漫画ネタバレ

実は私が本物だった25話ネタバレ!やっと目の覚めたキイラは・・・

ピッコマ漫画掲載「実は私が本物だった」25話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

実は私が本物だった24話ネタバレはこちら!

キイラを見失ったジョゼフたちは焦りながらも庭園へ向かうエイデンを追います。

すると、スタッという音が後ろから聞こえ3人が振り返ると、そこには上階のテラスから飛び降りて綺麗に着地をする怖い顔をしたキイラの姿が・・・!!!

上ではキイラの祖父が「キイラ!大丈夫か!?」と叫びますが、キイラは答えずそのまま歩いていきます。

そしてジョゼフ達の前を通ると・・・

そこには茂みに隠れて女の子を押し倒そうとしているエイデンの姿が・・・!

キイラはエイデンの頬をひっぱたき、「あなたがなぜここにいるの?」と言うと・・・!?

「実は私が本物だった」25話ネタバレ

エイデンの首根っこを掴み、後ろに引っ張り上げるとさっさと答えなさい!と迫るキイラ。

息ができず苦しい顔をして、とりあえず放してと頼むエイデン。

そして怒るキイラを後ろから見守るジョゼフ達。

エイデンといちゃついていた女性の前にエイデンを投げ飛ばすと、その怪力に驚くエイデン。

あの女は一体誰なの?とエイデンに問う女性に「気にすることないさ、よく知らない女だから」と言うエイデン。

その発言にキイラは拳を上げますが、後ろからレイナが羽交い絞めにして止めます。

その時、公女様どうか落ち着いてください!と言う言葉を聞き青ざめるエイデン。

この国にいる4人の公女のうちの一人であり、精霊士一族の一人娘であることにようやく気付いたエイデンはマズイとおもい、「何を弁明しろとおっしゃるのですか?」と顔を背けます。

読書会が中止となり侯爵夫人の招待に応じたまでで、結果的にキイラをだましたように見えるかもしれませんがいきなり暴力を振るわれるような過ちを犯した覚えはないとしらを切り始めます。

じゃああの方は?と一緒にいた女性のことをキイラが聞くと、まるで僕の恋人のような聞き方をするが誤解されていませんか?と言ってきます。

たかが昼食をご一緒しただけで、と鼻で笑うエイデンに、

“いくら恋愛経験がなくてもあれは紛れもないデートだった!

こんなに堂々と言い逃れをしようとするなんて・・・!”と思ったキイラですが、自分が恥ずかしくなり真っ赤になります。

しかし、レイナが「公女様よく考えてみたらもう数発殴ってもよさそうです」と言うと

“そうだ・・・こんなクズ野郎は半殺しにした方が世のため人のため・・・”とその言葉で怒りに火が付いたキイラは思いっきり拳を振り上げエイデンを殴ります!!

キイラを心配したジョゼフはキイラに声をかけると、キイラは涙をこらえながら靴をテラスに置いてきちゃったと言うのでした。

その後レイナが持ってきてくれた靴をキイラにはかせてあげるジョゼフは

「まだパーティーが終わったわけではありません!私と踊っていただけませんか?」とキイラに手をさしのべるのでした。

実は私が本物だった25話ネタバレ感想

すっきりする回でしたね。

そしてジョゼフ卿・・・良い!!笑

どうか2人に愛が芽生えますようにー!

素直でまっすぐなキイラってとても素敵な女性ですよね。

これからどんな展開が待っているのでしょうか・・・

実は私が本物だった26話ネタバレはこちら

 

 

 

 

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍