漫画ネタバレ

実は私が本物だった30話ネタバレ!ようやく誤解が解けたキイラは・・・

ピッコマ漫画掲載「実は私が本物だった」30話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

実は私が本物だった29話ネタバレはこちら!

キイラのカンペを拾ってしまった皇女のアラベラ。

これは一体・・・?とアラベラが焦っていると、キイラが殿下!と叫び・・・!

今日の事を事前準備していたことがバレてしまったことに赤面するのでした・・・!

「実は私が本物だった」30話ネタバレ

今回はアラベラとキイラが部屋に2人で向かい合って座っているところから始まります。

カンペを机の上に置き、どういうことか問いただすアラベラ。

なにかに悪用するための・・・?と疑いますが・・・

それは皆の会話に一人だけついていけないと困るから・・・と赤面し下を向きながら話すキイラ。

“まさか・・・カンニングペーパー!?”と衝撃を受けるアラベラ。

自分は貴族令嬢たちの関心ある話題に慣れていないんですと勇気をだして告白するキイラに唖然としながらもあなたも貴族令嬢ではありませんか!と聞き返すアラベラ。

キイラは、いつも引きこもっていたので外の方がたがどんなことに感心があるのか全く分からず、会話にも困っていたことを明かします。

衝撃を受けつつも、なにか目的があるに違いないと思うアラベラは、

結婚相手を探すなら女性ばかりのサロンより舞踏会の方が効率的だと思うのになぜ自分のサロンに参加することにしたのですか?と聞くと・・・

お友達がほしかったからですと答え、実は何度か舞踏会に参加したこともあるけれどつまらない人と思われていないか心配で・・・一人で舞踏会にいるのは嫌なんです!と言い、

だから今日はとても嬉しかったですと言うキイラ。

アラベラは嘘よ!会うたび睨んできたではありませんか!と言うと、元々こういう顔でとシュンとするキイラに対し、

どれだけ素直なのよ!?と自分が恥ずかしくなってしまうアラベラなのでした・・・

キイラが帰った後、キイラの行動は自分の勘違いだったと言う事に気づき自分が恥ずかしくなるアラベラ。

そこにミカエルがやってきて、なにかキイラに関して使える情報はあったか?と聞きます。

そこでキイラのことを自分が誤解していたと話すと、笑いながらまあこれからもよろしく頼むぞとキイラと仲良くすることを言い遣わされるのでした・・・

一方、キイラを心配して外で待機していたダフネはキイラが出てくると、結婚相手を探すなんて聞いてませんよ!どうして黙ってたんですか!と怒ります。

そんな重要な話は先に言ってくれないと、と言うと・・・

毎年ダフネの家で開催するパーティーの招待状を渡し、素敵な方々にも送っておいたので楽しみにしてくださいっと目を輝かせていうのでした。

その目を見たらもういいとも言えず、カタコトで楽しみですと言うと次のパーティーでは必ず運命の相手を見つけましょう!と意気込むダフネなのでした・・・

「実は私が本物だった」30話ネタバレ感想

良い相手・・・見つけないでジョゼフとどうにかなって欲しい読者は多いはず・・・!笑

次回の展開も楽しみですね!

実は私が本物だった31話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍