漫画ネタバレ

ハコヅメ~交番女子の逆襲~12巻ネタバレ!桜事件決着!

週刊モーニング掲載の「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」12巻のネタバレをまとめました。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

ハコヅメ~交番女子の逆襲~を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊モーニングで連載中の「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 ハコヅメ~...

ハコヅメ~交番女子の逆襲~を無料で読める方法はたくさんあります!

ハコヅメ 無料 読む 方法
ハコヅメ~交番女子の逆襲~を無料で読める方法はたくさんあります!週刊モーニングで連載中の「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」を無料で読む方法を調査しました。 ハコヅメ~交番女子の逆襲~を無料で読むなら...

ハコヅメ~交番女子の逆襲~最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

ハコヅメ 無料 読む
ハコヅメ~交番女子の逆襲~最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!「週刊モーニング」で連載中の大人気漫画「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」のネタバレを全話まとめました。 「某県警に勤めること10年、隠...

ハコヅメ実写ドラマの最終回結末はオリジナル?ネタバレ結末予想!

ハコヅメ
ハコヅメ実写ドラマの最終回結末はオリジナル?ネタバレ結末予想!ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」が7/7より日本テレビ系で放送されます。 戸田恵梨香と永野芽郁のW主演、ちょっと奇抜な婦警...

【ハコヅメのあらすじ】

女性警官の川合は安定した収入を求め警察官になりましたが、想定外の激務にヒビ圧倒され辞表を出すか悩んでいました。

そんな彼女のもとにパワハラで左遷されたという藤という敏腕美人警官がやってきて・・・

町山で起こる女性警官川合を中心としたコミカルな日常は、今日も元気に執行されています!

ハコヅメ11巻のネタバレはこちら!

ハコヅメ12巻のネタバレ

98話 定時退庁至上主義のネタバレ

戸成警察署に勤める板垣は、中年の女性で家庭を持つ母でもあります。

彼女は定時退庁をすることを信念として働いている人間であったため、川合の描いた例の似顔絵をみてピンとくる人物を思い出しますがスルーすることに決めました。

そんな彼女のもとに桃木と有田がやってきたのですが、相変わらずのギクシャク状態に板垣は有田にどうしたのかと尋ねます。

有田は、美人な桃木とペアになってからまず地域課長に呼ばれた話をはじめました。

「これはプレゼントだ、警察手帳にこの写真をいれて持ち歩きなさい」

そういって手渡されたのは見たことがないおじさんの顔写真だったのですが・・・彼は桃木の実父であり、警視として他所属で署長をしているのだといいます。

彼は退官するまであと5年・・・その間に絶対桃木に手を出すなという無言の圧に有田は震えたのでした。

更に、桃木はゴリラ系警察官を目指しているらしいのですが、現実は儚く美しい大和撫子であるため、そのギャップに有田は苦しめられていたのです。

板垣は2人とのやり取りの中で、久々に残業するか、と笑いました。

そして、桃木に例の似顔絵について思い当たる人物を話すことを決めたのです・・・!

・・・それから更に数日後、副署長室へ秀山、宮原、藤、源が急いで入ってきました。

「似顔絵について報告書が!」

戸成署から送られて来た報告書にはこう記載されていました。

昨年10月末、運転免許窓口に勤務していた板垣は木村という名前の農園会社に勤務する男性と話したといいます。

「木村さん、20年も前から奥さんに行方不明届け出されてるじゃないですか」

成人した人間が自分の判断で家を出て行っている場合、行方不明届けを出されていても本人が同意をしなければ相手に連絡はいきません。

免許更新をするたび木村はそのことを質問され続けていたようで、うんざりした表情で妻には合わせる顔がないから連絡はしないでほしいといいました。

ところが、娘とだけは話したいから連絡をつないでほしいといいだします。

「最後に会ったのは中学生の時で、娘は女性警察官になるといってたんです!」

板垣はそれは困ります、といったのですが、ふとピンときたのか元同僚のあゆみという女性に連絡を取りました。

あゆみは苦労の末女性警察官になったのですが、自分と母親を捨てて出ていったことを恨みに思っていたようで、寿退職後も父親に対して良い感情をもっていなかったようです。

彼女の写真を板垣は同封してくれていて、それをみると桜にそっくりなことがわかります。

守護天使の特徴は20年前から町山交番近辺に出没し、新任の女性警察官をじっと見つめるというもの。

顔写真をみてはっきりわかりましたが、まさに桜や川合などのぽやぽやした女性警察官ばかりをターゲットにしていたのです。

「もう一つ、もう調べてることがあります」

宮原はそういうと、もう一つのファイルを手渡しました。

99話 いざ、聴取へのネタバレ

「あの事故当時、岡島県以外でも軽トラすべてを総当りで捜査しました」

対象地区の軽トラを、警察官が直接足を使って調べて回ったのです。

ところが、苦労の末に一切の証拠の類はでませんでした。

今回の情報に際し、宮原はもう一度木村の所持する車などを調べましたが、彼は白の軽トラを持っていないことが発覚します。

ところが、彼が勤務する農園では社長名義の軽トラがあり、事件当時も捜査を行ったのだという記録があったと彼はいいました。

3年前、戸成農園の社長清水は、ひき逃げ事件の時には軽トラにのって県外出張に向かっていたのだといいます。

さらに、念の為軽トラを見たいとお願いしても何かとタイミングが悪く、結局この軽トラを目視した警察官は1人も居なかったのです。

更に、戸成農園が管轄にある駐在所に連絡をすると、戸成農園には会社の宣伝カーがあるのだから、わざわざ取引先に軽トラではいかないのではないかとも言われてしまいました。

「そ、その車、戸成農園の宣伝カー・・・町山交番3区ではよくみます」

藤は、この3区という場所は代々交番から近いため女性警察官が割り当てられる場所なのだと話しました。

守護天使が関わっているように、点と点が結びつきそうになってきますが、未だこの程度の情報で犯人をきめるのは早計でもあります。

ひとまずは再び戸成農園に行こうということになり、源がむかうことに・・・

聴取当日日曜日、源は川合と上杉と戸成農園に向かうことになりました。

一張羅のスーツを着た源は、宮原が貸してくれた交通課で一番良いという車に乗り込み、戸成農園へと向かいます。

もうちょっとで戸成農園というところで、源はコーヒーをコンビニで買ってきたのですが・・・

うっかりコーヒーを太ももにこぼしてしまいました!

焦る源をみて、すぐに川合がふとももをふきます!といって手を伸ばしたのですが・・・

「ふぇん」

突然の川合の接触に動揺した源は、うっかりアクセルをふんでしまいバックして車をこすってしまいます!

さらに手に持っていたコーヒーの缶がかたむきどんどんとこぼれていきました!

「わー!こぼれる!」

とっさに川合が手でコーヒーを防ぎきりましたが、結局どうすることもできず源がそれを飲み干すことに・・・

・・・結果、残されたのは派手に後部をこすってしまった交通課の一番良い車、そしてコーヒーまみれでぐちょぐちょの源・・・

更に場所は戸成署管内の見たことがないど田舎・・・

約束の時間まではあと1時間、今から町山署にもどると1時間半はかかってしまうため、どうすることもできません。

3人はまず宮原に事態が露見しないよう、車の傷をもみ消そうと心に誓います。

「・・・仕方ない、ここの駐在所に応援を頼む」

彼が電話したのは・・・戸成駐在所勤務の自分の父親だったのです!

100話 おとうさんといっしょのネタバレ

守護天使かもしれない疑惑のある木村に聴取を行うべく戸成農園へと向かっていた源たちは、色々なうっかりが重なり大ピンチに・・・

ひとまず戸成駐在所へとヘルプをいれた源は、駐在所へと入ります。

そこにはマダムたちに防犯会を開いていた源の父親の姿がありました。

彼のマダムを惹きつける能力に源はうんざりした様子を見せますが、川合たちはさすが源遺伝子・・・と納得の表情です。

源は着替えを見繕ってもらえるということもあり、ひとまず奥にある実家ともいえるスペースに移動、その間川合たちは状況を源パパに説明することに。

「実はその~・・・困っていまして・・・」

こんなにも情けない話をどう説明するかと考える川合たちでしたが、源パパは深刻な話に対するように親身になって聞いてくれます。

これぞまさしく駐在所芸と呼ばれるものでした。

駐在所に勤務する警察官は、住み込みで働いていることもあり地域に根ざした捜査が基本となっています。

駐在所芸とは、親身になって聴取をしてくれるということなのでした。

まんまと源パパの術中にハマった2人は正直に交通課から借りた一番いい公用車のケツをこすったと話します。

「あっはっは、そりゃ大事件、よし、もみ消そっか」

さすが源パパは話が早く、すぐに修理業者に連絡をとってくれましたが、今はどこも仕事がたてこんでいてどうにもならないといいます。

ところが、傷の状態を写真で送った所、研磨でどうにかなると言われたといい、研磨剤と場所はかすから車を研磨する人員が2人いればいいだろうと源パパは言ってくれました。

一体誰を残すのかと話し合う中、戻ってきた源は・・・

岡島県警マスコットキャラクター、どうみてもピー○くんそっくりの炎上キャラクターがプリントされたトレーナーを着ていたのです。

このまま源を○ーポくんトレーナーで行かせてもろくに活躍できそうもなかったため、今回は源パパが川合とともにパトロールがてら向かってくれることに!

社内で守護天使と3年前のひき逃げについて話した川合に、源パパはちょっと厳しいかもね、と本音を交えつつ、それでも捜査しようと言ってくれます。

なんとしても重要な証言を引き出すぞ!そう意気込んだ川合でしたが・・・

「あー、あの軽トラね、あはは、バレちゃったかなやっぱり」

社長の回答は予想外で!?

101話 怪しすぎた男のネタバレ

3年前のひき逃げ事件当日、社長は予想通り営業用の宣伝カーに乗って県外に出ていました。

その日の夜帰宅した社長は、社員である木村に頭を下げられてしまいます。

「あの、軽トラを事故で廃車にしてしまい・・・」

木村の話はこうでした。

部屋に戻ってから忘れ物をしたと思い、飲酒をして軽トラでもどったら畑につっこんでしまったと。

ケガはないものの、保険請求をしようと警察に連絡しようとした社長を木村は「借金で家族を捨てた自分ですが、娘が警察官なんです・・・」といいます。

万が一娘に自分の情けない姿をみせることなんてあればどうしたら・・・そう思い悩む彼は、車の代金は毎月の給料からぬいて構わないからと頭を下げてきたのでした。

こうして社長は軽トラについてひたすらにウソの供述を続けることに・・・

あまりにうさんくさい木村の言い訳に源パパも川合も冷や汗を流します。

ところが、社長は全面的に木村の供述を信じているようで、川合はなんと話せばいいかと悩んでいたのですが・・・

そこへ木村がやってきました!

「あ、木村さん、3年前の軽トラのことでおまわりさんきてるんだよ」

その瞬間、木村は川合をじっとみつめ固まってしまいます・・・

川合もまた、今この人と相対するのが自分で本当によかったのか!?と混乱状態に・・・

「ん、んおん、ち、はあ!」

木村はこんにちは、というつもりがうまく話せなくなってしまったのか明らかに動揺した謎の言語を叫びます。

それに釣られるようにして、川合も「お、おはなひ、うぃ~れしゅか!」とろれつの回らない言葉を続けてしまいました・・・

どうしたらいい?!と混乱した末、川合は先輩警察官たちならどうするかを考え・・・そして・・・

「軽トラって今どこにありますか!?」とよりにもよって山田ならいいそうな言葉をチョイスしてしまったのです!

ところが、相手は大きく動揺して「もうありません!解体してもらいましたぁ!」と叫びだしました。

これを一目見るや、源パパは大きくアシストの言葉を放ち、いい具合にアメとムチを駆使しながら木村を追い詰めることができそうな状態に!

本当に軽トラを解体業者へと持っていったのであれば、証明書などがあるはずで、それは何処に!?と詰め寄られ、ついに木村は白状しました。

「ごめんなさい、廃車手続きじつは後回しにしてて・・・車検は失効してて、税金は私が払ってます・・・」

「ええ!?」

とんでもない告白に驚く社長・・・川合は一息つきかけましたが、源パパが耳打ちします。

「時間をやっちゃだめだ、言い訳を用意させるな、もっと詰めろ」

川合はすぐに軽トラが隠されている場所に案内するように木村へと詰め寄ります。

・・・こうして木村が裏山に隠していた軽トラの場所に川合たちは案内されました。

この軽トラは事故当時そのままの状態で放置されていたようで、証拠品としての能力が充分にありそうな状態です・・・!

「秀山課長、そういうわけなのですが・・・」

時刻は夕方をすぎ、夜となり、署員の数も少なくなっていましたが、秀山は交通課の精鋭をあつめて今すぐ戸成農園へむかうといいだしました。

・・・連絡を終えた後、農園に一度戻った彼らが目を離したスキに木村はトイレに遺書を遺して立ち去ってしまいます。

「源!無線機つけろ!」

・・・その頃車のケツの修理をしていた源たちは、カナから叱責され慌てて無線機をつけました。

『岡島本部より戸成署周辺各局へ、ひき逃げ事件任意聴取中の男木村がトイレに遺書をのこし逃亡、車で逃走したもよう、捜索にあたれ』

102話 山の奥でつかまえてのネタバレ

木村が逃げたことに気がついた川合と源パパはすぐにパトカーに乗り込み捜索にあたります。

『町山交番より本部へ』

無線から聞こえた声は藤のもので、川合は彼女ももう現場付近に到着したのだと驚きました。

それと同時に、無線にはカナと山田の声、宮原の声、さらに戸成交番より桃木たちの声をきき、全員が一斉に戸成農園付近へとやってきたことに気が付きます。

源はその無線をききながら、すごいことになったと思いながら車を走らせていました。

その頃、休日出勤を行っていた副署長はついに木村逃走の話を聞き目を見開くことに・・・

・・・川合は源パパに案内され、自殺の名所トップ5をまず探そうと言い、すぐに対象車両を発見します!

『戸成南駐在所より本部へ、交差点を東200m地点に対象発見、北に向かっている模様、どうぞ』

彼の言葉ですぐに他の警察車両も集まり、周囲にはサイレンの音が鳴り響き続けます。

『藤!幅寄せして減速!ひきずりおろすぞ!』

『了解!』

積年の恨みがはらせるかもしれないと必死の藤と源に副署長は慌てて無理に追跡するんじゃない!と一喝しますが、2人は聞く耳を持ちません。

そうこうしているうちに木村は車を走らせとんでもない細い山道へとつっこんでいきます!

源パパはそれをみるや、この細い道をパトカーが入ることはできないと判断し、源に「この道の先は麓だから、左に行って先回りだ」と助言しました。

とんでもない速度で走り抜ける源を心配し、町山署は急いで連絡を続けますが源は桜をひどい目にあわせたアイツが死ぬなんて言葉ですませるとか、と怒りをにじませます・・・

・・・副署長は自分は当時のままだと落ち込んだ様子に・・・

「無線機の前でただ突っ立って、妊娠中の妻が応援を叫ぶのを聞いてただけ、それで流産だ」

そんな中、副署長にむけて宮原がこう無線を飛ばしてきます。

『副署長、貴局の健闘を願う』

・・・その瞬間、事情を知る者たちはとんでもないシモネタを宮原が語ったと理解しました。

”おれがひき逃げ犯捕まえたら下剋上してもう1人産ませてくださいね”

『木村確保、以上町山交通より』

副署長は呆然と立ち尽くしながら、鬼瓦の顔を思い浮かべるのでした。

103話 同期の桜3のネタバレ

木村の確保から1週間後、捜査は順調に進んでいました。

木村は聴取に素直に応じ、残されていた軽トラも状態がよく証拠として充分に使用できそうだったのです。

・・・事件当時、木村は娘を思いつかれるたびに新任の警察官を見るようにしていました。

いつものように配達を終えた木村は桜を見ようとしていたのですが・・・

その瞬間、うっかり彼女を引いてしまったのでした・・・

久々に彼は娘が面会に来てくれたから会うことができたと話しますが、自分の娘と結婚していたのは警察官で、官舎にすんでいるという娘夫婦には迷惑をかけたと笑います。

「逃げたりしなきゃあ、もっといい未来もあったんだろうな」

木村はただ苦しみを受け入れ、目をつむりました。

・・・その頃、夜の街に集まっていたのはオシャレをした女性警察官たちです。

藤は松祭と呼ばれる高級日本酒を片手に、ようやく開けると笑いながら同期女子会にやってきたのでした。

「桜の思いつきもようやく実ったのか」

桜がロングヘアで女子!という格好で飲み会をしようといいだしたままあの事故の犠牲となり、それ以降皆は再び会えるまでと髪の毛を伸ばし続けていたのです。

鬼瓦や桃木たちがワイワイ話し込んでいると、そこに車椅子にのった桜がやってきました!

「桜、久しぶりだ」

「ご無沙汰してしまって・・・」

5人は笑顔を浮かべながら席につきます。

桜はもうある程度手術もおわり、治療も一段落つきつぎはリハビリという段階まできていましたが、事故の後全身に痛みが残っていたこともあって、今は鬱と戦っているといいました。

何度も連絡をもらっていたのに返事ができなくてごめんと言われ、一同は言葉を返せません。

それでも、すぐに全員はかつての鬼瓦が指導していたときのように優しく、そして笑わせながら桜に話しかけます。

桜が学生時代から源に片思いをしていることを知っていた皆は、わざわざ仕事中の源に電話をかけ、桜に話させました。

・・・そして、ついに藤が言わないでほしいと思っていたことを彼女は口にします。

「教官、私を育ててくれてありがとうございます、私は警察官になることがずっと夢でした。ですが、もう私は警察官には戻りません」

事故が怖くなり、制服を着ることもできない自分はもう警察には戻れないから・・・

彼女の言葉に鬼瓦は涙を零しながら、最後まで凛といてくれて、自分の教え子でいてくれてありがとう、と微笑むのでした。

104話 同期の桜4のネタバレ

・・・翌日、桜が退官願いをだすと聞き源やカナは廊下で話し合っていました。

そんな中、ひょこひょこと足を引きずりながら桜が町山署へと戻ってきます。

彼女をみた瞬間、次々と署員が集まってきてお祭りムードに!

それを窓から眺めるカナと源をみて、川合は2人も会いにいけばいいのに・・・とつぶやきますが、2人は首を振りました。

・・・ところが、彼らのすぐ真横にある応接室へと桜がきたのをみて、源たちは慌ててすぐ隣の部屋へと逃げ込みます。

「くそ!顔見ちゃうと退官とめたくなっちゃう!」

「だからあいたくなかったんだ」

2人の話を聞いているうちに、応接室へと副署長がやってきます・・・川合はそれをみて覚悟を決めると、廊下にでて叫び始めました!

「ここだけの話ですよぉ!ペア長の藤部長の愚痴話しますねぇ!」

外で突然立ち話をはじめた風に、桜のいる部屋にむけて叫びだした川合・・・

彼女はだらけない、水回りを汚さない、アイロンがけを忘れないという例の3カ条がだるいという話や、防犯や交通安全が地味で嫌だなど、思ってもいない事を叫びます!

「あんなゴリラ部長!」

そこまで叫んだところで、桜は尊敬する藤を今のペアの新人がボロクソにいったことが許せず応接室を飛び出しました!

ところが、廊下の外には誰もいません・・・川合は桜にばれるまえに逃げ出していたのです。

「私警察やめません!」

そこへ桜が退官手続きをしにきたときいた藤がやって来ましたが、その言葉におどろきます。

・・・その頃川合は源たちに何やってんだ!とお叱りを受けていましたが、こういったほうが女性警察官は残留するかと思ったので、といってのけました。

こうして桜はリハビリを頑張り警察を続けることを誓います。

川合と藤の日常は、再び交番ではじまるのでした。

105話 星の数だけのネタバレ

「もし深夜パトロール中に男子トイレからワンピース姿で亀甲縛りをしている男性と遭遇したらどうしますか?」

恒例の飲み会を自室で行いながら、川合は先輩たちにどうしたら正解だったのかと尋ねてきたのです。

「まあ性癖なんて考えてもね、ドラゴンカーセックスだってあるんだから」

藤はそう助言すると、些細な言葉で相手を傷つけてはいけないと釘を差してからまずは相手を親だと思って対応しないとと言います。

結局当時は川合は職質を行い、詳しい話を聞くべくベンチに座らせたといいました。

彼は自分には妻も娘もいて、職もあり順風満帆な生活を送っているのだと語り始めます。

それでも幼い頃から抱えていた暴力的な性描写に惹かれる性癖は依然としてありつづけたままで、それを抱えた結果・・・

縛られトイレに監禁された女性役とレイプをしようとしてくる男性との一人二役をすることで精神の安定をはかるようになったというのです。

まあつまり、していた行為といえば女性の服を着て男性トイレで自慰行為をしていたということなのですが・・・

藤たちはオナニーはトイレで行ってもいい正当な行為ではないのではと話し合いましたが、その日は同行していた交番署長が適当にまとめ無罪放免ということで帰したといいます。

結局その日はいつものように馬鹿騒ぎをしながら鍋パーティを行い、上杉はドラゴンカーセックスを調べて宿舎で悲鳴を上げたのでした。

106話 ピョンピョン捜査のネタバレ

未成年を使用した違法デリヘルの経営者コウモリを検挙する日、カナ率いる町山署生安の職員と本部からきたものの合同捜査がついに幕を引こうとしていました。

捜査員たちはカフェに集い、コウモリの到着を今か今か止まっていたのですが・・・

やってきたのは山田と合コンでひっかけた彼女だったのです!

「え、山田?」

「・・・あれは、山田が合コンでいい感じになった歯科衛生士かと・・・」

カナはもう1人の捜査員にそう伝え、ラブホ街に近く値段や雰囲気もちょうどよいこの店で勝負に出たのだろうと分析しました。

とはいえ、山田も刑事のはしくれ、この部屋には大量の捜査員、しかもほぼ自分の署にいる者がいるということで張り込み中なのだとは気がついています。

邪魔はされまいと放っておくことにしたカナでしたが・・・次に店に入ってきたのは、なんと源と、同じく合コンでいい感じになった看護師の女性だったのです・・・

全員が源をみつめ凍りつきます。

ペアで張り込み中の同僚で満ちた店にデートでツッコむなんて可哀想過ぎると目頭を追いかけるカナたち・・・

2人は検挙対象となる下っ端2人を挟むように席に座らされてしまった2人・・・

そんな中ようやくコウモリがきたかと思ったら、今度きたのは川合でした!

彼女は高校の先輩に連れられてデートにきた・・・のかと思いきや、その先輩が超絶高額な保険をすすめてきています!

信じられない奇跡の店内の人がほぼ全員警察官という状況になった中、川合はひとまず保険の話を鵜呑みにしていくのでした。

そんな中、店員同士のアイコンタクトに気がついたカナは何かされるかもしれないと不測の事態にそなえるように合図としてハンカチを落とします。

・・・その瞬間電気が落ち・・・

「こちらのお客様、お誕生日のサプライズとなりますよー!」

店員さんは源の彼女の席にケーキを届けにやって来ました!

捜査員一同で誕生日の歌を歌う中、ついにコウモリが入ってきます!

今礼状をとろうと動く係長ですが、今まさにサプライズのケーキを楽しんでいる女性がかわいそうすぎて、ケーキが終わるまではまとうという流れに・・・

ところがコウモリは用心深い男だったこともあり、張り込みに気が付きすぐに席を立ってしまいました!

服部はすぐにコウモリを捕まえ逮捕すると、隣の席で怯えた様子だった源の彼女に声をかけます。

・・・事件後、無事逮捕されたコウモリは無事聴取・・・そして服部はケガを源の彼女候補に治療されたことで付き合うこととなり、源は振られたのでした。

山田もシンプルに振られたとのことでした。

ハコヅメ~交番女子の逆襲~を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

ハコヅメ~交番女子の逆襲~を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊モーニングで連載中の「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 ハコヅメ~...

ハコヅメ~交番女子の逆襲~を無料で読める方法はたくさんあります!

ハコヅメ 無料 読む 方法
ハコヅメ~交番女子の逆襲~を無料で読める方法はたくさんあります!週刊モーニングで連載中の「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」を無料で読む方法を調査しました。 ハコヅメ~交番女子の逆襲~を無料で読むなら...

ハコヅメ~交番女子の逆襲~最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

ハコヅメ 無料 読む
ハコヅメ~交番女子の逆襲~最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!「週刊モーニング」で連載中の大人気漫画「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」のネタバレを全話まとめました。 「某県警に勤めること10年、隠...

ハコヅメ実写ドラマの最終回結末はオリジナル?ネタバレ結末予想!

ハコヅメ
ハコヅメ実写ドラマの最終回結末はオリジナル?ネタバレ結末予想!ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」が7/7より日本テレビ系で放送されます。 戸田恵梨香と永野芽郁のW主演、ちょっと奇抜な婦警...

ハコヅメ12巻の感想

桜の事件の犯人、守護天使木村が無事に逮捕されて本当によかったです・・・!

川合、そして源パパのナイスアシストにより無事事件は収束へと向かいましたね。

1巻の頃に比べると、川合は本当に大きな成長を遂げて・・・藤ではないですが感無量な気持ちとなります。

ハコヅメ13巻のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍