漫画ネタバレ

実は私が本物だった28話ネタバレ!すれちがう思いを抱えた父と娘は・・・

ピッコマ漫画掲載「実は私が本物だった」28話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

実は私が本物だった27話ネタバレはこちら!

自分のサロンにまさかのキイラが出席すると聞いて驚く皇女のアラベラ・ディアク。

結婚したら地位が下がってしまうからと見くびる人々のように、キイラも自分を見くびっているのだと思っているアラベラは

“仲良くなろうと私なりに努力した結果無視されたのに 今度は本心を探るために接近しなきゃいけないなんて・・・”と、いら立ちを隠せません。

一方先日のパーティでのキイラの動向の報告を受けエイデンとの恋の結末に胸をなでおろす想いのパルビス閣下ですが・・・

今度はキイラがサロンに出席することを知り、また焦燥感に駆られるのでした・・・

「実は私が本物だった」28話ネタバレ

これから身に降りかかる災難のことを考え、精霊や魔法について調べたいキイラですが、情報が全く見つからず・・・

ここは、現存する唯一の精霊士である大叔母ジョアンナ・パルビスに会って直接聞いてみようと思います。

昔、ジョアンナに連れられ見せてもらったことのあるベアトリーチェの精霊石をもう一度見れたら何かを思いつくかも!とひらめきます。

しかし、彼女との連絡手段は皇帝を除くとパルビス大公を通す以外にありません。

それだけは嫌なんだけどなぁと頭を抱えていると・・・執事のロバートに呼ばれます。

閣下がお呼びです、キイラのことを心配しています、と言われ、自分のことを?と驚くキイラですが、

それは異例にもキイラが侯爵夫人の招待に応じたり、皇女殿下のサロンに出席するからと知るや、

それは自分ではなくてパルビス家の中立性が損なわれないかを心配しているんだと納得します。

そしてロバートに連れられ閣下の元へ行くと・・・

机の上にはたくさんのケーキが並べられていて、閣下がケーキを?と不思議に思うキイラ。

結婚のことについて聞いてみると、ムキになるキイラを見てまさか本当に結婚がしたいのか?と思う閣下ですが、

これでは娘を嫁に出すのが嫌で邪魔していると誤解されそうだ・・・パルビス家の当主である以上ほかの父親のように愛情を注げないんだから、子どもの事には口出ししないと決めているのだから・・・と思う閣下は

ただ、わかったお前の好きにしなさい、としか言えないのでした・・・

そして話の流れで大叔母の話を切り出したキイラは、週末に早速叔母に会えることになりました。

約束の時間が決まり次第ロバートを通して伝えてくださいと言うと、そのまま席を立って部屋を後にするキイラなのでした。

「実は私が本物だった」28話ネタバレ感想

キイラとケーキやお茶を楽しみたかったんだね・・・と思うと胸が痛いですが

そもそもこの父親のせいでキイラは処刑されたんだ!!と思うとキイラの慎重になる行動、納得いきます!

大叔母から魔法について何か手掛かりが得られると良いですね!

キイラ頑張って!

実は私が本物だった29話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍