漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ247話ネタバレ!白州VS天久!

2021年3月24日発売の週刊少年マガジン17号掲載の「ダイヤのA actⅡ」のネタバレについてまとめました。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

【前回のあらすじ】

8回裏、青道の攻撃。

センター前ヒットで出塁した倉持は、1回目の牽制死をモノともせず盗塁に挑み、1死二塁の好機を作り出します。

続く小湊も好投する沢村に応えようと、天久に食らいつき、鋭い打球を放ちました。

ダイヤのA actⅡ246話ネタバレはこちら

ダイヤのA actⅡ247話ネタバレ

8回裏、1死二塁で右方向へ鋭い打球を放った小湊。

セカンドは必死に飛びつきますが、打球は横を抜けて、ライトへ転がっていきました。

2塁走者の倉持は、それを見てスタートを切ります。

しかしあらかじめ前に守っていたライトが、すぐに打球に追いつき、素早くファーストへ送球。

小湊がアウトになってしまいました。

ホームを狙おうとしていた倉持は、慌てて三塁へ戻ります。

市大三高の堅い守りで、まさかのライトゴロという結果になり、騒然とする観客たち。

三高の選手たちは喜び、天久に2アウトだと声をかけます。

そんな彼らを見つめながら、頼りになるわとつぶやく天久。

客席の青道OBは、まだまだこれから!確実にホームは近づいてる!お前らが決めろ3年生!と、声援を送りました。

 

2アウトランナー三塁で、打席には青道のクリーンアップ3番ライト白州が入りました。

ベンチに戻ってきた小湊に、金丸が気にするなと声をかけます。

結城も、あとは先輩たちに任せようと話しました。

 

打席に白州が入り、三高の外野陣はほぼ定位置に戻ります。

田原監督はあと1つ、ここでストップできればベスト、9回はランナーなしで4番からだと考えます。

一方キャッチャーの高見は、前の打席では白州にライト前に運ばれたものの、どんな形でも打ち取れればいいと考え、全ての球種を使って揺さぶっていこうとサインを送ります。

そんな高見のサインに対し、天久は揺さぶりすぎて歩かせても嫌だと感じている様子。

なぜなら次に控える御幸が、天久を睨みながら自分の出番を待ち構えているのです。

片岡監督はランナーを増やして御幸に回したくはないはずなので、三高は勝負に来ると読み、狙っていけと白州に伝えます。

 

そして天久が初球を投じました。

三高バッテリーが選択したのはスライダーでした。

白州はそれを見極めて、ボールに。

続く2球目を白州が打ちに行きますが、一塁線へのファールになりました。

天久は、しっかり捕まえないと、うちの内野の餌食だぜと考えながら、不敵な笑みを浮かべます。

それと同時に白州が低めに目が行っているため、高めでハメるのもありだと考える天久。

一方白州は(逸るな。もっと呼び込め・・・)と自分に言い聞かせていました。

そしてバットを構えて川上のことを思い浮かべながら、歯を食いしばる白州。

バッターボックスに待機する御幸は、俺に繋いでくれと祈るような気持ちで白州を見つめていました。

 

そして天久の3球目を、白州は捉えるのでした。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

ダイヤのA actⅡ247話感想

小湊の打球は速いのもあって、ホームには帰れないかもしれないとは思いましたが、ライトゴロは想定外でした。

何とか白州に繋いでほしいですね。

次回のダイヤのAactⅡ248話が掲載される週刊少年マガジン18号は3月31日に発売されます。

ダイヤのA actⅡ248話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍