漫画ネタバレ

彼岸島48日後・・・291話ネタバレ!拷問野郎と再会!!

2021年7月26日発売の週刊ヤングマガジン35号掲載の【彼岸島48日後・・・】についてネタバレをまとめました。

彼岸島48日後の最新巻を無料で読む方法をまとめました!

彼岸島48日後・・・を無料で読む方法を教えます!週刊ヤングマガジンで連載している「彼岸島48日後・・・」を無料で読む方法をまとめました。 彼岸島48日後・・・を無料で読むならコミ...

彼岸島48日後・・・を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

https://www.otaden.jp/higannjima48-ikkiyomi/

【前回のあらすじ】

鮫島と明の活躍によりバサバサ様から逃れ、無事に橋を渡りきった希達一行。

現在いるのは血の楽園側事務所、いわば入国管理局だ。

早く入国手続きを終わらせて、明達2人と自由の女神の下で落ち合いたいところ。

「そして私がお兄ちゃんを救出する。」

兄はこの楽園内部の何処かにいるはず!

大切な家族である兄をどうにかして助けたいところ。

決意を新たにしていると、弟の聡·ゆかぼん·ネズミが事務所から出てきた。

入国管理局というから厳しい審査を予想したが、名前と年齢を書くだけで入国手続きをクリア!

案外あっさりと血の楽園に侵入を果たしたことになる。

因みに希だけが事務所に入らなかったのは、室内に蜘蛛がいたからだ。

もう見るだけで気持ちが悪く、一目散に廊下へと逃げてきた。

さて楽園といってもここは吸血鬼達の作り上げた街。

当然残酷で恐ろしい吸血鬼が多くいると思ったが、意外にも担当者の男は優しくて···。

わざわざ血の楽園が初めての希達の為に、案内まで買って出てくれた。

血の楽園は居住区·労働地区·上級地区·特別区の4つの区画で区切られていると説明する吸血鬼の男。

こう聞くと普通の街のようだが、楽園内のインフラを支えるのは労働地区の人間達。

「奴らはよく働く家畜ですよ。」

ボロボロのテントと1日一食を提供するだけで、ブラックな労働を強いていた。

それに比べて居住区にある部屋では、ふかふかのベッドが置かれきちんと3食提供されるという。

なんたる待遇の違い!

しかも仕事で成果を出せばもっと良い待遇を享受出来る。

上級市民なら結婚をするのも家庭を持つのも自由で、ショッピングモールで買い物する権利もあるという破格の待遇。

そんな話を聞いたネズミは素直にそれが羨ましいと思った。

だって常に恐怖に怯えいつ死ぬか分からない今より、吸血鬼の日常のほうがパラダイスだと感じたからだ。

但し食事の時間に提供されたのは水と缶詰と···人間の血···。

普通の人間なら血なんて不味くて飲めないが、吸血鬼なら飲めて当たり前。

「他の人間のことなんてどうだっていいや。」

これも人間から搾り取った血液に違いない。

ゲスいネズミはそれでも吸血鬼になりたい様子。

ともかく今は明達と合流することを考えなくちゃ!

希はあくまでも2人と再会しなければ始まらないと言ったが、今行っても橋の上には誰もいないと聡。

「なら労働地区の人間達に会いに行ってみない?」

労働地区にいる人間達なら、兄の行方や明に役立つ情報を知っているかもしれない。

日が暮れてから労働地区の侵入を実行することに!

彼岸島48日後・・・290話のネタバレはこちら

奴隷にされた人間達が集まるテント!そこに現れたのは例のあいつだ!

「あのテントの人間達に話を聞いてみましょう。」

「情報が何もないよりは明さん達も助かるはずよ。」

もう既に辺りは暗くなってきていた。

労働地区に侵入するなら今しかない!

一応血の楽園の正式な住人なので、希達もいくつかの鍵を渡されていた。

この中には労働地区に入る為の鍵が含まれている。

労働地区の入り口に辿り着くまでに数体の吸血鬼に出会ったが、こちらを疑いもせず隣人として接していた。

レインボーブリッジを通過出来たこと自体が、合格者だということだろう。

「ねえ俺嫌だよ···こんな所に行かないで早く部屋に戻ろうよ。」

「うるさい!何でこんなグズを明さんは連れてきたのかしら。」

希は言うがユカポンはネズミにもいい所があると仲裁。

ともあれ金網の上部には電流が通っている可能性があるので、注意しながら労働地区を進んだ。

人間達が逃走しようとしても、脱走出来ないようになっている様子。

「この先にで吸血鬼に会ったら何て言い訳しようかしら。」

その時は監督官になる為の見学だと言えばいい。

新入りの仕事は大抵ここの監督官だ。

夜に来るのは不自然だが、言い張ればいいということで意見がまとまった。

しかしこのパーティーは目の見えない聡に運動苦手そうなユカポン、それにグズ男のネズミと最弱。

(ここは私はしっかりするっきゃないわね。)

覚悟を決めて金網の反対側へと足を踏み入れた4人。

内部はボロボロのテントが並び、汚物の匂いが充満する劣悪な環境の場所だった。

すると痩せ細った人間2人がテントから出てきて···。

「申し訳ありません。夜の外出をお許しください。」

と地面に頭を擦り付けて謝ってきた。

どうやら規則を破ると手足を切られたり、殺されたりする仕打ちが待っているようだ。

余程辛い目に遭っているようで、ひたすら謝罪してばかりの人間達。

きっと兄もこんな風に酷いことをされているに違いない。

とりあえず希はリーダーのいる場所に案内してもらい、情報収集することに!

テントの内部は覇気がなく疲れ果てと人間はかり。

情報を聞くには人間だとバラす必要があるがタイミングが重要。

どうやらここの人間達は希達を吸血鬼だと思っているので、変に刺激しないほうがいい。

ドタドタドタ

しばらくするとリーダーらしき男が、急ぎ足でテントにやって来た。

「何か我々に不手際があれば言ってください。」

額に汗を浮かべながら丁寧に対応する人間側のリーダー。

「大変です!班長殿!!」

すると突然一人の人間がハンディ·ハンディの視察を伝えてきた!

「そんな···これで二日連続だ···。」

酷く動揺するリーダーは、自分達はハンディ·ハンディに逆らえないと告白。

ハンディ·ハンディは豹丸のお気に入り。

どうやら気まぐれで気に入った人間を数人、テントに食べに来るらしい。

「すみませんが灯りを消させてもらいます。」

「少しの間静かにしていてください。」

暗くなったテント内に現れたのはまさかの拷問野郎。

ハンディ·ハンディとは血の楽園に逃走した拷問野郎のことだった!

仲間の仇と遂に対面!事態は急展開を迎えるのか!?

彼岸島48日後の最新巻を無料で読む方法をまとめました!

彼岸島48日後・・・を無料で読む方法を教えます!週刊ヤングマガジンで連載している「彼岸島48日後・・・」を無料で読む方法をまとめました。 彼岸島48日後・・・を無料で読むならコミ...

彼岸島48日後・・・を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

https://www.otaden.jp/higannjima48-ikkiyomi/

彼岸島48日後・・・291話拷問野郎と再会!!の感想

ハンディ·ハンディと聞いてあれ?と思いましたが、仲間の仇が遂に登場しました。

明達にとって因縁深き相手なので、討伐しなければなりません。

しかし今は希達がこの危機を乗り越えることのほうが先決!

なかなか手強い敵だったので、協力したからといってすぐに勝てるとは限らないでしょう。

ここはなんとかやり過ごし、明達の登場まで待ちたいところ。

そして上手く希達の兄の居場所や、明の手助けになる情報を得られるといいのですが。

この窮地をどう脱するかは、彼らの行動と運次第ではないでしょうか?

彼岸島48日後・・・【292話】が掲載される週刊ヤングマガジン36·37合併号は8月2日に発売されます。

彼岸島48日後・・・292話のネタバレはこちら

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍