漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ249話ネタバレ!4番御幸VSエース天久!

2021年4月14日発売の週刊少年マガジン20号掲載の「ダイヤのA actⅡ」のネタバレについてまとめました。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

【前回のあらすじ】

8回裏、青道の攻撃。

二死二塁の好機で打席には3番の白州。

寡黙な男は無念の守護神・川上への熱い思いをぶつけるように天久の球を捉え、センター前タイムリーで同点に追いつきました。

ダイヤのA actⅡ248話ネタバレはこちら

ダイヤのA actⅡ249話ネタバレ

同点に追いついた青道は、なおも二死一塁のチャンス。

打席には4番御幸が入ります。

青道の応援席からは関の計らいで以前、青道のキャプテンを務めていた結城哲也の応援歌「ルパン三世」が流れ始めました。

それは現3年生からの御幸への最大級のエールでした。

御幸は試合前に哲也から、4番やキャプテンの肩書なんて打席に入ったら関係ない、その一球にどれだけ集中できるか、むしろ味方の声援が力をくれると言われたことを思い出し、笑みを浮かべます。

 

一方沢村は試合前に「俺が打つ」と御幸が言っていたことを思い出しながら、由井にキャッチボールに付き合うよう言います。

ここで打たなきゃ、しばらくタメ口でいいよなと笑みを浮かべる沢村。

 

御幸は沢村の投球について、これまで受けた中でもベストで、この先にもつながるすごいピッチングだったため、相棒として応えてやりたいと考えていました。

一方天久は自分なら途中で曲を変えられたら嫌だと感じながら、一塁ランナーの白州を目で牽制します。

高見は先ほど天久とマウンドで話した時、御幸には一発があるため徹底して厳しく攻めよう、最悪歩かせても次の打者で止めればいいと伝え、ランナーへの牽制は忘れるなと注意を促していました。

そして天久に対し、苦しいだろうが踏ん張れと心の中で応援する高見。

ベンチからも天久へ声援が飛び、田原監督もここを凌いで戻ってこいと念じます。

三高野手陣も攻撃はまだ残っているため、これまでのピッチングは無駄にはしない、点は必ず取ると強い気持ちで見守っていました。

 

そして天久が第1球を投じます。

御幸は見逃しますが、判定はストライクに。

2球目はわずかに外に外れてボールでした。

田原監督は(君なら抑えられる。君にしか抑えられない)と、天久を信じて見つめます。

そして3球目、天久はスライを投じました。

途中まではストライクの軌道でしたが、御幸はそこから曲がることを読んで見逃し、外れてボールに。

天久は徹底して低めを攻め、2-1のカウントになりました。

(またしれっと見逃しやがって、やらしいな)と感じる天久。

そして御幸に球が見えていることに気づいた天久は、自分の思い通りにならない感じがあいつらと同種だと考えながら、薬師高校の雷市や真田のことを思い浮かべます。

すると4球目のスライダーを御幸が打ちますが、ファールになりました。

これでカウントは2-2に。

高見はいいコースでキレもあったため、天久がとても集中できていることを感じます。

さらに(今のコースならファールにしかならない・・・これなら・・・)と考える高見。

一方天久は次で決めると考えていました。

(ピッチャーである以上、抗えない欲望。こういう打者をねじ伏せてこそ――)

そう考えながら、渾身の一球・スライを投じる天久。

しかし御幸の目には、そのボールがスローにみえていました。

完全にボールの動きを見切った御幸は、微動だにせずに見逃し、判定はボールに。

結果フルカウントとなりました。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

ダイヤのA actⅡ249話感想

御幸がゾーン状態に入っているようですね。

エースと4番のとても見ごたえのある勝負になりました。

どちらに軍配が上がるのか楽しみです!

次回のダイヤのA actⅡ250話が掲載される週刊少年マガジン21号は4月21日に発売されます。

ダイヤのA actⅡ250話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍