漫画ネタバレ

僕のヒーローアカデミア303話ネタバレ!ホークスがエンデヴァーにかけた言葉は?

2021年3月1日発売の週刊少年ジャンプ13号掲載の「僕のヒーローアカデミア」についてネタバレをまとめました。

僕のヒーローアカデミアの漫画を無料で読む方法を徹底調査!

僕のヒーローアカデミアの漫画を無料で読む方法を徹底調査!週刊少年ジャンプで連載している「僕のヒーローアカデミア」を無料で読む方法をまとめました。 僕のヒーローアカデミアを無料で読むならU...

【前回のあらすじ】

燈矢と向き合わず、彼を追い込んで、荼毘という悪を誕生させてしまったエンデヴァー。

しかし冷はそれは家族全員の責任だと言いました。

そして轟は涙を流すエンデヴァーに、みんなで燈矢を止めに行こうと告げるのでした。

僕のヒーローアカデミア302話ネタバレはこちら

僕のヒーローアカデミア303話ネタバレ

轟家が集合するエンデヴァーの病室に、話を立ち聞きしていたホークスとベストジーニストがやってきました。

しかしホークスが昨日すでに退院して色々情報を集めていたと話そうとしたところ、冷が突然土下座し、うちの息子が申し訳ありませんでしたと謝りました。

そんな彼女の行動に、そういうつもりで出てきたんじゃないと慌てるホークス。

ベストジーニストは冷を立たせながら、荼毘について伺いたかっただけだと説明します。

盗み聞きしたのは怨嗟の原点が捜査の手がかりになるためだったとし、その後の”どう生き延び、どうやって荼毘へと変貌を遂げたか”は、本人に直接聞くとのこと。

ホークスはエンデヴァーの昔の映像をよく観ていたものの、若い頃の執念がこんな形で膨大していたとは、ショックだと言います。

そんな彼の言葉に、黙ってうつむくエンデヴァー。

さらにホークスは焦凍の火傷の跡について、これもエンデヴァーなのかと尋ねます。

すると冷が「・・・私です」と答えました。

ホークスは先ほど冷が「恨んで当然の私を再びお母さんと呼んでくれた」と焦凍について話していたことを思い出し、自分の父親と母親のことが頭に浮かびます。

自分はあの人たちに向き合えず、諦めて見限ったと考えるホークス。

そして焦凍に対し、君はカッコいいなと告げました。

さらにホークスは外の状況をエンデヴァーに話し始めます。

死柄木・荼毘・トガヒミコ・スピナー・スケプティック、逃走した解放戦線構成員132名、そして7匹の脳無ニア・ハイエンドは全て行方不明。

おまけに死柄木と脳無により、タルタロス他6か所の刑務所が破られ、少なくとも1万以上の受刑者が野に放たれました。

そしてヒーロー公安員会の中枢メンバーが死亡及び重症で、ヒーローをまとめる機能が失われています。

さらに風向きの悪さを察したヒーローたちが、今も続々と自粛中でした。

これによりヴィランの活性化が進み、ヒーローを信じきれなくなった一般市民が武器を手に取り、戦うことで被害が被害を呼ぶような状況です。

現在、政府は各国から救助隊やヒーローの要請をしていますが、公安の停止によりヒーローの派遣手続きも滞っています。

これがわずか二日間でおきているのです。

ホークスは冷が言った通り、エンデヴァーは戦うほかに道はなく、自分たちも同じだと言います。

此度の責任はNo.1だけのものじゃない、ご家族だけで占有しないでいただきたい!というホークス。

彼は荼毘の語った轟家の話が本当だとしても、きっと今は違うため、正しくあろうとする人を支えたいと考えていました。

そしてホークスは、ここからはトップ3のチームアップだと微笑みます。

ベストジーニストは、自分は元よりホークスに命をベットした身なので、地獄の花道、ランウェイなら歩きなれていると言います。

ホークスはエンデヴァーに、俺らとご家族で少しは肩も軽くなって立って歩ける気がしません?と尋ねました。

そんな彼の言葉に、「・・・ああ・・・!!」と涙を流しながら答えるエンデヴァー。

夏雄は「燈矢兄を止めるまでだから」と言い、エンデヴァーは「・・・ああ・・・!!」と返しました。

そしてホークスは、まずは皆々様への説明責任が必要だと言います。

荼毘の告発を受けた以上避けては通れないのです。

ざっくりと答弁内容を考えていたというホークスですが、一つ不明瞭な要素があるとのこと。

それはワン・フォー・オールとは何なんなのか、ということでした。

先ほど冬美が夏雄と共に病院に入る際、大勢のマスコミに囲まれた時にも、ワン・フォー・オールとは何なのか、あのスーパーヴィラン、オール・フォー・ワンと何か関係があるのかと聞かれていました。

自分たちはワン・フォー・オールの正体を知らなければならないというホークス。

エンデヴァーは記憶をたどり、ワン・フォー・オールについてデクが話していたことを思い出しました。

 

その頃、デクの病室の前では、デクがまだ目を覚ましていないことを知った爆豪が廊下で騒いでいました。

そんな彼を峰田や砂藤が取り押さえ、病室に連れて帰ります。

飯田とお茶子は爆豪について、あのケガを見た時は嫌な想像をしていたものの、むしろ前よりうるさくなっていると話しました。

そこへ耳郎がやってきて、常闇も上鳴も、もう退院できるらしいと伝えます。

身体は無事なんだよね?と聞く耳郎に、お茶子は「そう聞いてるけど・・・不安だ・・・」と心配そうにデクの病室を見つめました。

その時、ホークスとベストジーニストが、デクの病室にやってきました。

デクと話したいというホークスに、飯田は今はオールマイトに二人きりにしてくれと言われていると話します。

 

その頃、オールマイトは眠り続けるデクの手を握って、彼の中のワン・フォー・オールの中の自分を感じていました。

デクは今先代たちと話していたのでした。

 

僕のヒーローアカデミアの漫画を無料で読む方法を徹底調査!

僕のヒーローアカデミアの漫画を無料で読む方法を徹底調査!週刊少年ジャンプで連載している「僕のヒーローアカデミア」を無料で読む方法をまとめました。 僕のヒーローアカデミアを無料で読むならU...

僕のヒーローアカデミア303話感想

オール・フォー・ワンの秘密がそろそろ明らかになりそうですね。

デクは先代たちと何を話しているのでしょうか?

次回の僕のヒーローアカデミア304話が掲載される週刊少年ジャンプ14号は3月8日に発売されます。

僕のヒーローアカデミア304話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍