漫画ネタバレ

遺書、公開。45話ネタバレ!遺書を書いたのは廿日市だった!

2021年7月22日発売の月刊ガンガンJOKER8月号掲載の「遺書、公開。」のネタバレについてまとめました。

遺書、公開。を無料で読む驚愕の方法とは?

遺書、公開。を無料で読む驚愕の方法とは?月刊ガンガンJOKERで連載中の「遺書、公開。」を無料で読む方法をまとめました。 遺書、公開。を無料で読むならコミック.jp! ...

遺書、公開。最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

遺書、公開。最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!月刊ガンガンJOKERで連載中の人気漫画「遺書、公開。」のネタバレを全話まとめました。 まだ読んだことがないという方は、ぜひ読んで...

【前回のあらすじ】

姫山の遺書は本人が書いたものではないことが判明しました。

そして姫山はネット上の日記に「1位になりたい」と書いており、その日記に「じゃあ1位にしてあげるよ」とコメントがついていたことが分かり、序列を作った廿日市に疑いの目が向けられました。

遺書、公開。44話ネタバレはこちら

遺書、公開。45話ネタバレ

序列を作ったのは自分だと告白していた廿日市。

そして姫山の日記には、1位にしてあげるとコメントがついていました。

姫山が序列で1位になったのは、廿日市が作った無関係なランキングが、偶然三宅の手によって流出したという話でしたが、絹掛の言う通りなら誰かが故意に姫山を1位にしたことになります。

どういうことかと問われた廿日市は、三宅に矛先を向けます。

三宅がその日記を見ていて偶然自分のランキングを拾ったとしたら、そういうコメントをしてもおかしくないのではないかと主張する廿日市。

しかし横山は、そのコメントは春休みより前のことなので、三宅には不可能だと否定します。

さらに序列の内容も違和感があったという横山。

廿日市は序列について”学級会で発言しそうな人”のランキングだと言っていましたが、よく考えてみると「本当にそうか?」と感じる順位もあると横山は話します。

その紙を落として拾ったのが後先考えずに悪ノリしそうな三宅だったのも、ランキング名の部分が偶然千切れてなくなったというのも、改めて考えれば妙に出来すぎているという横山。

最初から全部仕組んだことなんじゃないか?と尋ねる横山に廿日市は何も答えません。

すると池永は廿日市を庇うため、ランキングの紙は落としたんじゃなくて、盗まれたんじゃないかと指摘します。

姫山を1位にしてあげたい誰かがいて、廿日市がランキングを作っているのをどこかで知って、姫山が1位のランキングだけ盗んでバレないようにタイトルだけ千切り、わざと三宅に拾わせて拡散させたんじゃないかと推測する池永。

しかし「・・・無理ありますよ。そんなの」と声が上がります。

そう発言したのは、廿日市本人でした。

そして廿日市は、自分が姫山をわざと序列1位にしてすべての遺書を書いたと打ち明けました。

そんな彼女の発言に生徒たちは言葉を失います。

何から話せばいいのかとつぶやく廿日市に、池永は最初から全部説明してくれと要求しました。

そして廿日市は姫山とは1年の時に、先ほどから話題に出ているネット上の日記を通じて出会ったのだと語り始めます。

姫山のページに廿日市がたまたまアクセスしたのがきっかけだったようです。

 

廿日市はその日記を見た時、もしかしたら同じ学校かもしれないと思い興味を持ちました。

そこで廿日市からDMを送り、何度か個人的なやり取りをしたり、その後の日記を読んでいるうちに、姫山だと分かったようですが、姫山は相手が廿日市だとは知らなかったようです。

廿日市は自分で日記を書いておらず、恥ずかしくて名乗ることもしなかったのだとか。

彼女が姫山とやり取りをしていて分かったのは、”1位の人間”というものに、かなり執着があるということ。

そしてそれは父親への憧れから来ているということでした。

しかし小学4年生の時に両親が離婚してしまったので、憧れはさらに強まったようです。

それから姫山は本来の自分を偽ってでも、より完璧な”1位の人間”を目指すようになったのだとか。

そんな姫山を見て、廿日市は自分が1位にしてあげようと思ったようです。

そして廿日市は全員のことを調べて、それっぽい序列を作って、わざと三宅に拾われるように落としたのだとか。

三宅なら必ず面白がって拡散してくれると思ったからです。

結果は大成功でD組は姫山を”1位の人”として扱い、姫山は1位になれました。

姫山も最初こそ少し戸惑っていたようでしたが、すぐに受け入れて1位の人として振舞うようになりました。

するとその話を聞いた栗原が、もし序列がなかったとしても自分は姫山を同じように尊敬して憧れて同じように友達になったと主張しますが、廿日市は同じ接し方には絶対にならないと断言。

そして廿日市は姫山と1年生の時から同じクラスの津島と相畑と文堂に、1年の時の姫山は2年の時の姫山と同じ扱いだったかと問いかけます。

今みたいにクラスの中心でもてはやされていたかという廿日市の問いかけを、津島は否定し、普通にいい奴という印象だったと答えます。

すると廿日市は今も他のクラスの人はそう思っていると話します。

なぜ姫山が1位なのか、なぜD組の人はあんなに姫山を特別視しているのかと、そう思われているという廿日市。

そんな中、文堂は姫山が以前周りの変化があまりにも大きくて、びっくりしていると話していたことを思い出します。

D組の生徒たちが、勝手に姫山を”1位の人”と思い込んでいただけなのです。

姫山は勉強も部活も芸術も特別抜きんでているわけではなく、美人なのは間違いないものの、クラス一というほどではありません。

全てがそれなりにできてすごいということかもしれませんが、その素質はただ持っているだけでは、人の注目を集められないのです。

そして廿日市は「姫山さんは序列(わたし)とD組が1位にしたんです」と話すのでした。

遺書、公開。を無料で読む驚愕の方法とは?

遺書、公開。を無料で読む驚愕の方法とは?月刊ガンガンJOKERで連載中の「遺書、公開。」を無料で読む方法をまとめました。 遺書、公開。を無料で読むならコミック.jp! ...

遺書、公開。最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

遺書、公開。最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!月刊ガンガンJOKERで連載中の人気漫画「遺書、公開。」のネタバレを全話まとめました。 まだ読んだことがないという方は、ぜひ読んで...

遺書、公開。45話感想

廿日市が遺書を書いたことが分かりました。

廿日市は姫山の苦悩を知ってほしくて、遺書を書いたのでしょうか。

念願の1位を手に入れた姫山ですが、なぜ自殺することになってしまったのか気になりますね。

次回の遺書、公開。46話が掲載される月刊ガンガンJOKER9月号は8月20日に発売されます。

遺書、公開。46話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍