漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ250話ネタバレ!御幸が4番の仕事を果たす!

2021年4月21日発売の週刊少年マガジン21号掲載の「ダイヤのA actⅡ」のネタバレについてまとめました。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

【前回のあらすじ】

8回裏、白州のタイムリーで得点し、青道が三高に追いつきました。

続く打席では4番・御幸が集中力を研ぎ澄まし、エース天久と対峙するのでした。

ダイヤのA actⅡ249話ネタバレはこちら

ダイヤのA actⅡ250話ネタバレ

ツーアウトランナー一塁。

御幸は天久の決め球を完全に見極め、フルカウントに。

御幸には天久の球が回転までハッキリと見えているようです。

青道ベンチからは、御幸に声援が飛びます。

一方田原監督はフルカウントだがボール球で勝負すればいいと、高見にサインを送りました。

手を出させたなら、なお良いものの、歩かせても次の打者に集中すればいいと考えている様子。

高見は天久の今のボールは最高だったと考えつつ、最後まで厳しく攻めようとサインを送ります。

天久は(寸分違わず同じところに投げ込んでやる。見極めてみろ)と意気込み、投球モーションに入りました。

その瞬間、一塁ランナーの白州がスタートを切ります。

ボールを投げる天久を睨みながら、バットを構える御幸。

集中力が研ぎ澄まされた御幸には周りの声も聞こえておらず、天久のボールもはっきり見えていました。

その時に投じた天久の球は、高めのど真ん中。

完全に失投でした。

そして御幸はバットを振り抜き、天久の球を捉えます。

すると打球は右中間方向に大きく飛び、外野手の頭を越えて地面に落ちました。

観客や青道応援団は盛り上がり、スタートを切っていた一塁ランナーの白州は一気にホームへ。

外野手からボールが返球されますが、白州は悠々とホームインしました。

御幸は二塁に到達し、雄叫びを上げます。

ついに天久から2点を奪い取った青道が三高に勝ち越し、青道の選手たちはベンチを飛び出す勢いで、盛り上がっています。

 

そんな中、悔しそうに歯を食いしばる天久。

記者の峰は天久の失投について、投手としての本能が勝負を求めてしまったと考えます。

その失投を逃さず仕留める御幸のすごさはもちろん、難しいコースのボールを見極めるゆとりが出たのも同点に追いついていたからで、まさにチームが打たせた一打だと峰は分析しました。

 

一方沢村は御幸の名前を呼び、ガッツポーズします。

そんな沢村に御幸も(待たせたな)と考えながら、小さくガッツポーズを返しました。

「これでこそ御幸一也!我らがキャップ!ルパンを継ぐ男!」と御幸を称える沢村。

そして続く5番の前園が打席に入ります。

しかし感極まった前園は涙で前が見えない様子。

(最高か。お前ら最高か。もっと一緒に戦わせてくれ)

そして前園は涙を流しながら、天久の初球を捉えるのでした。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

ダイヤのA actⅡ250話感想

御幸が4番の仕事をきっちり果たしてくれましたね。

期待に応える御幸がカッコよすぎます。

もっと一緒に戦わせてくれという前園の涙もグッときました。

前園も御幸たちに続いて追加点を取ってほしいですね!

次回のダイヤのA actⅡ251話が掲載される週刊少年マガジン22号は4月28日に発売されます。

ダイヤのA actⅡ251話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍