漫画ネタバレ

実は私が本物だった24話ネタバレ!エイデン、ついにバレる・・・!!

ピッコマ漫画掲載「実は私が本物だった」24話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

実は私が本物だった23話ネタバレはこちら!

パーティで何も食べてなくておなかの空いたキイラは、ジョセフに食べ物をもってきてもらうことに。

ジョセフを待つ間、エディンバラ侯爵(キイラの祖父)から呼び出されたキイラは、祖父の元へ向かいます。

そこで祖父に会うと早速、聞きたいことがありますというキイラ。

それは閣下のもう一人の妻ロエナ・バインベルクについて。

目の色が変わる祖父に、続けてキイラは話します。

「その方は本当に子どもを産めなくて追い出されたのですか?」

「実は私が本物だった」24話ネタバレ

閣下に瓜二つの顔、そして女神に選ばれしパルビス家の娘のみに許される精霊術さえ扱えたコゼット。

彼女がパルビス家の血筋ではないと言い切れるのだろうかという疑問を抱きながらも、祖父に問いただすキイラ。

そして間違いない、あの女は不妊だったし実際に子を産まなかった、と伏し目がちにいう祖父。

何かを隠しているようだが、これ以上問い詰めても答えてくれないだろうと踏んだキイラは、過去自分が死刑になったときのことを思い返します。

祖父は、最後の最後までキイラの潔白を主張していた人物。

そのおじい様がなんの根拠もなく血筋だという理由でキイラを助けようとしたはずがないわと思ったキイラは、

「私はおじい様を信じています」とまっすぐに祖父を見つめて言うのでした。

そして、首都から遠く離れた祖父しか知らない場所に、万が一の時に備え隠れ家を用意してほしいと頼みます。

そして話もまとまり、去り際にキイラは“これで最悪の事態は免れそうね”と安心するのでした。

すると・・・

「やだ~本当にここでするの?」

「ハハッスリル満点で楽しいじゃないか」

という男女の声が耳に入ります。

“あれ?この声は・・・”と、振り返るキイラ。

一方、少し時間は巻き戻ってパーティ会場にて

そこには女の子をナンパしているエイデンと、それを監視するアーサー、レイナの姿が。

偶然を装ってこの姿をキイラに目撃させようと話していると、エイデン達は庭園の方に移動をします。

それをみて早く副団長に公女様をお連れするように伝えてください!とアーサーに頼むレイナ。

アーサーはすぐさまジョゼフに目標物が庭園の方に移動していますと伝えに行きます。

・・・しかし!食事をとりに行っていたジョゼフが戻ると、もうそこにキイラの姿がありません。

焦る3人は庭園の方へ走ります。

すると、スタッという音が後ろから聞こえ3人が振り返ると、そこには上階のテラスから飛び降りて綺麗に着地をする怖い顔をしたキイラの姿が・・・!!!

上ではキイラの祖父が「キイラ!大丈夫か!?」と叫びますが、キイラは答えずそのまま歩いていきます。

そしてジョゼフ達の前を通ると・・・

そこには茂みに隠れて女の子を押し倒そうとしているエイデンの姿が・・・!

キイラはエイデンの頬をひっぱたき、「あなたがなぜここにいるの?」と言うと・・・!?

実は私が本物だった24話ネタバレ感想

バレたー!笑

これでキイラの気持ちが覚めると良いのですが。

そしてジョゼフの恋心に気づいてキイラ。

・・・そんな上手くはいかないのでしょうか。

そして、祖父は無事に隠れ家を確保しておいてくれるのでしょうか。

頑張れがんばれキイラ!

次回も楽しみですね!

実は私が本物だった25話ネタバレはこちら

 

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍