漫画ネタバレ

実は私が本物だった26話ネタバレ!見栄や恥を捨て素直になったキイラは・・・

ピッコマ漫画掲載「実は私が本物だった」26話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

実は私が本物だった25話ネタバレはこちら!

エイデンが他の女性といちゃついている現場を見てしまったキイラ!

“そうだ・・・こんなクズ野郎は半殺しにした方が世のため人のため・・・”とその言葉で怒りに火が付いたキイラは思いっきり拳を振り上げエイデンを殴ります!!

キイラを心配したジョゼフはキイラに声をかけると、キイラは涙をこらえながら靴をテラスに置いてきちゃったと言うのでした。

その後レイナが持ってきてくれた靴をキイラにはかせてあげるジョゼフは

「まだパーティーが終わったわけではありません!私と踊っていただけませんか?」とキイラに手をさしのべるのでした。

「実は私が本物だった」26話ネタバレ

ダンスを踊るキイラとジョゼフ卿。

久しぶりだから足を踏んでしまうかも、と心配するキイラに笑いながら、訓練の時に木刀で叩かれるよりはいたくないでしょうから大丈夫です、と言うジョゼフ卿。

そんなコメントに安心してダンスを始めるキイラ。

そして、ダンス中にジョゼフの顔をまじまじと見て、こうしてみるとジョゼフ卿も結構きれいな顔立ちね、と思うキイラ。

その視線を感じ、つい目を合わせると恥ずかしくて真っ赤になるジョゼフは、つい足を止めてしまうのでした。

その日キイラはジョゼフ卿がいてくれて本当に良かった、と思いダンスを楽しむことが出来たのでした・・・が、次の日。

舞踏会で祖父に会え隠れ家の件は頼めたし、これでもし前回のように処刑という展開になっても対策が講じられたのですが・・・

同じ年頃の令嬢たちとは全くお話ができなかったし、初恋もむなしい結果となってしまったことに落ち込むのでした。

と、そこへショア家の次女であるダフネ・ショアが母親の代わりにジーク公爵の誕生日パーティのお手伝いに来てくれました。

そこでキイラは余計なプライドは捨てる決心をしたのだからと、友達もいないし流行りにも疎い自分のことを相談するのでした。

そんなキイラにダフネは皇女様主催のサロンが今度あるのでと誘ってくれます。

そしてサロンで話ができるよう、自分の知っているファッションや流行のことを教えてあげるのでした。

ダフネの詳しさに感心するキイラに、実は社交界に疎い兄にも教えたことがあってと話すダフネ。

この兄は優れた魔法士で時間を戻す魔法についてキイラが聞きたいと思っていた人物でした。

そして後日、皇宮では自分のサロンにキイラが来ることを知り焦る皇女の姿が・・・!

「実は私が本物だった」26話ネタバレ感想

確かに、昔の畏まって周囲を凍らせてしまうキイラしか知らない人からしたら、身構えてしまいますよね・・・!

でも皇女様が優しくて今後のキイラにとって良い影響を与えてくれる人だと良いですね。

そしてかわいそうですがもう少しエイデンのその後を知りたいですね・・・!笑

実は私が本物だった27話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍