漫画ネタバレ

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか?16話ネタバレ!詩織の逆襲

「いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか?」16話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

削除されていたと思われた詩織の保健室での動画のバックアップを由美が見つけ、拡散することにした南雲。

前日の夜、南雲がばっちりと下準備をしている時、詩織は相沢から渡されたいじめの証拠動画の準備をしているのでしたー。

翌日、南雲が詩織の保健室動画を拡散しようとしますが、何故かロックがかかってしまってログインすることができません。

慌てていると、なんと、南雲のアカウントでいじめの証拠動画が拡散されているのです。

クラス中の生徒がそれをみていますー。

日中、いじめ動画のことは他のクラスにも回っている様子です。

話を知った真中は詩織を呼び出しますが、詩織は、自分がやったことだ、と真中に明かし、真中は驚いてしまうのでしたー。

「いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか?」15話のネタバレはこちら

「いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか?」16話ネタバレ

16話①

由美は詩織をいじめていたことがばれ、クラスメイトに非難される夢を見てしまいます。

その朝は食欲もなく、朝食を食べずに学校へと向かいます。

一体、どれほど噂が広まってしまっているのか、学校に行きたくないけれども、無断で休むこともできない、と

由美は憂鬱な気持ちで出かけます。

その際、スマホを確認してみると、

フェイク動画なのか、再生回数を稼ぐためのやらせではないか、

という声も出てきていました。

それを見た由美は、もしかしたら早くに鎮静化するかもしれない、という淡い期待を持ち始めます。

その時、玄関を開けようとした由美に母親が声を掛けてきました。

母は、塾の夏期講習は申し込んでおいた、と言います。

驚く由美に母は、正直厳しいかと思っていたが、夜勤も働かせてもらえそうだ、と言うのです。

すでに週5日以上働いている母でしたが、

由美が希望する私立は無理だけれども、それでもいい高校へ行かれるように自分が精一杯サポートする、いつも我慢させて申し訳ない、と言ってくれる母。

何も言えない由美でしたが、母に促されて家を出ます。

玄関を出たところで由美は、自分がやったことを母が知ったらどれほど悲しむのだろうか、とその場で泣き崩れてしまいましたー。

学校では、職員室でもいじめ動画で話題が持ちきりです。

どうやら動画サイトにまでアップされてしまっているようで、

校長がものすごい剣幕で反応していて、職員達は、一体、教育委員会になんと言われるのか、校長の退職金にまで影響するのではないか、と噂しています。

校長室にいる相沢は、映像から教室内に隠しカメラが設置させていたとされていますが、隈なく探したもののすでにカメラは回収されていたようだ、

と校長へ報告しています。

それを聞いた校長は、何故こんな事態になるまで放っておいたのか、完全に相沢の管理不足だ、と相沢を責め立てています。

それに対して相沢は、申し訳なかった、先日校長から言われた通りもっと早く事実を揉み消す努力をするべきだった、と返しました。

痛いところをつかれた校長は、自分はそんなことは言っていない、と言葉を濁しつつ、

この動画がフェイクという可能性はないのか、

編集もされているようだし、いじめの瞬間をこうも的確に捉えているのも不自然のように思われる、

と言い出しました。

相沢が、詩織自身が認めている、と言いかけましたが、校長は、

もっと学校全体のことを考えるべきだ、

こんな動画を事実だと認定したらどうなるか、

マスコミに晒されて学校の評判はガタ落ちになる、

自分はあと少しで定年だというのに勘弁してほしい、

あほくさいことだ、

と暴言を吐きました。

その瞬間、相沢は激昂しますが、今日は動画に関係した生徒たちはどうしているのか、という校長の問いに、相沢は、

南雲と高橋は保護者から体調不良で休む、という連絡が入った、と冷静に報告するのでしたー。

その頃、教室では姫川が登校したところです。

姫川は教室へ入り、ものすごい剣幕で、動画サイトにアップした人間は誰なのか、とクラスメイトに向かって叫びました。

それに対して何も言わず、姫川に冷ややかな視線を送るクラスメイト達。

そんな反応に姫川が、皆んな見て見ぬ振りしていたのだから全員同罪だ、と言い放つと、

クラスメイトは、詩織に実際に手を出した自分達と一緒にするな、

犯罪者のくせに、

同罪にされて気分が悪い、

よく学校に来られたものだ、

と口々に姫川を非難し始めました。

そこへ相沢が現れ、昨日の件で話を聞きたい、と姫川に話しかけますが、姫川は、

今更何を聞くというのか、事情は全部知ってんじゃねーか、と汚い言葉で反論しました。

それを聞いていたクラスメイトは、

本当に口が悪い、

親が元ヤンでは仕方ないのではないか、

三者面談で見かけた姫川の母親は見るからにヤンキーという感じで柄が悪く、みっともなくて笑ってしまった、

と口々に言い始めました。

そう言われた姫川は、母親をバカにするな、と言ってクラスメイト達に向かって行きますが、

相沢は、姫川が親を悪く言われて怒るとはどういう了見なのか、詩織をいじめている間さぞかし楽しかっただろう、と姫川に畳み掛けるのでしたー。

16話②

相手に劣等感や不安感を抱かせ、自分は上にいる、いう優越感を感じた、その優越感ために姫川は今の立場に追い込まれたのだ、

自分が女こんなことになるなんて考えもしなかっただろう、と相沢は姫川に畳み掛けます。

姫川は何も言わずに教室を飛び出して行ってしまいました。

それを教室の外で聞いていた由美。

教室に入ることなどできない、と思った由美は、そのまま教室を離れました。

そもそも沈静化などするのか、もしかしたら自分達への非難はこのままずっと続いていくのではないか、と不安になりながら廊下を歩いていると、

登校してきた詩織とすれ違います。

その時由美が、

助けてほしい、こんなことになるなど思っていなかったのだ、ごめん、

と詩織に話しかけると、なんと詩織は、動画サイトの方は他の誰かだが、教室でSNSにあげたのは自分だ、と言うのです。

それを聞いた由美は、なんでそんなことをするのか意味が分からない、やっていいことと悪いことがあるだろう、と

逆ギレ状態で詩織を責め立て始めました。

詩織が、自分に対してしたことはやってもいいことだったのか、と問いかけると、由美は、

自分だってやりたくなかったが、南雲達には逆らえなかったのだ、仕方なかった、自分の意志など何もなかった、と必死に訴えます。

しかし詩織は、保存されていた保健室の動画の存在を南雲に教えたのは由美であることを知っていました。

実は2日前、いじめの証拠だ、と言って、相沢が監視用の携帯を詩織に渡していたのです。

修学旅行の時に詩織を見捨てるような行動を取ったのも南雲に信用させるためだった、南雲の携帯を壊したのも自分で、

監視するためにスパイウェアを仕込んだ携帯を渡しておいたのだ、

詩織が望むならば、使い方によっては南雲達を陥れることも可能だ、と、相沢は言っていましたー。

保健室動画の拡散に向けて楽しそうにやりとりしていたではないか、と言い放つ詩織。

由美は、自分はこれからどうなると思うのか、このまま拡散が続けば自分はまともに生活できなくなる、

他にやり方はなかったのか、詩織は自分を罰したかったのか、と、涙ながらに詩織に問いかけました。

すると詩織は、恐らく罰したかったのだと思う、と言って、振り向きもせずにそのまま立ち去ってしまいましたー。

その頃、学校に行かれなくなった矢崎は、自宅に引きこもっています。

すると誰かがやってきて、ドアを開けないと鈴木詩織の父親と不倫していたことを言いふらす、と言うのです。驚いた矢崎が玄関を開けると、

なんとそこには南雲がいて、鈴木と矢崎の写真を掲げながら、崖っぷち同士助け合わないか、と言ってきたのですー。

「いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか?」16話感想

ついに詩織の仕返しが始まりました。

今後の詩織の学校生活がどうなるのかも心配ですが、

一体相沢はこの事件にどう決着をつけるつもりなのか。。。

鈴木との関連も、見るのが怖いですが、気になるところです!

「いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか?」17話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍