漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ274話ネタバレ!暗号解読方法判明!

2021年4月8日発売の週刊ヤングジャンプ19号掲載の「ゴールデンカムイ」についてネタバレをまとめました。

ゴールデンカムイの漫画が完全無料で読めてしまう方法まとめ

ゴールデンカムイの最新27巻が完全無料で読めてしまう方法まとめ週刊ヤングジャンプで連載している「ゴールデンカムイ」を無料で読む方法をまとめました。 ゴールデンカムイを無料で読むならU-NEXT...

【前回のあらすじ】

心臓を撃ち抜かれ死んだと思われていたイポプテは、なんと父親がほったマキリに銃弾があたったことで生きていました!

一方、鶴見劇場を見ていた鯉登は、自分たちがいたことが丸わかりだったことを察し、鶴見は月島のために嘘をついていたのではと疑念を抱きます・・・

ゴールデンカムイ273話のネタバレはこちら!

ゴールデンカムイ274話こだわりのネタバレ

雨が降る札幌停車場に、杉本たちはいました。

アシリパはふと、ある女の話を思い出したといって語り始めます。

その女とはアイヌの女で、アイヌに伝わる樹皮の糸をつかって織るアットゥシを誰よりもきれいに織れるといわれていたといいました。

そのアットゥシは、糸をケネと呼ばれるハンノキの赤い汁を使って真っ赤に染め上げてあったといいます。

ケネで赤く染めるのは難しいことで有名でしたが、そのお女は誰よりも真っ赤に、美しく染め上げたのだそうでした。

それはある”こだわり”が理由で、それをかたくなに守っていたからこそ女の作るアットゥシは完璧だったらしいのですが・・・

愛する夫に送られたその真っ赤なアットゥシを、夫はたいそう気に入り、仲間に見せびらかそうと作業のある日に着ていったといいます。

すると、土砂降りの雨に見舞われてしまい男は慌てて道具を抱えて家へと戻ったそうなのですが、家に帰るとアットゥシの腰の部分が茶色に変色していました!

それは、鉄のまさかりがあった場所であり、どうやら染料が雨でにじみ出て、それが鉄に触れて反応したのだというのです。

「裏を返せば、この話はこだわりは繊細すぎるという話なんだが」

アシリパは、何故この話をしたのかをいいます。

あのビール工場での惨劇の最中に、門倉はもっていた刺青人皮を水に濡らして金属のカマにぶつけてしまっていました。

そのとき、その皮のうち黒く変色したものとそうでないものがあったとアシリパは語ったのです。

皮をなめすには主にミョウバンが使われますが、繊細なやり方の1つに植物の汁をつかうものがあるとアシリパは語りました。

つまり、偽物を作った剥製屋には強い”こだわり”があり、本物よりも洗練されたなめし方で作っていたということなのです!

この予想を元にアシリパたちは手持ちの刺青人皮を雨に触れさせてから列車のレールに触れさせました。

すると、アシリパが考えていた条件を満たさないものは全て黒ずんだのです!

「暗号を解くカギはアチャの名前」

アシリパの父親の名前、ホロケウオシコニ・・・狼に追いつく、その名を意味する漢字が刺青人皮には彫り込まれていました。

このあたりである刺青人皮をみながら、予想できる隠し場所へと向かうしか無い。

すでにホロケウオシコニが手がかりの可能性があるという情報は鶴見に渡ってしまっています。

杉本たちは、房太郎が最期に伝えてくれた、アイヌが大昔に埋蔵金を隠したと言われている場所へと向かう列車に乗り込みながら暗号解読を行うこととしました。

一等車を選挙した杉本たちは、刺青人皮をひろげて暗号の解読をはじめます・・・

杉本は座席に腰掛けると、その様子を眺めながらウトウトと居眠りを始めてしまいました。

彼の脳裏には、過去の記憶が蘇ります・・・

「花沢勇作のことは忘れろ、忘れてくれ」

そういって、若かりし頃の杉本の元をさろうとしていたのは、菊田でした!

ゴールデンカムイは全巻無料で読めるか?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://www.otaden.jp/gorukamu-muryo/

ゴールデンカムイ274話こだわりの感想

ついに埋蔵金へと向かって突き進むこととなったアシリパ一行・・・!

そして杉本はかつて菊田と出会った頃を思い出し、夢を見始めています!ようやく気になる過去が明らかとなりそうですが・・・!

次回のゴールデンカムイ275話は週間ヤングジャンプ20号、4月15日掲載となります!

ゴールデンカムイ275話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍