漫画ネタバレ

グラゼニ~パリーグ編~127話ネタバレ!夏之介がメジャー再挑戦を決意!

2021年7月15日発売のモーニング33号掲載の「グラゼニ~パリーグ編~」のネタバレについてまとめました。

グラゼニ~パ・リーグ編~を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

グラゼニ~パ・リーグ編~を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめモーニングで連載している「グラゼニ~パ・リーグ編~」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 グラゼニ~パ...

【前回のあらすじ】

シーズンを通じて不安定な投球が続いた35歳の夏之介に、球団は引退試合を提示。

夏之介の希望はもちろん現役続行ですが、引退を選べばゴールデンカップスでのポストが保証されます。

そんな中、海の向こうから夏之介と縁が深いボビー・リードのブルーソックス監督就任の一報が届くのでした。

グラゼニ~パリーグ編~126話ネタバレはこちら

グラゼニ~パリーグ編~127話ネタバレ

ダーティ桜塚は、ボビー・リードがブルーソックスの監督になるらしいという情報を聞き、ブルーソックスで何年かコーチをやってきた甲斐があったなと言います。

そして桜塚はボビーのアテンド役をやっていた持田に、お祝いメールをを送っておけと指示。

すると持田は夏之介をボビーに直接売り込んだらどうかと提案しました。

本人のアドレスが分かるんだから、これはアドバンテージだという持田。

桜塚はメジャーの監督にはそんな権限はなく、GMの考えの方が最優先されると言います。

持田は招待選手に推薦してもらうのはどうかと提案しますが、まず招待されないし、されたところでメジャー契約までこぎつけられる可能性は1%だという桜塚。

それに夏之介は今引退に向けて球団から好条件を提示されています。

そんな中メジャーのスプリントキャンプに参加してカットされたら、もうゴールデンカップスには戻れなくなり、無職で放り出されることになるという桜塚。

当然今進行しつつある「シーズン中の引退試合」の話もなくなります。

それでも持田は、夏之介が現役続行を望んでいるのだと食い下がりますが、桜塚は夏之介のためではなく、当社はビジネスでこういうことをしているのだと声を荒げます。

残念だが「35歳夏之介」にはメジャーに売り込めるだけの商品価値はない、素人臭いことするなと言い放つ桜塚。

持田はそれ以上は何も言わず、少し涙ぐんでいました。

 

その後、持田はマンションに帰宅し、子供と戯れます。

彼にもいつの間にか家族ができていました。

そして家族が寝静まった頃、持田は一人パソコンに向かいます。

そのパソコンの中には夏之介のナックルの映像がごまんと残されていました。

この映像をボビーに送信するかどうか悩む持田。

送信してしまうと、会社をクビになる可能性もあります。

家族を抱えているにもかかわらず、こんなことをしていいのか、これが本当に夏之介のためになるのか持田は葛藤しました。

しかしこれは誰のためでもない、自分のエゴだと考えます。

ただただメジャーリーグの監督に、日本にはこんなすごい選手がいるのだとみてもらいたいと思い、持田はナックルの映像をボビーに送信しました。

 

次の日、持田は桜塚に土下座をしながら、クビを覚悟で送ってしまったと伝えました。

そんな彼に桜塚は怒りを露わにします。

しかしボビーから即行で返事があったという持田。

それを聞いて驚く桜塚に、持田はボビーからのメールを見せました。

ボビーはパソコンの映像だけでは実際のナックルの威力が掴めなかったものの、その他の持田が添付した情報からナックルボーラーにありがちなキャッチャーの問題が絡んできたのだと察した様子。

そしてキャッチャーの問題で夏之介がクビになりそうになっているなら、120キロというスピードが本当なら、夏之介のナックルの才能は興味に値するとのこと。

最終判断はGMのものですが、ボビーはスプリングキャンプに参加するくらいなら、自分が推薦してもいいと言ってくれました。

それを見た桜塚は、持田が送ったメールくらいでメジャーの監督が動くのが信じられない様子。

すると持田はボビーが常に夏之介に負い目を感じていたと言います。

実はボビーは、6年前に自分とレジー・クレイボーのためにクビにされてしまった夏之介にはいまだに申し訳ないと思っているのだと、頻繁に持田に語っていたようです。

夏之介が晴れて最多勝を獲ったので、それを理由にあの時のこと謝りに来たフシさえあったという持田。

夏之介とボビーが「ナックル遊び」をしたのは単なる偶然でしたが、それがここまでのナックルに化けてしまったのです。

そのため持田はボビーが何か夏之介に対して、”縁”を感じているのではないかと言います。

その時、ボビーから再びメールが届きました。

そのメールにはキャッチャーのパーシーについて書かれていました。

ボビーはパーシーがブルーソックスにいたため、知っているらしく、いいキャッチャーだったことは覚えているようです。

そのため夏之介とバディであるパーシ―をセットで呼んでやってもいいとのこと。

桜塚は夏之介がパーシーと一緒に行くことにより、メジャーに昇格できる可能性は、1%から30%に跳ね上がるかもしれないと言いました。

 

そして桜塚は夏之介にそのことを伝えました。

すると夏之介はスプリングキャンプに行きたい、迷いはないと即答します。

しかしネックが2つあるという桜塚。

一つは夏之介の家族がなんというかですが、夏之介は家族には分かってもらうと話します。

そしてもう一つのネックは、ゴールデンカップスはパーシーをリリースしないということでした。

グラゼニ~パ・リーグ編~を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

グラゼニ~パ・リーグ編~を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめモーニングで連載している「グラゼニ~パ・リーグ編~」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 グラゼニ~パ...

グラゼニ~パリーグ編~127話感想

引退から一転、夏之介のメジャーでの現役続行の道が見えてきました。

そのためにはパーシーがいないといけませんが、ゴールデンカップスはパーシーをリリースするつもりはないようです。

ここからどんな展開になるのか気になりますね!

次回のグラゼニ~パリーグ編~128話が掲載されるモーニング34号は7月22日に発売されます。

グラゼニ~パリーグ編~128話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍