漫画ネタバレ

ダイヤのA actⅡ257話ネタバレ!沢村の様子に異変!?

2021年8月4日発売の週刊少年マガジン36・37号掲載の「ダイヤのA actⅡ」のネタバレについてまとめました。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

【前回のあらすじ】

沢村はたまたま耳にした御幸と降谷の会話をきっかけに、プロという果てしない世界と、御幸とバッテリーを組む機会も残りわずかという事実を改めて認識するのでした。

ダイヤのA actⅡ256話ネタバレはこちら

ダイヤのA actⅡ257話ネタバレ

7月26日、決勝2日前。

倉持は1年生から、沢村が心ここにあらずで様子がおかしいと聞きました。

今日の沢村は神がかっていたため、まさか燃え尽きたんじゃないかという倉持。

そして倉持は沢村の部屋に行き、どうしたのかと声をかけます。

しかし沢村はベッドに横になってスマホをいじりながら、「俺が見た星は何百・・・何万年も前の星で・・・」などと、意味不明なことをブツブツつぶやいています。

何の話だ!と突っ込む倉持。

1年生によると彼はずっとこんな調子らしく、大丈夫かと本気で心配している様子。

すると沢村はこのチームで戦えるのも数週間で、倉持に後ろを守ってもらうのもあと数試合なのだと言います。

そんな彼に、きてもねぇ未来に何黄昏てんだ!お前疲れすぎたんだわ!早く寝ろ早く休め!と強い口調でいう倉持。

しかし沢村はベッドから起き上がりながら、アドレナリン出まくって脳がさえてんだから、寝れるわけがないと叫びます。

それに寝て起きたら全部夢だったらどうするんだという沢村に、めんどくせぇな!と返す倉持。

そしていつもの言い合いが始まります。

その時、奥村が部屋に入ってきて、沢村にキャプテンが呼んでいると告げました。

どうやら奥村も御幸に沢村の様子がおかしいことを伝えたようです。

 

一方前園と麻生は片岡監督に呼び出されていました。

本当に大丈夫なんだなと確認する片岡監督に、前園は心配いらないと力強く答えます。

麻生が試合に出ていれば忘れられると思うと言うと、片岡監督は考えておくと話しました。

監督室を出た後、前園は監督にあんなアピールするなんて見直したで!男や!決勝で全部出し切ろう!と麻生に声をかけます。

しかし麻生は「うるせぇ。お前には言われたくねぇ」と冷たく返しました。

 

一方沢村は御幸の部屋にいました。

御幸は右打者へのバックドアやスプリットとのコンビネーション、この引き出しを次の決勝でどう生かすかだと沢村に話しかけます。

しかし沢村は部屋の隅っこに座り込んだまま、何の反応もしません。

御幸は何でそんなに隅っこにいるんだ、いつもは自分の部屋かってくらいくつろいでいるのにと言いますが、沢村は「聞こえてるんで・・・」と返します。

そんな彼の様子を不思議そうに見つめる御幸。

すると沢村は甲子園の決勝まで行ったとして、俺たちがバッテリーを組めるのはあと何試合なのかと問いかけました。

御幸はもうそんな先のこと考えてんのか、甲子園の前に明後日の決勝とらなきゃそこで終わりだぜと言います。

そんな彼に対し、沢村は「違っ・・・あんたの方こそ・・・!!」と言いかけて、言葉を呑み込みました。

沢村は先ほど御幸が降谷にプロを目指していると語っていたことが、頭に浮かんでいるようです。

そしてイラだった様子で、そのまま部屋を出ようとする沢村。

そんな彼に御幸は、今日勝てたのはお前のピッチングがあったからだ、当然次もエースのピッチングを期待するぞと声をかけます。

すると沢村は、俺はあんたのミットに最高のボールを投げ込むだけだ!覚悟しとけ!と告げて、勢いよく部屋を出て行きました。

 

沢村は部屋に戻りながら、御幸に当たってしまったことを後悔します。

彼は1試合でも多く1イニングでも長く、このチームで戦いたいと、それだけを考えていました。

 

その頃、監督室には監督コーチが集まり、ミーティングが行われていました。

太田コーチは、ここ2試合降谷の調子もいいので決勝でもやってくれるだろうと期待し、沢村が後ろにいてくれるのもチームとしては心強いと言います。

川上については悔しいだろうと彼の気持ちを察しつつも、甲子園に出れば投げられるという太田コーチ。

しかし落合コーチは試合中、川上がブルペンに入ったのは、明らかに我々への抗議だと言います。

結果チームに火をつけてくれたものの、他チームには異様に映っただろうという落合コーチ。

川上の肘には炎症があったとはいえ、ごくわずかで本人も昨日に比べて違和感がなくなったと言っていたのです。

すると片岡監督は明日もう一度川上を、長年選手を見てきた専門医の樋口先生のところに連れて行くと話します。

片岡監督は明日、試合当日と状態を見て判断すると言い、グラウンドの選手だけでなくベンチも一丸とならなければ、稲実には勝てないと語りました。

 

一方稲実の監督室では、野球部部長の林田正義が、沢村、降谷、川上の3人は去年の試合を選手として知っているため、決勝戦に懸ける気持ちは強いだろうと話します。

迎え撃つにしても手ごわい相手となりそうだという林田に、監督の国友広重は「迎え撃とうとするならな・・・」と返します。

我々は去年の秋から這い上がってきたチームなので、思い上がった選手など一人もいないと国友は話すのでした。

ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ダイヤのA act2 無料 読む 方法
ダイヤのA act2を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年マガジンで連載中の「ダイヤのA act2」を無料で読む方法をまとめました。 ダイヤのA act2を無料で読むならU-NEX...

ダイヤのA actⅡ257話感想

久しぶりの最新話でした。

いよいよ稲実との決勝戦が始まりますね。

川上が試合に出れるのか気になります。

できれば決勝戦は全員で出場してほしいですね。

次回のダイヤのA actⅡ258話が掲載される週刊少年マガジン38号は8月18日に発売されます。

ダイヤのA actⅡ258話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍