漫画ネタバレ

誰かこの状況を説明してください!36話ネタバレ!領地改革とサーシスの変化

「誰かこの状況を説明してください!」36話についてネタバレをまとめました。

誰かこの状況を説明してください!を無料で読む方法を徹底調査!

誰かこの状況を説明してください!を無料で読む方法を徹底調査!アリアンローズコミックスで連載中の「誰かこの状況を説明してください!」を無料で読む方法をまとめました。 誰かこの状況を説明してくだ...

[前回のあらすじ]

武器を持った男達をサーシスは次々と倒していきます。

やがて、敵わないと思った男の1人が、ヴィオラ目掛けて襲いかかってきました。

もちろん、それも牽制し、サーシスは1人で悪党達を倒してしまいました。

駆け寄るヴィオラを抱き止めるサーシス。

サーシスが騎士として戦う姿を初めて見たヴィオラは、なんだか照れてしまいます。

そこへ、護衛官長がやってきました。

街の治安が著しく低下していることを尋ねるサーシスに護衛官長は、先の戦以来護衛官の数が不足している、と説明しました。

それを聞いたサーシスは、後で公爵邸へ来るように指示を出し、今度はヴィオラに向き合います。

今回は無事でよかったものの、これが王都だったらもっとタチの悪い誘拐事件になっていたかもしれない、

ヴィオラは公爵夫人であり、自分の弱点でもあるのだ、と言いました。

そう言われたヴィオラは自覚が足りなかったことを反省し、これからは重々気をつけることをサーシスに約束しました。

その後、気を取り直してカフェに向かったヴィオラとサーシス。

2人がランチを楽しんでいるところに先程の街の人たちがやって来て、改めてサーシスにお礼を伝え、

更にはヴィオラとサーシスの仲睦まじさを褒めてくれて、恥ずかしくなってしまうヴィオラなのでしたー。

「誰かこの状況を説明してください!」35話のネタバレはこちら

「誰かこの状況を説明してください!」36話ネタバレ

ランチを済ませ、街歩きを楽しむことにしたヴィオラとサーシス。

ヴィオラは再び先程の花屋さんへ行くことにしました。

店員はヴィオラの身を案じてくれていて、ヴィオラの姿を見て、無事でよかった、と声を掛けてくれました。

そしてヴィオラは、先程のアンドレアナムをもう一度見せて欲しい、とお願いします。

気に入ったのならば買っていこう、と言ってくれるサーシスでしたが、ヴィオラは、ロージアはアンドレアナムに気候が合わないらしいことを気にしています。

それを聞いて、それはベリスがなんとかしてくれるだろうし、温室もある、それに、屋敷のみんなへいい土産になるだろう、

と、サーシスが提案してくれました。

そこで、以前にサーシスが贈ってくれたお花を庭園に植えていることを思い出したヴィオラ。

サーシスに見せるために毎日世話をしていることを伝え、帰ったら見せることを約束しました。

気が緩んでいるのか、ヴィオラは不覚にも人前でサーシスとラブラブしっぱなしです。

アンドレアナムをお屋敷に届けてもらえるようにお願いし、ヴィオラとサーシスは散策を続けることにしました。

市場や教会へ行き、ウィンドーショッピングを楽しんだ後、ヴィオラとサーシスは屋敷に帰ってきました。

ソファでお茶を飲んで一休みしていますが、サーシスは、昼間、男達の汚い手がヴィオラに触れたことを思い出し、

ヴィオラに着替えて湯浴みをするように言い出しました。

侍女のローザに湯殿の用意を指示し、ステラリアには新しい服を用意させ、今着ているものは処分するように言い出しました。

大騒ぎをしているところに、護衛官長がやってきます。

先ずは対応が遅れたことを詫びる護衛官長。

ヴィオラに何かあったなら話は別だが、ヴィオラは無事だったので、あれくらいはどうということもない、と言うサーシス。

以前のサーシスだったら即クビにしていたような案件なのに、執事や侍女達は驚きです。

そしてサーシスは、護衛官が不足しているにもかかわらず、何故公爵家に援助を頼まなかったのかについて問い質しました。

それに対して護衛官長は、先代には王命があると聞いていたので、たかが領地のならず者に手を煩わせるのは申し訳ないと思ったのだ、と答えます。

つまりは遠慮した、というわけですが、それに対してサーシスは、それで町の治安を悪化させては本末転倒だ、と言いました。

戦の際に町の護衛官達はオーランティア国との国境側へ配備され、警備を厳重にするために未だ戻ってきていない状態で、

ピエドラは治安がよかったために大丈夫だろうと判断されたようだ、と続ける護衛官長。

どうやら単純に護衛官を呼び戻すのは難しいようです。

新しく護衛官を増やすにしても志願者を訓練するのには数年かかってしまいますし、この領地だけ他より増やしてもらうわけにもいきません。

なんだか難しい話になっていきそうな雰囲気に、居づらさを感じ始めたヴィオラでしたが、その時あることを思いつきました。

そこでヴィオラは、何故自警団を組織しないのか、と尋ねてみました。

ヴィオラの実家の領地は元々護衛官が少ない場所で、領民の自警組織が当たり前でした。

そんなことは考えもしなかったサーシスは驚いています。

ヴィオラは、町の護衛官が領民を訓練し、中には本物の護衛官を目指す者もいたことを説明します。

しかも、ここならば公爵家の騎士団もいるのでもっと本格的な訓練ができるのではないか、

戦が終わって仕事にあぶれた人の雇用促進にもなるのではないか、と続けます。

サーシスがフェンネルとロータスに意見を求めると、2人とも、問題ない、と賛同してくれました。

そこで、自警団を創設することになり、サーシスは、これからはなるべく領地に顔を出すようにする、と言い出しました。

これまで、領地関しては先代に任せきりだったサーシスの発言に、皆んな一様に驚きです。

そんな周りの反応にサーシスは、自分も今まで家のことを放ったらかしにしていて悪かったと思っている、

言葉だけでは信用されないだろうから、これからは行動で示していくつもりだ、と言い、

サーシスが過去の行いを反省していたことに、ヴィオラはビックリなのでしたー。

誰かこの状況を説明してください!を無料で読む方法を徹底調査!

誰かこの状況を説明してください!を無料で読む方法を徹底調査!アリアンローズコミックスで連載中の「誰かこの状況を説明してください!」を無料で読む方法をまとめました。 誰かこの状況を説明してくだ...

「誰かこの状況を説明してください!」36話感想

ヴィオラの身がこれ以上危険に晒されることもなく、サーシスも大活躍で、一安心です。

今回のことでヴィオラもこれからは公爵夫人として自分の立場を考えて行動してくれることでしょう。

これからは今までの反省を行動で示していく、と言ったサーシス。

ヴィオラとサーシスのほんわか幸せムードに良い影響があることを願います!

「誰かこの状況を説明してください!」37話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍