漫画ネタバレ

ザ·ファブル2The Second Contact2 話ネタバレ!便利屋稼業は辛い!

2021年7月26日発売の週刊ヤングマガジン35号掲載の【ザ·ファブル】についてまとめました。

【前回のあらすじ】

場面は一台の高級車が、とある倉庫の敷地に入ってくるところから始まる。

白い高級車から降りてきたクロは、倉庫内にある事務所で寛いでいたアザミとユーカリと対面。

今日は久しぶりに兄さんが帰ってくる日。

クロの舎弟がミサキと男が買い物しているのを見たらしい。

兄さんは新型コロナの影響でまだ事務所に顔を出さずにいたが、クロは挨拶がないことが不満。

とにかく帰ってきたばかりの兄さんは、妻との時間を大切にしたいはず。

もう少し新婚気分を味合わせてやろうということで、アザミはクロを納得させた。

ここで場面が切り替わり佐藤宅。

愛する妻の手料理を食べた兄さんこと佐藤は、今日大切な仕事がある。

佐藤を玄関まで見送ったミサキは、気になることがあり親しい社長に連絡した。

最近帰ってきた佐藤は、以前人助けをしたいと旅に出ていたが?

ウイルスの影響で早々に帰ってきたので、時々思い詰めたような表情をする。

だからこうして社長に現状報告。

佐藤の今の仕事は社会的地位もなく不安定なものだと伝えると?

社長はうちで働かないかと言ってくれた。

しかし彼の会社もコロナ渦の影響で余裕がないのは確かなので、ここはキッパリと断ることに。

さて殺し屋の傍ら佐藤が今やっている仕事は、”レンタルおっちゃん”!

本日のお客様はカラオケの練習をする青年。

仲間内でリモートカラオケ大会があるので、練習に付き合ってくれる相手が必要のようだ。

佐藤は見かけによらずノセるのが上手い。

歌った時間は1時間のつもりがなんと4時間にもなった。

知性派ではないが体力が取り柄なので、ノリノリになるのは佐藤にとって朝飯前。

場面はボクシングジムで汗をかくクロに切り替わる。

クロはただジムでトレーニングをしたいだけだったが彼に因縁を持つ男がやってきた。

その男は昔クロに前歯を全滅させられた川萩だ。

未だに過去の事を根に持つ川萩は、ボクシング勝負を提案してきた。

負けたほうは今後二度とここに現れない。

そりゃあ好都合 こんな面倒な奴に会わないで済む。

しかし川萩はナメた態度で手下を試合に出してきた。

川萩はまさか勝負に負けるとは思ってないらしい。

こんな奴6秒もあれば十分だ。

6秒勝負を宣言したクロのパンチが炸裂。

手下に数回パンチを食らわし、背後で高みの見物をしていた川萩を、一発でノックアウトさせた。

ムカつく相手に勝利し気分は爽快。

場面は切り替わりレンタルおっちゃんの自宅。

佐藤にとって今日のカラオケ屋での出来事は満足感を得られた。

因みにたまに思い詰めたような顔をしていたのは、最近ジャッカルがあまりテレビに出ないから。

今日の兄さんの1日は平和そのものだ。

ザ·ファブルThe second contact1話のネタバレはこちら

風変わりなおっさん佐藤!本日も人助け頑張ります!

爽やかな公園に似つかわしくない2人の男。

一人はサラリーマン風の中年男でもう一人はアザミ。

新型コロナウイルスの影響で外出自粛していたものの、家族はみんな口をきいてくれない。

国の補助金の申請書が送られてくるも何度もやり直しさせられた。

よほど国は払いたくないに違いないと、中年男はポロっと愚痴をこぼす。

そんな中年男の悩みをアザミは真剣に聞いていた。

嫁と娘は何もしてないのに自分を邪魔者扱い。

今まで家族の為にがむしゃらに働いてきたのに、大義名分が崩れた形だ。

アザミは彼の話に心から共感。

涙まで流すその態度に中年男は喜んでくれた。

結局2時間の延長で3000円、なかなかの副収入だ。

ここで場面は切り替わり会社の倉庫

休憩中だったユーカリに、アザミはクロが手下を使って佐藤を探していることを打ち明けた。

今の自分とユーカリは佐藤のお陰で命があるのは確か。

佐藤の平穏な暮らしを支えたいのに、クロはそれを邪魔する行動をしている。

勿論ヨウコが帰ってきたら彼女の力にもなりたい。

それにしても組織の他の奴らはどうしているのか。

組織では二人一組の行動が基本。

こんなペアが他に何組あったか分からないが、ボスややり方を変えたまま組員を野放しにした。

佐藤がいたからマトモなふりをして、こうして生き延びていられる。

きっとそれが出来ない奴は殺処分されたのかもしれない。

その話は置いておいて、今日のレンタルおっちゃんの仕事はなかなかだった。

感謝されるのも悪くない。

今なら佐藤の気持ちが分かるような気がする。

場面が切り替わりレンタルおっちゃんの仕事をする佐藤。

本日の依頼人は彼氏のフリをして、しつこい元彼から守ってほしいといううら若き乙女。

元彼がどう見ても半グレらしく、バリバリに体格のいい人かイカツイ人に来てもらったのだとか。

それがひょろひょろと頼りなさそうな男が来たので、彼女としては不満な様子。

結局1回だけを条件に彼女の護衛を引き受けた。

女性の帰り道は人気のない公園。

昼間ならもう少し人通りがあるが、この時間は暗くて気味が悪い。

公園の草むらには、佐藤の動向を伺うヤンキーが一人。

彼はクロの手下で、電話でクロに佐藤のことを報告していた。

依頼人の女性は無事に自宅に到着出来たが、一回きりの依頼で終了。

次はもっと強そうな男に依頼したいのだとか。

カラオケ屋の依頼では上手くいったが、今回の報酬は1000円だけ。

なんとも後味の悪い依頼だった。

さてこの時佐藤は尾行者の存在に気付いていて、ダッシュでその場を離脱。

クロの手下をかわすことに成功した。

手下から報告を受けたクロは焦り気味。

組の縄張り内で変態行為をしている佐藤を、野放しにするわけにはいかない。

佐藤を追う本当の理由はトップシークレット。

兄さんを尾行するのは無理があるが、一度実行したのだから後戻りは出来ないとクロ。

通話を終えた彼が背後に気配を感じて振り返ると?

半グレ風の男2人が突然遅い掛かってきた。

不覚を取り殴られたクロは人気のない公園に連行されることに。

クロは一方的に殴られながら、最近会っていない佐藤やヨウコ姉さんのことを考えた。

佐藤は新婚生活を送っているからいいにしても、ヨウコ姉さんはどうしているだろう。

あ···あれ···今のは幻覚か···。

薄れゆく意識のなかでクロが見たのは、こちらに近付いてきたヨウコ姉さん!

姉さんとの再会は、一方的に打ちのめされた痛みも忘れさせてくれた。

溢れ出す涙!もう会えないと思っていた!

ザッ·ファブルThe Second Contact2話便利屋稼業は辛い!の感想

どんな仕事もそうですが、ありがとうと感謝してくれる人だけではありません。

今回の依頼人は佐藤を見かけだけで判断したのでしょう。

本当はめちゃくちゃ強い人だと見極められなかったのは依頼者自身。

佐藤には次回のレンタルおっちゃんで頑張ってほしいですね。

それにしてもクロが佐藤を尾行させるのは、兄さんのことが心配だからではないでしょうか?

でも強さは申し分ないので、何をしているのか気になるだけなのかもしれません。

ザッ·ファブルThe Second Contact【3話】が掲載される週刊ヤングマガジン2021年36·37合併号は8月2日に発売されます。

ザッ·ファブルThe Second Contact3話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍