバレについてまとめました。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

【前回のあらすじ】

西東京大会、対創聖戦。6回表に追いつかれた青道はその裏、倉持&小湊の二遊間コンビの活躍を皮切りに、5番前園の2点タイムリーを含めて4点のリードを奪います。

ただし油断は禁物。夏の怖さを知る川上や沢村は新たに気を引き締めました。

ダイヤのA actⅡ215話のネタバレはこちら

ダイヤのA actⅡ216話のネタバレ

7回裏。

ツーアウトながらランナー一・三塁の場面で、打席には4番の御幸が立ちました。

そして柳楽のツーシームをセンターへとはじき返す御幸。

打球は野手の横を抜け、三塁ランナーが帰って5点差に。

御幸は決め球を打ったことに快感を覚えながら、笑みを浮かべます。

そんな中、創聖の選手たちはここで止めようと明るい表情でポジティブに柳楽に声をかけ、柳楽も笑顔で答えました。

 

続く8回。

降谷はヒットで出塁した1番菊永に二塁まで進まれてします。

そこで打席に立った奈良に粘られてしまいますが、113球目に投じた渾身のストレートで無事に打ち取りました。

この日のストレートは平均球速145キロ。

打者31人に対し、被安打6、四死球2、奪三振8、ここ2試合でわずか失点1と、降谷は春以降の不調を取り戻す内容で8回を投げ終えました。

そんな降谷を御幸は誇らしげに見つめ、沢村は拍手を送りました。

 

その裏、柳楽が1アウトからフォアボールを出したところで、ついに創聖ベンチが動きました。

エース柳楽をセンターに置き、マウンドには2番手の所が入ります。

するとすかさず片岡監督が由井を代打に送りました。

そして1アウトランナー一塁。

代わったばかりの投手の初球を、由井は迷いなく振り抜きました。

打球は右中間を破り、一塁から一気に東条が生還します。

こうして点差は6点に広がりました。

青道の選手たちは喜び、沢村は可愛い顔して打球も身体もごついということで由井を「由井ヘラクレス」と名付けます。

その一方で同じ一年生でライバルの奥村と結城は、由井の活躍を目の当たりにし、内なる闘志を燃やしていました。

そんな中、由井はひそかに青道の秘密兵器と沢村に思われていたことに喜びを感じ、嬉しそうな笑みを浮かべていました。

 

そして9回。

青道は守護神である3年の川上をマウンドに送ります。

さらにレフトには守備固めとして3年の麻生を入れ、盤石の体制で臨みました。

川上は危なげなく創聖の打者を次々に抑えていき、あっという間にツーアウトに。

創聖ベンチでは、すでに涙を見せる選手たちの姿もありました。

そんな中、最後の打者が打席に向かいます。

観客たちはツーアウトということで盛り上がっていますが、創聖の選手や監督はここからだと必死に声をかけ続けます。

一方沢村はベンチから、川上に焦らずじっくり攻めるよう声をかけました。

 

初回から準備を繰り返していた川上ですが、出番は9回。

それでも試合に出ればベストを求められます。

奥村は頼もしい川上の姿を見つめながら、これほどの投手が後ろに控えていることで先発投手は、どれだけ心強いだろうと感じました。

 

そして川上は最後の一球を投じます。

そのストレートは真ん中に構えた御幸のミットに吸い込まれ、打者は見送ることしかできませんでした。

川上はマウンドで雄たけびを上げました。

こうして西東京大会準々決勝が終わり、青道は見事勝利を収めたのでした。

ダイヤのA act2は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/daiyanoa2-free/

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ216話の感想

創聖戦がようやく終わりましたね。

8回を投げ切った降谷の力投もさることながら、守護神である川上の働きも非常に良かったです。

いつ出番があるかもわからず、途中から投げなければいけないので難しいポジションだと思いますが、危なげなく冷静にきっちりと抑える姿が頼もしいですね。

次はさらに厳しい戦いとなるでしょうが、どんな試合になるのかとても楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ217話が掲載される週刊少年マガジン31号は6月31日に発売されます。

ダイヤのAactⅡ217話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍