漫画ネタバレ

ザ·ファブルThe Second Contact8話ネタバレ!真黒組対紅白組

2021年9月13日発売の週刊ヤングマガジン42号掲載の【ザ·ファブル】についてまとめました。

【前回のあらすじ】

佐藤は元々人助けの旅をするつもりだったので、皆と再会するのはもう少し後のつもりでした。

しかし運悪く新型コロナウイルスが発生。

世間がこんな状況では帰らざるを得なかったのです。

その代わりにレンタルおっちゃんという仕事に出会えた。

どんな時でも佐藤はプラス思考。

さてレンタルおっちゃんといえば、アザミとユーカリもそれにチャレンジ中。

佐藤に救ってもらった命を大切にしながら生きています。

レンタルおっちゃんは平凡な仕事ですが、多くの人を助ける大切な仕事でもあり。

心無いことを言う人もいますが、たまに小さなありがとうやお疲れ様を言われるので、なかなか良いものです。

ユーカリはまだ一度も依頼がないので、その良さが今一分かりません。

経験は思考から生まれ思考は行動から生まれるです。

ここでヨウコがアドバイス。

まずは行動あるのみだと言いたかったんですね!

場面は切り替わり、組長に襲撃現場を案内するクロ。

組長は可愛い部下の証言を信じています。

クロは断じて敵組織のメンバーを、木刀でボコボコにはしていません。

しかし相手の組織は話し合いの場にヒットマンを連れてきました。

まさに一触即発の雰囲気です。

ザ·ファブルThe second contact7話のネタバレはこちら

敵対組織との危険な交渉!敵の思惑と海老原の出した提案とは?

場面は人気のない場所で、真黒と紅白が話し合いをするところから始まります。

紅白組の組長はクロに、うちの若い者が失明させられたと言い張りました。

だから誠意を見せてほしい。

最初から話し合いでは解決出来ないと分かっているので、両者共拳銃を隠し持っていましたよ。

因みに紅白組の若い者が木刀を振り回していた様子は、公園の近くに停めてある車のドライブレコーダーに記録されています。

映像ではどう考えても仕掛けたのは紅白組!

敵の組長である松代は、後部座席に乗っていたヒットマンに発砲を許可。

しかし真黒の組長海老原も、対抗策を用意していました。

海老原と部下の2人に拳銃を突き付けられ、命令を実行出来ない状況。

最初は有利に思われた交渉も、あっという間に真黒有利に傾いてきたようです。

本来ならクロの慰謝料を請求したいところ。

ですが今回はクロに喧嘩を仕掛けた手下の身柄を、貰い受けることが条件。

松代は仕方なくその条件を飲むことに!

これにて交渉成立。

ここで場面はヨウコが、タコの新しいオクトパスを訪問するところに切り替わります。

オクトパスはタコがリノベーションした場所。

ヨウコが寝るところは?と聞くと

アザミやユーカリに手伝ってもらい屋根裏部屋を改造したと告白。

屋根裏部屋には簡易的とはいえ、頑丈な寝床が用意されていました。

“経験は思考から生まれ思考は行動から生まれる”

タコが53年間で唯一覚えた言葉です。

とにもかくにも久しぶりの再会を祝い2人で乾杯。

酒好きのヨウコはここでもほろ酔い気分を味わいたいようでした。

さて数日前の夜の公園。

人気のない公園を歩いていた佐藤は後ろを振り返ります。

一体彼は何を見ていたのか?

ザッ·ファブルThe Second Contact8話真黒組対紅白組の感想

真黒と紅白は相変わらず仲が悪いですね。

特に紅白の松代は隙あらば真黒を取り込もうとしています。

だから姑息な手段で攻めてきますが、海老原は念のため有利になる手段を準備していました。

敵はヒットマンが一人だけ···それに比べて紅白は拳銃を持っているのが二人。

最後は部下まで譲ることになり、逆襲を受けてしまいましたね。

このまま紅白が大人しく引き下がるかが気になります。

そして佐藤が深夜の公園で見たものとは?

わくわくする展開になってきましたよ。

ザッ·ファブルThe Second Contact【9話】が掲載される週刊ヤングマガジン2021年43号は9月18日に発売されます。

ザ·ファブルThe second contact9話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍